TI の価値と倫理

コミットメント

画像:イメージ手 私たちの誠実でありたいという強いコミットメントは、TI が設立された時代に、創業者たちが確立した行動規範の上に成り立っています。そしてこの誠実さは、通常良いビジネス慣行と考えられているよりもはるかに高いレベルであり、あらゆるビジネスの局面において公平で正しいことをすることを目指しています。約束を守り、また期待に添うためには妥協の余地はありません。


マーケット・コミュニケーションズ・ストラテジー・ステートメント
1987 年

私たちは、自己研鑽の努力を怠らず、常に最新で競争力のあるスキルを身につけます。
私たちは、自らの行動やその結果に対して、全面的に責任を果たします。
私たちは、すべての取引において、TI が誠実であるという評価を守ります。
私たちは、顧客、サプライヤ、社員、地域社会、あるいは社会全体の発展に貢献します。
私たちは、個人の業績や自己の専門領域において、高い目標を掲げます。
私たちは、自分たちの行動に誇りを持ちます。
私たちは、成果が出るまでやりとおします。
私たちは、顧客の言葉に耳を傾け、その期待に応え、それを上回るようにします。
私たちは、多様な文化や物の見方の違いを積極的に理解し、尊重し、また活用します。

企業は、究極的には世の中の必要とするものをいかに満たすことができるかによって社会から評価を受ける。我々は、それを最高の倫理基準を守りながら実現しなければならない。TI が社会の中で事業を展開している以上、社会に対する強い責任感を持ち、我々が行なったコミットメントを守らなくてはならない。これは、そのコミットメントを実行する能力と同じように大切なことである。
テキサス・インスツルメンツ
1976 年
元会長 マーク・シェパード

意欲ある社員が、無神経なリーダーによって、自分が働いている会社のために力を発揮できず、大志も果たせないとしたら、産業界にとってこれほどの損失はないであろう。
テキサス・インスツルメンツ
1964 年
元会長 パット・ハガティー


 | TI の価値と倫理 | 巻頭言 | 倫理は TI の礎石です |  誠実 | 革新 |  コミットメント | 
 | ビジネス行動規範 | コンプライアンスの手順 | 方針と規程 | エシックステスト | 

ページトップへ