アプリケーションごと、または製品の種類ごとのリファレンス・デザイン検索

ソリューションを検索

アプリケーション

製品

その他のリソース

および または

概要

TIDA-00349 は、絶縁型 DC/DC コンバータを搭載したターンキー・ソリューションで、効率が最大 85% と非常に高く、超低出力から最大 60mW の出力を提供できる TI Design リファレンス・デザインです。 開ループ制御により光カプラが不要で、1 次側ハーフ・ブリッジ・トポロジーは 60kHz で動作します。また、2 次側のショットキー整流によりスイッチング損失の低減と、電力変換効率の向上が可能になります。片面実装基板は、設計の評価と最適化を実現する便利なツールです。多様なアプリケーションに対応するためヘッダー、ジャンパ、テスト・ポイントを実装しています。

主な特長

  • 絶縁型 DC/DC コンバータで、入力電圧は 3V ~ 5.2V で、出力電力は最大 60mW
  • 効率は最大 86% と極めて高く、最大 10mA の出力電流を提供
  • 開ループで、光カプラを不要に
  • 同期出力と固定スイッチング周波数により、ノイズに敏感なアプリケーションでも使用可能
  • 基板はフレキシブルな構成が可能で、評価と変更が容易
  • デザイン・ガイド(英語)に詳細な説明と性能テスト・データを掲載

Design Parameters

 
 
Vin (V) (Min)
Vin (V) (Min)
Vin (V) (Max)
Vin (V) (Max)
Vout (V) (Nom)
Vout (V) (Nom)
Iout (A) (Max)
Iout (A) (Max)
Output Power (W)
Output Power (W)
絶縁/非絶縁
絶縁/非絶縁
入力タイプ
入力タイプ
トポロジー
トポロジー
Designed for
Designed for
TIDA-00349.1
(Output
Voltage1)
3 5.2 5 .01 .05 Isolated DC Half Bridge- Hard Switched

概要

acontis EC-Master EtherCAT Master スタックは、移植性の高いソフトウェア・スタックで、各種組込みプラットフォームで使用できます。EC-Master は、高性能の TI Sitara MPU をサポートしており、洗練された EtherCAT Master (...)

主な特長

  • ETG.1500 仕様に基づく EtherCAT Class A または Class B のマスター・スタック
  • 高性能 CPSW イーサネット・ドライバで、EtherCAT の最高性能を実現
  • EtherCAT Feature Pack Cable Redundancy で 2 個の CPSW ポートを使用
  • EtherCAT Feature Pack Hot Connect でフレキシブルな構成をサポート
  • サポート対象の各種オペレーティング・システム:Linux、TI-RTOS(SYS/BIOS)、および VxWorks や QNX などのパートナー製 OS

概要

THe TIDA-00498 reference design features signal processing front-end and self-power block for electronic trip unit (ETU) used in circuit breakers.  A FRAM based micro-controller is used for processing current inputs from signal conditioning amplifiers for 3-phase, neutral and ground current (...)

主な特長

  • Measures three currents (phase) with input range of (0.2 to 12 INOMINAL) and two current (Neutral, Earth) with (0.05 to 2 INOMINAL) within ±3%
  • Uses TI’s MSP430™ FRAM MCU for Fast Startup, Startup Time Including One-Cycle RMS Computation is < 30 ms
  • Undervoltage Sense Provides Approximate 200-μs Reset (...)

概要

OPC UA は、接続された機械間の相互運用性と通信を実現する Industry 4.0 向け産業用 M2M(マシン・ツー・マシン)プロトコルです。TIDEP0078 は、設計プロジェクトで採用される組込み OPC UA (...)

