JAJSE34A September   2017  – November 2017 OPA189 , OPA2189

UNLESS OTHERWISE NOTED, this document contains PRODUCTION DATA.  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. 改訂履歴
  5. Device Family Comparison Table
  6. Pin Configuration and Functions
  7. Specifications
    1. 7.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 7.2 ESD Ratings
    3. 7.3 Recommended Operating Conditions
    4. 7.4 Thermal Information: OPA189
    5. 7.5 Thermal Information: OPA2189
    6. 7.6 Electrical Characteristics
    7. 7.7 Typical Characteristics
  8. Detailed Description
    1. 8.1 Overview
    2. 8.2 Functional Block Diagram
    3. 8.3 Feature Description
      1. 8.3.1 Operating Characteristics
      2. 8.3.2 Phase-Reversal Protection
      3. 8.3.3 Input Bias Current Clock Feedthrough
      4. 8.3.4 EMI Rejection
      5. 8.3.5 EMIRR +IN Test Configuration
      6. 8.3.6 Electrical Overstress
      7. 8.3.7 MUX-Friendly Inputs
      8. 8.3.8 Noise Performance
      9. 8.3.9 Basic Noise Calculations
    4. 8.4 Device Functional Modes
  9. Application and Implementation
    1. 9.1 Application Information
    2. 9.2 Typical Applications
      1. 9.2.1 25-kHz Low-pass Filter
        1. 9.2.1.1 Design Requirements
        2. 9.2.1.2 Detailed Design Procedure
        3. 9.2.1.3 Application Curve
      2. 9.2.2 Discrete INA + Attenuation for ADC With 3.3-V Supply
      3. 9.2.3 Bridge Amplifier
      4. 9.2.4 Low-Side Current Monitor
      5. 9.2.5 Programmable Power Supply
      6. 9.2.6 RTD Amplifier With Linearization
    3. 9.3 System Examples
      1. 9.3.1 24-Bit, Delta-Sigma, Differential Load Cell or Strain Gauge Sensor Signal Conditioning
  10. 10Power Supply Recommendations
  11. 11Layout
    1. 11.1 Layout Guidelines
    2. 11.2 Layout Example
  12. 12デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 12.1 デバイス・サポート
      1. 12.1.1 開発サポート
        1. 12.1.1.1 TINA-TI(無料のダウンロード・ソフトウェア)
        2. 12.1.1.2 TI Precision Designs
    2. 12.2 ドキュメントのサポート
      1. 12.2.1 関連資料
    3. 12.3 関連リンク
    4. 12.4 ドキュメントの更新通知を受け取る方法
    5. 12.5 コミュニティ・リソース
    6. 12.6 商標
    7. 12.7 静電気放電に関する注意事項
    8. 12.8 Glossary
  13. 13メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
  • D|8
  • DGK|8
発注情報

特長

  • 非常に高い精度
    • ゼロドリフト: 0.005μV/℃
    • 非常に低いオフセット電圧: 3μV (最大値)
  • 非常に優れたDC精度
    • CMRR: 168dB
    • オープンループ・ゲイン: 170dB
  • 低ノイズ
    • 1kHzでのen: 5.2nV/√Hz
    • 0.1Hz~10Hzのノイズ: 0.1μVPP
  • 非常に優れた動的性能
    • ゲイン帯域幅: 14MHz
    • スルーレート: 20V/μs
    • 高速セトリング: 10Vステップ、0.01%まで1.1µs
  • 堅牢な設計
    • MUXフレンドリな入力
    • 入力のRFI/EMIフィルタ処理
  • 広い電源電圧範囲: 4.5V~36V
  • 静止電流: 1.7mA (最大値)
  • レール・ツー・レール出力
  • 入力に負のレールも含む

アプリケーション

  • 高精度のマルチ・チャネル・システム
  • ブリッジ・アンプ
  • 歪みゲージ
  • 温度測定
  • 抵抗温度検出器

概要

OPAx189 (OPA189およびOPA2189)シリーズの高精度オペアンプは、非常にノイズが低くセトリングが高速なゼロドリフトのデバイスであり、レール・ツー・レール出力動作を行い、独自のMUXフレンドリなアーキテクチャと、制御されたスタートアップ・システムが採用されています。これらの機能と、非常に優れたAC性能、およびオフセット電圧がわずか0.4µV、温度範囲にわたってドリフト係数が0.005µV/℃であることから、OPAx189は高精度の計測機器、信号測定、およびアクティブ・フィルタ処理アプリケーションに最適です。さらに、MUXフレンドリな入力アーキテクチャにより、大きな入力差動電圧を印加するときに突入電流が防止され、マルチ・チャネル・システムでセトリング性能が改善され、同時に輸送時、取り扱い時、組み立て時における堅牢なESD保護が行われます。どのバージョンも、-40℃~+125℃で動作が規定されています。

製品情報(1)

型番パッケージ本体サイズ(公称)
OPA189SOIC (8)4.90mm×3.90mm
SOT-23 (5) (プレビュー)2.90mm×1.60mm
VSSOP (8) (プレビュー)3.00mm×3.00mm
OPA2189 (プレビュー)SOIC (8) (プレビュー)4.90mm×3.90mm
VSSOP (8) (プレビュー)3.00mm×3.00mm
  1. 利用可能なすべてのパッケージについては、このデータシートの末尾にあるパッケージ・オプションについての付録を参照してください。

OPAx189は、スイッチまたは多重化されたアプリケーションで、R-Cセトリング性能を保持する

OPA189 OPA2189 FBD_01_SBOS830.gif

OPAx189 MUXのフレンドリ入力はスイッチ時に迅速にセトリングし、高い入力インピーダンスを維持する

OPA189 OPA2189 C303_SBOS830.png