JAJSB44G October   2011  – July 2018 LMZ10500

PRODUCTION DATA.  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
    1.     Device Images
      1.      VIN = 3.6Vでの標準的な効率
      2.      放射EMI (CISPR22) VIN = 5V、VOUT = 1.8V、IOUT = 650mA
  4. 改訂履歴
  5. Pin Configuration and Functions
    1.     Pin Functions
  6. Specifications
    1. 6.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 6.2 ESD Ratings
    3. 6.3 Recommended Operating Conditions
    4. 6.4 Thermal Information
    5. 6.5 Electrical Characteristics
    6. 6.6 System Characteristics
    7. 6.7 Typical Characteristics
  7. Detailed Description
    1. 7.1 Overview
    2. 7.2 Functional Block Diagram
    3. 7.3 Feature Description
      1. 7.3.1 Current Limit
      2. 7.3.2 Start-up Behavior and Soft Start
      3. 7.3.3 Output Short Circuit Protection
      4. 7.3.4 Thermal Overload Protection
    4. 7.4 Device Functional Modes
      1. 7.4.1 Circuit Operation
      2. 7.4.2 Input Undervoltage Detection
      3. 7.4.3 Shutdown Mode
      4. 7.4.4 EN Pin Operation
      5. 7.4.5 Internal Synchronous Rectification
      6. 7.4.6 High Duty Cycle Operation
  8. Application and Implementation
    1. 8.1 Application Information
    2. 8.2 Typical Application
      1. 8.2.1 Design Requirements
      2. 8.2.2 Detailed Design Procedure
        1. 8.2.2.1 Custom Design With WEBENCH® Tools
        2. 8.2.2.2 Setting the Output Voltage
          1. 8.2.2.2.1 RT and RB Selection for Fixed VOUT
          2. 8.2.2.2.2 Output Voltage Accuracy Optimization
        3. 8.2.2.3 Dynamic Output Voltage Scaling
        4. 8.2.2.4 Integrated Inductor
        5. 8.2.2.5 Input and Output Capacitor Selection
      3. 8.2.3 Application Curves
        1. 8.2.3.1 VOUT = 1.2 V
        2. 8.2.3.2 VOUT = 1.8 V
        3. 8.2.3.3 VOUT = 2.5 V
        4. 8.2.3.4 VOUT = 3.3 V
  9. Power Supply Recommendations
    1. 9.1 Voltage Range
    2. 9.2 Current Capability
    3. 9.3 Input Connection
      1. 9.3.1 Voltage Drops
      2. 9.3.2 Stability
  10. 10Layout
    1. 10.1 Layout Guidelines
    2. 10.2 Layout Example
    3. 10.3 Package Considerations
  11. 11デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 11.1 デバイス・サポート
      1. 11.1.1 WEBENCH®ツールによるカスタム設計
    2. 11.2 ドキュメントのサポート
    3. 11.3 ドキュメントの更新通知を受け取る方法
    4. 11.4 コミュニティ・リソース
    5. 11.5 商標
    6. 11.6 静電気放電に関する注意事項
    7. 11.7 Glossary
  12. 12メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

デバイスごとのパッケージ図は、PDF版データシートをご参照ください。

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
  • SIL|8
発注情報

WEBENCH®ツールによるカスタム設計

ここをクリックすると、WEBENCH® Power Designerにより、LMZ10500デバイスを使用するカスタム設計を作成できます。

  1. 最初に、入力電圧(VIN)、出力電圧(VOUT)、出力電流(IOUT)の要件を入力します。
  2. オプティマイザのダイヤルを使用して、効率、占有面積、コストなどの主要なパラメータについて設計を最適化します。
  3. 生成された設計を、テキサス・インスツルメンツが提供する他の方式と比較します。

WEBENCH Power Designerでは、カスタマイズされた回路図と部品リストを、リアルタイムの価格と部品の在庫情報と併せて参照できます。

通常、次の操作を実行可能です。

  • 電気的なシミュレーションを実行し、重要な波形と回路の性能を確認する。
  • 熱シミュレーションを実行し、基板の熱特性を把握する。
  • カスタマイズされた回路図やレイアウトを、一般的なCADフォーマットで出力する。
  • 設計のレポートをPDFで印刷し、設計を共有する。

WEBENCHツールの詳細は、www.ti.com/WEBENCHでご覧になれます。