主な特長

  • Sitara AM57x プロセッサ上で動作する包括的な組込み OPC UA サーバー
  • Matrikon OPC UA サーバー開発キット(SDK)R100 とサンプルの OPC UA サーバー(デモ・バージョンは 2 時間の時間制限付き)
  • Processor-SDK-Linux を通じて使用可能な Linux オペレーティング環境
  • OPC UA サンプル・クライアントから GUI を使用して TCP/IP 経由で GPIO の読み書きを制御
  • TIDEP0078 リファレンス・デザインは TMDXIDK5728 ボードを使用してテスト済みで、技術資料、ソフトウェア、デモ・アプリケーション、ハードウェア設計ファイルが付属

概要

The TIDA-00661 reference design features signal processing front-end subsystem for electronic trip units (ETU) used in air circuit breakers (ACB) or molded case circuit breakers (MCCB). This subsystem consists of Delta-Sigma ADC with 24-Bit resolution and fast startup (< 3ms), ±2.5V (...)

主な特長

  • Measurement of AC input from 10V to 750V and 50mA to 25A within ±1% with fixed gain
  • Voltage and Current inputs are interfaced to a 24-Bit Delta-Sigma ADC with Fast startup (< 3ms)
  • DC-DC converters configured in Fly-Buck configuration to generate supply output (2W/ 8W)
  • Provides option to measure 3 earth (...)

概要

TIDA-00195 リファレンス・デザインは、22kW の出力段と、各種アプリケーションのモーター制御を意図した TI の新しい強化絶縁型 IGBT ゲート・ドライバである ISO5852S で構成されています。このデザインを使用すると、電流定格が 50A ~ 200A の範囲内にあり、電圧定格が 1200V の IGBT モジュールで構成された 3 相インバータ内にある ISO5852S の性能を評価することができます。

評価の対象として重要ないくつかの機能と性能は、DESAT を使用した短絡保護、ソフト・シャットダウン、インバータのさまざまな dv/dt に対するアクティブ・ミラー・クランプの効果、調整可能な速度の電力駆動システム(IEC61800-3)から導き出したシステム・レベルにおける IGBT ゲート・ドライバの ESD / EFT 性能です。インバータの制御に必要な PWM 信号を生成するには、Piccolo LaunchPad である LAUNCHXL-F28027 を使用します。

主な特長

  • 3 相インバータ・システムの特性:
    • 電圧定格が 1200V で電流定格が 50A ~ 200A の IGBT モジュール複数ベンダのサポート
    • 7 種類の強化絶縁型 IGBT ゲート・ドライバ – 動作時の絶縁耐圧が 1.5kVrms で最小 CMTI が 50 kV/μs の ISO5852 シリーズ
  • 以下の機能を使用する、過電流と誤検出によるターンオンの保護機能を内蔵:
    • DESAT 検出
    • ソフト・シャットダウン
    • アクティブ・ミラー・クランプ
  • IEC61800-3 の EMC 耐性要件に適合:
    • ±8kV ESD CD(IEC 61000-4-2)
    • ±4kV EFT(IEC 61000-4-4)
  • ゲート・ドライバ用の +16V / -8V を生成するオンボード・ハーフ・ブリッジ絶縁型電源で、外部 BJT(バイポーラ・トランジスタ) / MOSFET バッファを使用し、ユニポーラまたはバイポーラ電源をゲート・ドライバに供給
  • ゲート・ドライバの入力は、反転 / 非反転動作用に構成することが可能
  • システム評価用のオプション:
    • ゲート・ドライバ / IGBT 間を接続するツイスト・ペア・ケーブル
    • ゲート / エミッタ間に接続する外部静電容量

概要

TIDA-00443 は、900W の力率調整器コンバータであり、インバータから電力を供給される BLDC/PMSM モーターをベースとするアプリケーション向けに設計されたリファレンス・デザインです。このリファレンス・デザインは連続導通モードの昇圧コンバータであり、UCC28180 PFC コントローラを使用しているほか、必要な保護機能すべてを内蔵しています。このリファレンス・デザインは 195VAC ~ 270VAC の広い AC 入力範囲をサポートしており、50% ~ 100% の広い動作負荷範囲にわたり、>97% という非常に高い効率を実現します。

