TI エシックス

フォローアップ

画像:イメージ手社員からエシックスに関する質問があったり、問題の指摘を受けた時、適切な対応がとれる体制が必要です。

TI では、フォローアップのために複数の窓口を用意しています。

まず原則として直属の上司に相談します。なぜなら、直属の上司が、その職場や状況を一番理解しているからです。それでも問題解決ができない場合は、オープン・ドア・ポリシーにより、さらにその上の上司に相談できます。また、電子メール、電話などで、エシックス・オフィスを活用することが出来ますし(匿名での利用も可能)、人事部、法務部も相談に応じています。

また、問題の指摘を受けた場合は、事実関連の調査、問題の除去、再発防止策を実施しています。

TI では、エシックスに関する問題をできるだけ発生させないよう、また不幸にして起きてしまってもその影響を最小限にすることが、全社員の義務と位置づけ、社員の協力を求めています。それによって明るくオープンな職場が実現すると信じるからです。また秘匿性を高めることも重要です。問題の指摘を行った人が報復を受けるようなことは、絶対に避けなければばなリません。

ページトップへ