JAJSCB4A July   2016  – July 2016 TPS22918-Q1

PRODUCTION DATA.  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. 改訂履歴
  5. Pin Configuration and Functions
  6. Specifications
    1. 6.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 6.2 ESD Ratings
    3. 6.3 Recommended Operating Conditions
    4. 6.4 Thermal Information
    5. 6.5 Electrical Characteristics
    6. 6.6 Switching Characteristics
    7. 6.7 Typical DC Characteristics
    8. 6.8 Typical AC Characteristics
  7. Parameter Measurement Information
  8. Detailed Description
    1. 8.1 Overview
    2. 8.2 Functional Block Diagram
    3. 8.3 Feature Description
      1. 8.3.1 On and Off Control
      2. 8.3.2 Quick Output Discharge (QOD)
        1. 8.3.2.1 QOD when System Power is Removed
        2. 8.3.2.2 Internal QOD Considerations
      3. 8.3.3 Adjustable Rise Time (CT)
    4. 8.4 Device Functional Modes
  9. Application and Implementation
    1. 9.1 Application Information
    2. 9.2 Typical Application
      1. 9.2.1 Design Requirements
      2. 9.2.2 Detailed Design Procedure
        1. 9.2.2.1 Input Capacitor (CIN)
        2. 9.2.2.2 Output Capacitor (CL) (Optional)
        3. 9.2.2.3 Shutdown Sequencing During Unexpected System Power Loss
        4. 9.2.2.4 VIN to VOUT Voltage Drop
        5. 9.2.2.5 Inrush Current
      3. 9.2.3 Application Curves
  10. 10Power Supply Recommendations
  11. 11Layout
    1. 11.1 Layout Guidelines
    2. 11.2 Layout Example
    3. 11.3 Thermal Considerations
  12. 12デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 12.1 デバイス・サポート
      1. 12.1.1 開発サポート
    2. 12.2 ドキュメントのサポート
      1. 12.2.1 関連資料
    3. 12.3 ドキュメントの更新通知を受け取る方法
    4. 12.4 コミュニティ・リソース
    5. 12.5 商標
    6. 12.6 静電気放電に関する注意事項
    7. 12.7 Glossary
  13. 13メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

1 特長

  • AEC-Q100認定済み
  • シングル・チャネル負荷スイッチを内蔵
  • 車載アプリケーション用に認定済み
    • デバイス温度グレード2: 動作時周囲温度範囲    –40°C~+105°C
  • 入力電圧範囲: 1V~5.5V
  • 低いオン抵抗(RON)
    • VIN = 5VでRON = 52mΩ (標準値)
    • VIN = 3.3VでRON = 53mΩ (標準値)
  • 最大連続スイッチ電流 2A
  • 低い静止電流
    • VIN = 3.3Vにおいて8.3µA (標準値)
  • 低い制御入力スレッショルドにより、1Vまたはそれ以上のGPIOを使用可能
  • クイック出力放電(QOD)を構成可能
  • CTピンで立ち上がり時間を構成可能
  • 小型のSOT23-6パッケージ(DBV)
    • 2.9mm×2.8mm、0.95mmピッチ、
      1.45mm高さ(リード含む)
  • AEC Q100に従いESD性能をテスト済み
    • HBM ±2kV、CDM ±750V

2 アプリケーション

  • 車載用電子機器
  • インフォテインメント
  • クラスタ
  • ADAS (先進運転支援システム)

3 概要

TPS22918-Q1は、シングル・チャネル負荷スイッチで、立ち上がり時間とクイック出力放電の両方を構成可能です。このデバイスにはNチャネルMOSFETが搭載され、1V~5.5Vの入力電圧範囲で動作でき、最大で2Aの連続電流をサポートできます。スイッチはオン/オフ入力により制御され、低電圧の制御信号と直接接続が可能です。

デバイスの立ち上がり時間を構成可能なため、大きな負荷容量により発生する突入電流が低減され、電源ドループが低減、または排除されます。TPS22918-Q1には構成可能なクイック出力放電(QDO)ピンが搭載されており、デバイスの立ち下がり時間を制御できるため、電源オフおよびシーケンシングについて柔軟な設計が可能になります。

TPS22918-Q1は小型のリード付きSOT-23パッケージ(DBV)で供給されるため、ハンダ接合部の目視検査が可能です。このデバイスは、自由通気で-40℃~+105℃の温度範囲で動作するよう規定されています。

製品情報(1)

型番 パッケージ 本体サイズ(公称)
TPS22918-Q1 SOT-23 (6) 2.90mm×1.60mm
  1. 提供されているすべてのパッケージについては、巻末の注文情報を参照してください。

概略回路図

TPS22918-Q1 block_TPS22918_Q1.gif

オン抵抗と入力電圧の
標準値との関係

TPS22918-Q1 D001_SLVSD76.gif
IOUT = -200mA