TI のリファレンス・デザインの選択

最適な TI テクノロジーを活用したリファレンス・デザインを選んでシステム・レベルの課題解決にお役立てください

アプリケーション

製品

その他のリソース

および または

概要

This reference design is a 650-W inverter power stage designed for low-frequency (transformer-based), single-phase UPS operating from a 12-V battery. The design enables low form factor and high-efficiency implementation, taking advantage of the TI SMD MOSFET in a SON5x6 package with very low RDS(on (...)

主な特長

  • Designed for standby or offline UPS from 100 VA to 850 VA; can be extended up to 1.5 kVA with additional FETs in parallel
  • Solution with SMD MOSFETs enhances manufacturability and assembly of UPS
  • No heat sink for power dissipation reduces system cost and production time
  • Tested and validated for 100-W to (...)


Updated: 16 FEB 2018

概要

新しい SimpleLink マルチスタンダード SensorTag IoT キットは、クラウド対応製品のアイデアを実現するデバイスの試作に便利です。このキットは、1 個の超小型パッケージの中に 10 個の低消費電力 MEMS センサを搭載しており、DevPack を使用して拡張可能なので、独自のセンサやアクチュエータを簡単に追加できます。

Bluetooth Smart® により、迅速にクラウドとの接続を確立して、センサ・データをオンラインで活用できます。SensorTag は購入直後に iOS / Android アプリから利用することができ、プログラミング経験がないお客様でも作業に着手することができます。

新しい SensorTag のベースとなっている CC2650 ワイヤレス・マイコンは、Bluetooth Smart の従来製品と比べて 75% もの消費電力低減を実現しています。このため SensorTag はバッテリ動作が可能であり、コイン・セル・バッテリ 1 個で数年間の動作を実現できます。

Bluetooth Smart SensorTag は iBeacon 技術を採用しています。この結果、携帯電話やスマートフォンからアプリケーションを起動し、SensorTag データと物理的な位置に基づいてコンテンツをカスタマイズすることができます。

さらに、ZigBee® や 6LoWPAN 技術と組み合わせて SensorTag を活用することもできます。

詳細については、www.tij.co.jp/sensortag をご覧ください。

主な特長

  • 周辺光、デジタル・マイク、磁気センサ、湿度、圧力、加速度計、ジャイロスコープ、磁力計、物体の温度、周囲温度を含む 10 個の低消費電力センサをサポート
  • 超低消費電力を特長としており、高性能 ARM® Cortex®-M3 CC2650 ワイヤレス・マイコンを搭載して、1 個のコイン・セル・バッテリで数年間にわたる動作を実現できます。あるいは、バッテリ不要のアプリケーションの実現も可能です。
  • クラウド接続機能により、あらゆる場所から SensorTag へのアクセスと制御が可能
  • マルチスタンダードのサポートにより、簡潔なファームウェアのアップグレードで、ZigBee や 6LoWPAN に対応可能
  • DevPack を使用すると、実際の設計に合わせて SensorTag を拡張可能


Updated: 16 FEB 2018

概要

This reference design implements a class 0.5% three-phase energy measurement system with isolated shunt sensors by using metrology analog frontends( AFEs). The metrology AFEs sense the voltage and current for each phase, calculate the metrology parameters for the phase, and then send out the (...)

主な特長

  • Class 0.5% three-phase metrology with galvanically isolated shunts using isolated, low cost current and voltage measurement AFE
  • Distributed computing: metrology parameters calculated locally at each phase and sent to host microcontroller
  • Reinforced isolation of 5kVrms and 8KV peak
  • Magnetically-immune (...)

概要

This Power over Ethernet (PoE) reference design supplies power and data over a single Ethernet cable to a connected LED lighting ballast. This reference design uses TI's TPS2372-4 PoE powered device (PD) interface, LM3409 buck controller, LM5165 buck converter, TPS62740 buck converter, TM4C1292NCPDT (...)

主な特長

  • IEEE802.3bt Compliant
  • PD 51W Class 6 Power Level
  • Minimal Standby Power Consumption of 181 mW
  • Automatic Maintain Power Signature
  • IP-Addressable Board for Network Connected


Updated: 14 FEB 2018

概要

This reference design implements a 10 amp, two-phase boost converter with an adjustable output voltage that can be dynamically set for voltages from 16V to 40V DC. The output voltage range allows tracking an audio signal when provided by either a PWM signal from a processor or a voltage.

主な特長

  • PWM or DC level control of output voltage
  • Allows adjustment of audio amplifier power supply to match signal conditions
  • Input Voltage Range: 9V to 16V
  • Output Voltage Range: 16V to 40V
  • 10 amp output


Updated: 13 FEB 2018

概要

This automotive point-of-load power supply reference design features complete front-end protection in a small overall solution size. The system can clamp fast high-voltage electrical transients and maintain operation through these events. It can also properly respond to a reverse battery polarity (...)

