TI のリファレンス・デザインの選択

最適な TI テクノロジーを活用したリファレンス・デザインを選んでシステム・レベルの課題解決にお役立てください

アプリケーション

製品

その他のリソース

および または

概要

This reference design is a reference platform based on the 66AK2Gx DSP + ARM processor  System-On-Chip (SoC) and companion AIC3106 Audio codec and enables a quick path to audio processing algorithm design and demonstration. This audio solution design includes real time application software (...)

主な特長

  • Programmable three-band equialization with gain controls
  • Simple serial user interface
  • Digital radio input with up to 96KHz sample rate
  • DSP-based audio processing implementation

概要

(...)

主な特長

  • DP83822 イーサネット PHY は、ファイバ(100BASE-FX)またはツイストペア(銅線 - 100BASETX と 10BASE-T)の各インターフェイスを採用
  • アプリケーションに応じて、アナログと I/O の電源電圧レベルを個別に構成する機能を搭載
  • リンクとアクティビティを表すプログラマブル LED のサポート
  • EN55011 Class-A の電磁波要件、IEC61000-4-2 level 4 criterion B(条件 B)に適合
  • D83822 の動作温度範囲:-40℃ ~ +125℃

概要

The TIDA-00714 TI Design is a complete TPS65982 based reference design for USB Type-C and Power Delivery applications. It allows the user to develop various power profiles and alternate modes such as DisplayPort and debug existing USB Type-C and Power Delivery systems.

主な特長

  • USB PD controller
  • Type-C compliant
  • Source or sink power port switch
  • Over-voltage/current protector
  • Data port multiplexer
  • USB Low speed end point

概要

最新の自動車に搭載されている小型モーターは進化を続けており、各モーターで駆動するシート、ウィンドウ、スライド・ドア、ミラー、リフト・ゲートなどの位置を記憶する需要が高まっています。既存のソリューションは、モーター本体に取り付けられた複数の磁気センサを利用して、モーター制御モジュールにフィードバック・ループを提供しています。センサレス・アプローチは既存のソリューションに冗長性を提供し、場合によってはセンサを取り付けたモーターは不要になります。インライン電流センス・シグナル・コンディショニング回路の実装により、センサレス・アプローチはますます人気を高めています。このリファレンス・デザインは、位置測定を制御する多くのオートモーティブ・モーター・システム向けに簡単に変更できるソリューションを実現します。

主な特長

  • 多くの DC モーター・ソリューション向けに構成可能
  • インライン・モーター電流センス向け、-14V ~ 80V の広い同相入力範囲
  • 標準的な 9V ~ 18V のバッテリ電源で動作
  • デジタル・キャプチャ用 MSP430™ LaunchPad™ 開発キットとのシンプルなインターフェイス

概要

TIDA-00987 is a reference design for Automotive Media Ports that require data transfer. This design has the capability to support USB 2.0 and USB 3.0 data through a 15W USB Type-C™ port. Customers can accelerate their media port systems by taking advantage of a complete reference design (...)

主な特長

  • The LM74610-Q1 smart diode emulates an ideal diode rectifier and protects downstream devices in the case of reverse polarity.
  • The TPS25810-Q1 and TPS254900-Q1 provide negotiation over the CC1/CC2 and D+/D- lines respectively to enable charging of either USB Type-C or legacy downstream devices.
  • Small (...)

概要

The TIDA-00442 TI design provides a reference solution for detecting  ground fault in inverter based drives. Inverter current is measured on both DC positive and DC negative bus using shunt resistors. Current on DC positive bus is measured using INA170 which is powered by low side switched buck (...)

主な特長

  • Shunt based current sensing for inverter control and protection
  • Rated to measure DC Link current of +/-20APK (Design tested for +/-5A)
  • High side current sense circuit with high common mode voltage of +450V supporting 220Vac mains powered drives
  • Calibrated high-side and low-side measurement error over (...)


Updated: 14 JUN 2018

概要

This reference design is to show two distinct ways to protect the TMDS lines of a HDMI 2.0 drivers and retimers from electrostatic discharge (ESD). The HDMI standard is used in many applications from set-topboxes to notebooks to TV's. Since these ports are almost always external they are susceptible (...)

主な特長

  • Assists in HDMI 2.0 Compliance
  • Higher than IEC 61000-4-2 Level 4 (±8kV) Protection
  • Provides Ultra-Low Clamping Voltage Necessary to Protect Sensitive HDMI Drivers
  • Compatibility with both DP159 and TMDS181

概要

The TIDA-00439 TI design provides a reference solution for detecting  ground fault in inverter based drives. Inverter current is measured on both DC positive and DC negative bus using shunt resistors. INA149  current sense amplifier having common mode voltage range of +275V is being used (...)

主な特長

  • Shunt based current sensing for inverter control and protection
  • Rated to measure DC Link current of +/-20APK (Design tested for +/-5A)
  • High side current sense circuit with high common mode voltage of +275V supporting 100/110Vac mains powered drives
  • Calibrated high-side and low-side measurement error (...)

概要

リファレンス・デザイン TIDEP-0090 は、TI のシングルチップのミリ波(mmWave)テクノロジを使用して、交通監視や他のアプリケーションで、堅牢な長距離センシングを実現する方法を示します。このリファレンス・デザインでは、IWR1642BOOST 評価モジュール(EVM)を使用し、完全なレーダ処理チェーンを IWR1642 デバイスに実装します。この処理チェーンには、アナログ・レーダ構成、アナログ/デジタル・コンバータ(ADC)キャプチャ、低レベル FFT 処理、高レベルのクラスタ化および追跡アルゴリズムが含まれます。このリファレンス・デザインは、TI の mmWave ソフトウェ開発キット(SDK)を土台として構築を行うことを意図しており、評価、開発、データの視覚化に適した API、ライブラリ、ツールを通じて、統一性の高いソフトウェア環境を実現できます。

主な特長

  • TI のシングルチップ・ミリ波センサ IWR1642 を使用して、環境の変化に対する堅牢性の高い物体検出、クラスタ化、追跡の方法を提示
  • IWR1642 ミリ波センサは、5m ~ 70m、また最大 135m の距離で、90 度~ 100 度の視野角にある物体の位置を正確に示します。
  • 76GHz ~ 77GHz の測定帯域幅
  • デジタル信号プロセッサ(DSP)を内蔵した IWR1642 は、複数の物体をクラスタ化し、ある程度の期間にわたってそれらの距離と速度を追跡
  • 実績ある EVM ハードウェア設計をベースとしており、すぐに使用できるソフトウェアの活用により、開発期間の短縮が可能

概要

TIDA-00892 リファレンス・デザインは、絶縁 DC 電源を生成し、同時に絶縁 RS-485 通信をサポートする、小型ソリューションを提供します。このリファレンス・デザインは、電源内蔵の強化絶縁型デジタル・アイソレータと RS-485 通信送信回路の組み合わせで構成されています。

主な特長

  • 小型の組み合わせソリューション(ISOW7841 デバイス・フットプリントと同等)
  • シングル電源ソリューション(インターフェイス側に別の電源は不要)
  • BOM コスト削減
  • 他の全二重 RS-485 送信回路に拡張可能

使用許可、知的財産権、免責事項に関する TI デザインのご注意を表示