TIDA-00443 で採用されている昇圧フォロワ構成は、PFC レギュレータ内、およびダウンストリームにあるインバータ/コンバータ内でのスイッチング損失低減に寄与します。このリファレンス・デザインは、昇圧フォロワ構成で最大 98% の効率を実現します。この昇圧フォロワ構成は、固定電圧の動作に比べて、230VAC 入力、全負荷条件下で 5.2W の電力節減を可能にします。

TIDA-00443 は、IEC-61000-2-3 の iTHD 制限を Class A と Class D 両方の規格で対応したリファレンス・デザインです。このリファレンス・デザインは、システム全体の性能向上のほか、バス・リップル、バス静電容量、RMS 電流の低減を実現します。また、フロント・エンド保護機能を内蔵しています。ハードウェアは、家電製品を対象にした EN55014 に基づく、伝導性放射、サージ、EFT 要件に準拠しており、試験にもパスしています。

主な特長

  • 195VAC ~ 270VAC のワイド動作入力電圧範囲
  • インバータから電力を供給される広範なモーターとダウンストリームの DC/DC コンバータを、最大 900W 対応で駆動します。
  • 中間負荷から全負荷(50 ~ 100%)時に高い力率 > 0.99 と 5% 未満の THD を実現します。10% 負荷時と 100% 負荷時に関して IEC 61000-3-2 の Class A と Class D の 電流 THD 規格に準拠しています。
  • 全動作電圧範囲で、全負荷時に > 97% の高い効率を実現します。その結果、周囲温度が 55℃ 以下の場合は、外部冷却が不要です。
  • 内蔵の昇圧フォロワ出力オプションは、効率の改善を実現します(最大 98%)。可変 AC 入力を使用する従来型のソリューションに比べ、この構成は、ダウンストリームにあるインバータの効率向上や、DC バス静電容量の実質的な低減を可能にします。
  • EN55011 class A 伝導性放射規格、IEC6000-4-4 EFT 規格、および IEC61000-4-5 サージ規格に準拠しています。

概要

The TIDA-01094 reference design implements a class 0.5 three-phase  transformerless energy measurement system with isolated shunt sensors by using isolated delta-sigma modulators. The delta sigma modulators have their output circuitry capacitively isolated from input circuitry, thereby (...)

主な特長

  • Class 0.5% three-phase metrology with galvanically isolated shunt current sensors
  • Cap-drop power supplies for high side of modulators
  • Isolation performance of up to 1-kV AC (working voltage) and a voltage of 7 kV (peak)
  • Supports both AMC1304M05 and AMC1305M04+TLV70450 configurations
  • TI energy library (...)

概要

The TIDA-00646 reference design demonstrates techniques for precision temperature sensing as required by heat cost llocators and other Internet of Things (IoT) applications. Heat cost allocators use the temperature differential between Room and Heater body to assign a share of the total cost of a (...)

主な特長

  • Highly accurate temperature sensing across environment conditions: better than 0.5 degrees from +20 to +85degC
  • Matching of two adjacent LMT70A sensors on Tape and Reel saves test and manufacturing cost
  • CC1310 SimpleLink(TM) wireless MCU provides single-chip solution for heat measurement and RF (...)

概要

The TIDA-00666 TI Design enables Bluetooth Low Energy (BLE) communication powered from a 2-wire 4- to 20-mA loop. For industrial process control instruments, analog 4- to 20-mA current loops are commonly used for analog signaling, with 4 mA representing the lowest end of the range and 20 mA the (...)

主な特長

  • 4- to 20-mA loop powered bluetooth low energy communication
  • 4- to 20-mA current-loop output signal
  • 8V - to 33-V input voltage range
  • 16-bit loop current resolution
  • On board humidity and temperature sensor

使用許可、知的財産権、免責事項に関する TI デザインのご注意を表示