主な特長

  • Complete wide Vin front-end automotive power supply
  • Off-battery operation with reverse battery protection 
  • Positive and negative transient voltage protection
  • Auto-sequencing of all three power rails
  • Reduced EMI with included pi filter

Design Parameters

 
 
Vin (V) (Min)
Vin (V) (Min)
Vin (V) (Max)
Vin (V) (Max)
Vout (V) (Nom)
Vout (V) (Nom)
Iout (A) (Max)
Iout (A) (Max)
Output Power (W)
Output Power (W)
絶縁/非絶縁
絶縁/非絶縁
入力タイプ
入力タイプ
トポロジー
トポロジー
Designed for
Designed for
PMP15023.1
(Output Voltage 1)
5 36 3.3 3.55 11.715 Non-isolated DC Buck- Integrated Switch
PMP15023.2
(Output Voltage 2)
5 36 1.2 2 2.4 Non-isolated DC Buck- Integrated Switch
PMP15023.3
(Output Voltage 3)
5 36 1.8 2 3.6 Non-isolated DC Buck- Integrated Switch

概要

このリファレンス・デザインは、バスバー型のシャント抵抗を使用して、mA から kA の範囲の電流を検出する方法を示します。電気自動車(EV)とハイブリッド自動車(HEV)で大容量バッテリの需要が増大した結果、より大きな電流スパン(最小値から最大値までの変動範囲)と高い精度に対応する電流センサの必要性が高まっています。桁単位で変動する 3 つの範囲(mA ~ A、1A ~ 100A、100A ~ 1,000A)にわたって優れた精度を達成するのは、システム内で発生する大量のノイズが原因で非常に困難な課題になります。このデザインは、TI の高分解能 A/D コンバータ(ADC)と高精度の電流シャント・モニタを使用して、この問題を解決しています。

主な特長

  • フルスケール精度:
    • 25℃ で 20A 未満の場合に 0.02% のフルスケール・レンジ(FSR)、25℃ で 20A ~ 1,500A の範囲で 0.05% 未満の FSR
    • 50℃ で 20A 未満の場合に 0.1% の FSR、50℃ で 20A ~ 1,500A の範囲で 0.25% の FSR
  • 50mA ~ 1,500A の範囲の電流測定に最適。変化する電流スパン(変動範囲)に合わせて構成可能
  • ハイサイド・センシングとローサイド・センシングに対応
  • 双方向電流をサポート
  • 双方向電流の測定: -1,500A ~ +1,500A

概要

The TIDA-01425 is a subsystem reference design for automotive gateways focused on increasing bandwidth and processing power in gateway applications. The design implements Ethernet physical layer transceivers (PHYs) for increased bandwidth along with an automotive processor for greater processing (...)

主な特長

  • Processor based system
  • 100BASE-T1 automotive ethernet
  • 100BASE-TX and CAN PHYs
  • Operates off automotive battery
  • Designed to operate through cold crank, jump start, and load dump
  • Reduced EMI power stages
  • Reverse battery protection

概要

TIDEP-0092  は、AWR1642 評価モジュール(EVM)を使用した短距離レーダー(SRR)アプリケーション向けの TI Design リファレンス・デザインです。このリファレンス・デザインは最大 80m の視野にある物体の位置(水平面)と速度を推定します。

主な特長

  • SRR(短距離レーダー)アプリケーション向けシングルチップ
  • 距離分解能は 35cm で、最大 80m の距離にある物体(自動車や自動二輪など)を検出
  • アンテナの視野角は ±60° で、角度分解能は約 15°
  • 高速フーリエ変換(FFT)処理と検出用のソース・コードは mmWave ソフトウェア開発キット(SDK)に付属
  • AWR1642 EVM による実証済みのリファレンス・デザイン
  • レーダー・フロント・エンドと検出回路構成に関する詳細

概要

This processor-based reference design facilitates a quicker time to market and helps customers design cost-effective, human machine interface (HMI) solutions for electric vehicle (EV) charging infrastructure or EV supply equipment (EVSE). This reference design showcases a two-dimensional (2-D) Qt (...)

主な特長

  • 4 example screens of charging station options using software accelerated graphics and Qt
  • Resistive touchscreen enabled
  • Support for 480x272 resolution on included 4.3 inch LCD, but scalable up to 2048x2048 on other displays
  • Built on TI’s Processor SDK-Linux for scalability to other Sitara processors

使用許可、知的財産権、免責事項に関する TI デザインのご注意を表示