JAJSBI6G January   2012  – November 2017 LM5019

PRODUCTION DATA.  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. 改訂履歴
  5. Pin Configuration and Functions
  6. Specifications
    1. 6.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 6.2 ESD Ratings
    3. 6.3 Recommended Operating Conditions
    4. 6.4 Thermal Information
    5. 6.5 Electrical Characteristics
    6. 6.6 Switching Characteristics
    7. 6.7 Typical Characteristics
  7. Detailed Description
    1. 7.1 Overview
    2. 7.2 Functional Block Diagram
    3. 7.3 Feature Description
      1. 7.3.1  Control Overview
      2. 7.3.2  VCC Regulator
      3. 7.3.3  Regulation Comparator
      4. 7.3.4  Overvoltage Comparator
      5. 7.3.5  On-Time Generator
      6. 7.3.6  Current Limit
      7. 7.3.7  N-Channel Buck Switch and Driver
      8. 7.3.8  Synchronous Rectifier
      9. 7.3.9  Undervoltage Detector
      10. 7.3.10 Thermal Protection
      11. 7.3.11 Ripple Configuration
      12. 7.3.12 Soft-Start
    4. 7.4 Device Functional Modes
  8. Application and Implementation
    1. 8.1 Application Information
    2. 8.2 Typical Applications
      1. 8.2.1 Application Circuit: 12.5 V to 95 V Input and 10 V, 100-mA Output Buck Converter
        1. 8.2.1.1 Design Requirements
        2. 8.2.1.2 Detailed Design Procedure
          1. 8.2.1.2.1 Custom Design With WEBENCH® Tools
          2. 8.2.1.2.2 RFB1, RFB2
          3. 8.2.1.2.3 Frequency Selection
          4. 8.2.1.2.4 Inductor Selection
          5. 8.2.1.2.5 Output Capacitor
          6. 8.2.1.2.6 Type II Ripple Circuit
          7. 8.2.1.2.7 VCC and Bootstrap Capacitor
          8. 8.2.1.2.8 Input Capacitor
          9. 8.2.1.2.9 UVLO
        3. 8.2.1.3 Application Curves
      2. 8.2.2 Application Circuit: 20 V to 95 V Input and 10 V, 100 mA Output Isolated Fly-Buck Converter
        1. 8.2.2.1 Design Requirements
        2. 8.2.2.2 Detailed Design Procedure
          1. 8.2.2.2.1  Transformer Turns Ratio
          2. 8.2.2.2.2  Total IOUT
          3. 8.2.2.2.3  RFB1, RFB2
          4. 8.2.2.2.4  Frequency Selection
          5. 8.2.2.2.5  Transformer Selection
          6. 8.2.2.2.6  Primary Output Capacitor
          7. 8.2.2.2.7  Secondary Output Capacitor
          8. 8.2.2.2.8  Type III Feedback Ripple Circuit
          9. 8.2.2.2.9  Secondary Diode
          10. 8.2.2.2.10 VCC and Bootstrap Capacitor
          11. 8.2.2.2.11 Input Capacitor
          12. 8.2.2.2.12 UVLO Resistors
          13. 8.2.2.2.13 VCC Diode
        3. 8.2.2.3 Application Curves
  9. Power Supply Recommendations
  10. 10Layout
    1. 10.1 Layout Guidelines
    2. 10.2 Layout Example
  11. 11デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 11.1 デバイス・サポート
      1. 11.1.1 開発サポート
        1. 11.1.1.1 WEBENCH®ツールによるカスタム設計
    2. 11.2 ドキュメントのサポート
      1. 11.2.1 関連資料
    3. 11.3 ドキュメントの更新通知を受け取る方法
    4. 11.4 コミュニティ・リソース
    5. 11.5 商標
    6. 11.6 静電気放電に関する注意事項
    7. 11.7 Glossary
  12. 12メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

特長

  • 7.5V~100Vの広い入力電圧範囲
  • 100mAのハイサイドおよびローサイド・スイッチを内蔵
  • ショットキー不要
  • コンスタント・オンタイム制御
  • ループ補償が不要
  • 超高速の過渡応答
  • ほぼ一定の動作周波数
  • インテリジェントなピーク電流制限
  • 出力電圧を1.225V以上の範囲で調整可能
  • 高精度の2%帰還リファレンス
  • 周波数を最大1MHzまで調整可能
  • 調整可能な低電圧誤動作防止
  • リモート・シャットダウン
  • サーマル・シャットダウン
  • パッケージ:
    • 8ピンWSON
    • 8ピンSO PowerPAD
  • WEBENCH® Power Designerにより、LM5019を使用するカスタム設計を作成

アプリケーション

  • スマート電力メータ
  • 遠隔通信システム
  • 車載用電子機器
  • 絶縁バイアス電源

概要

LM5019は100V、100mAの同期整流降圧型レギュレータで、ハイサイドとローサイドのMOSFETが内蔵されています。LM5019に採用されているコンスタント・オンタイム(COT)制御方式はループ補償が必要なく、過渡応答が非常に優れており、非常に高い降圧率を実現できます。オンタイムは入力電圧に反比例して変化し、入力電圧範囲の全体にわたって、周波数はほぼ一定に維持されます。高電圧のスタートアップ・レギュレータにより、ICの内部動作用および内蔵ゲート・ドライバ用にバイアス電力が供給されます。

ピーク電流制限回路により、過負荷の状況に対する保護が行われます。低電圧誤動作防止(UVLO)回路は、入力低電圧スレッショルドとヒステリシスを別々にプログラム可能です。その他の保護機能として、サーマル・シャットダウンとバイアス電源低電圧誤動作防止が搭載されています。

LM5019デバイスは、WSON-8およびSO PowerPAD-8プラスチック・パッケージで供給されます。

製品情報(1)

型番 パッケージ 本体サイズ(公称)
LM5019 SO PowerPAD (8) 4.89mm×3.90mm
WSON (8) 4.00mm×4.00mm
  1. 提供されているすべてのパッケージについては、巻末の注文情報を参照してください。

代表的なアプリケーション

LM5019 Typ_App_Diag_snvs788.gif