JAJSF33B August   2017  – July 2018 THS3491

PRODUCTION DATA.  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
    1.     Device Images
      1.      標準的な任意波形発生器の出力駆動回路
      2.      高調波歪みと周波数との関係
  4. 改訂履歴
  5. Device Comparison Table
  6. Pin Configuration and Functions
    1.     Pin Functions
  7. Specifications
    1. 7.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 7.2 ESD Ratings
    3. 7.3 Recommended Operating Conditions
    4. 7.4 Thermal Information
    5. 7.5 Electrical Characteristics: VS = ±15 V
    6. 7.6 Electrical Characteristics: VS = ±7.5 V
    7. 7.7 Typical Characteristics: ±15 V
    8. 7.8 Typical Characteristics: ±7.5 V
  8. Detailed Description
    1. 8.1 Overview
    2. 8.2 Functional Block Diagram
    3. 8.3 Feature Description
      1. 8.3.1 Power-Down (PD) Pin
      2. 8.3.2 Power-Down Reference (REF) Pin
      3. 8.3.3 Internal Junction Temperature Sense (TJ_SENSE) Pin
    4. 8.4 Device Functional Modes
      1. 8.4.1 Wideband Noninverting Operation
      2. 8.4.2 Wideband, Inverting Operation
      3. 8.4.3 Single-Supply Operation
      4. 8.4.4 Maximum Recommended Output Voltage
  9. Application and Implementation
    1. 9.1 Application Information
      1. 9.1.1 Driving Capacitive Loads
      2. 9.1.2 Video Distribution
    2. 9.2 Typical Application
      1. 9.2.1 Design Requirements
      2. 9.2.2 Detailed Design Procedure
      3. 9.2.3 Application Curves
  10. 10Power Supply Recommendations
  11. 11Layout
    1. 11.1 Layout Guidelines
      1. 11.1.1 PowerPAD™ Integrated Circuit Package Design Considerations (DDA Package Only)
        1. 11.1.1.1 PowerPAD™ Integrated Circuit Package Layout Considerations
        2. 11.1.1.2 Power Dissipation and Thermal Considerations
    2. 11.2 Layout Example
  12. 12デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 12.1 ドキュメントのサポート
      1. 12.1.1 関連資料
    2. 12.2 ドキュメントの更新通知を受け取る方法
    3. 12.3 コミュニティ・リソース
    4. 12.4 商標
    5. 12.5 静電気放電に関する注意事項
    6. 12.6 Glossary
  13. 13メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
  • DDA|8
  • RGT|16
発注情報

概要

THS3491電流帰還アンプ(CFA)は、100Ω負荷時にDC~100MHz超の動作周波数により、高出力レベルで歪みを最小限に抑える必要があるアプリケーションにおいて、かつてないレベルの性能を実現します。仕様ではゲインは5V/Vですが、この電流帰還設計により、広いゲイン範囲にわたって帯域幅と歪みがほぼ一定に維持されます。

8000V/µsのスルーレートにより、要求の厳しい負荷に10VPPの出力を提供し、100MHzまで歪みを小さく抑えることができます。900MHzの小信号帯域幅により、10Vステップで1.5%未満の低オーバーシュートと、1.3ns未満の立ち上がり/立ち下がり時間を実現します。500mAを上回るピーク出力電流駆動により、高速信号で重い容量性負荷を駆動できます。

VQFN-16 (RGT)パッケージを使用した新規設計では、歪みを最小限に抑えることができる一方、8ピンのHSOIC (DDA)パッケージ( PowerPAD™付き)では、THS3091またはTHS3095を使用した既存設計をアップグレードできます。THS3491は出力ヘッドルームが小さく、THS3091やTHS3095に比べて、同じ±15V電源でも出力振幅が大きくなります。

製品情報(1)

型番 パッケージ 本体サイズ(公称)
THS3491 VQFN (16) 3.00mm×3.00mm
HSOIC (8) 4.89mm×3.90mm
  1. 利用可能なすべてのパッケージについては、このデータシートの末尾にあるパッケージ・オプションについての付録を参照してください。