TI のリファレンス・デザインの選択

最適な TI テクノロジーを活用したリファレンス・デザインを選んでシステム・レベルの課題解決にお役立てください

アプリケーション

製品

その他のリソース

および または

概要

This design serves as a demonstration platform for the KNX software and hardware offering for MSP430™ microcontrollers (MCUs) from TI and TAPKO Technologies GmbH™. The wired KNX thermostat takes advantage of the ultra-low-power FRAM technology of the MSP430FR5969 MCU to efficiently (...)

主な特長

  • Fully certified twisted-pair KNX transceiver
  • KNX stack support for TPUART and bit-based TP
  • Interoperability with any certified KNX device
  • Thermostat with setting retention upon power down
  • KAIstack licensing available through TAPKO Technologies
  • Order 3rd party PHY Module and KNX power supply ( (...)

一致した製品

  • センサ製品

Updated: 14 DEC 2017

概要

PMP20694 is high-efficiency AC/DC power supply reference design with 85VAC-300VAC input and 36V/5A output. Transition mode PFC is applied with UCC28051 to prove high power factor and boost input voltage to 450VDC.  LLC resonant converter with UCC25600 is applied to step down the 450V to 36V (...)

主な特長

  • 85VAC to 300VAC, 50/60Hz input to 36V/5A output
  • 68mm x 180mm board dimension
  • Test report available
  • 92% peak converter efficiency

一致した製品

  • センサ製品

Design Parameters

 
 
Vin (V) (Min)
Vin (V) (Min)
Vin (V) (Max)
Vin (V) (Max)
Vout (V) (Nom)
Vout (V) (Nom)
Iout (A) (Max)
Iout (A) (Max)
Output Power (W)
Output Power (W)
絶縁/非絶縁
絶縁/非絶縁
入力タイプ
入力タイプ
トポロジー
トポロジー
Designed for
Designed for
PMP20694.1
(Output Voltage 1)
85 300 450 .45 202.5 n AC Boost- PFC
PMP20694.2
(Output Voltage 2)
330 460 36 5 180 Isolated DC Half Bridge- LLC

概要

メーター・バス(M-Bus)と RS-485 ネットワーク間のプロトコル変換機能搭載スマート・メーター・データ・コレクタを実装するためのリファレンス・デザインです。M-BUS と RS-485 ネットワークは、特定のネットワーク・ドメインで混在させることができますが、システムをフルに統合するにはブリッジ機能が必要です。このリファレンス・デザインは、個別の流量メーターからの M-BUS データ・パケットを収集し、フォーマットを変更して、より大規模な RS-485 ネットワークを経由しプライマリ・データ・コンセントレータに送信する中間ノードになります。

主な特長

  • コストに制約のあるアプリケーションに最適な、M-Bus と RS-485 トランシーバ間のプロトコル変換機能を搭載したシンプルなデータ・コレクタ
  • 絶縁型電源は、M-Bus マスター・モジュールに十分な電力を供給し、100 台以上の M-Bus スレーブに 24V の出力、MSP432 に 3.3V の電力、RS-485 シグナル・チェーンに 5V の電力を供給
  • IEC61000-4-4 の ±2KV EFT、IEC61000-4-2 の ±8KV ESD、CISPR22 Class-B の伝導型電磁波をテスト済み
  • 評価モジュールは、外部ピンアウト(SPI、UART、GPIO に対応)を実装し、サンプル・ソフトウェアも付属していることから、他のワイヤレス / 有線通信プロトコルをサポートするための評価を容易に

一致した製品

  • センサ製品

概要

The TIDA-00779 is a 3.5-kw, cost competitive power factor regulator converter designed for room air-conditioner and other major appliances. This reference design is a continuous-conduction-mode (CCM) boost converter implemented using TI’s UCC28180 PFC controller provided with all of the (...)

主な特長

  • High efficiency of > 98% over entire operating voltage range and thus get smaller heat sink
  • Wide full load operating input range of 190 VAC to 270 VAC
  • High power factor > 0.99 and less than 5% THD from medium-to-full load (50-100%)
  • Up to 3.5 kw high power output to cover most of single phase input PFC (...)

一致した製品

  • センサ製品

Updated: 08 DEC 2017

概要

This reference design accurately measures 16-channel AC voltage and current inputs using a precision 16-bit SAR ADC over a wide input range. This range covers protection and measurement requirements (including sampling requirements as per IEC 61850-9-2), which simplifies system design and improves (...)

主な特長

  • Based on ADS8688A 16-bit ADC (compatible with ADS8668 or ADS8698) and supports up to 16 analog inputs  by daisy chaining  two ADCs or connecting two ADCs in dual SDO output configuration
  • AC analog input module provides spectral performance of ENOB of > 14.9 bits, SNR of > 91 DB and THD of  (...)

一致した製品

  • センサ製品

Updated: 07 DEC 2017

概要

This reference design demonstrates how to create an industrial sensor-to-cloud end node capable of connecting to an IoT network gateway and a cloud data provider. This sensor node reference design uses Texas Instruments' nano-power system timer for power gating, low Iq boost converter (...)

主な特長

  • Large network-to-cloud connectivity enabling long range, up to 1 km (line of sight)
  • IEEE 802.15.4e/g standards-based sub-1 GHz solution with TI 15.4-stack
  • Configurable system wakeup interval
  • Low standby current of 1 µA
  • ±2% relative humidity accuracy
  • ±0.2°C temperature accuracy

一致した製品

  • センサ製品

概要

リファレンス・デザイン TIDEP-0094 は、IWR1642 評価モジュール(EVM)を使用して物体検出を評価するための土台を提供します。このデザインは、包括的なレーダ処理チェーンを IWR1642 デバイスに統合し、(水平面における)位置推定と、最大 84m の視野内にある物体の速度推定を実現しています。ソフトウェア・サンプルも付属しており、TI の mmWave ソフトウェア開発キット(SDK)とともに提供されているので、評価、開発、データの視覚化に適した API、ライブラリ、ツールを通じて、統一性の高いソフトウェア環境を実現できます。

主な特長

  • 最大 84m の距離にある物体を検出し、距離分解能は 37cm
  • アンテナの視野角は ±60° で、角度分解能は約 15°
  • 高速フーリエ変換(FFT)処理と検出用のソース・コードは mmWave ソフトウェア開発キット(SDK)に付属
  • IWR1642 EVM は、このデザインを実証
  • レーダ・フロント・エンドと検出回路構成に関する詳細

一致した製品

  • センサ製品

概要

リファレンス・デザイン TIDEP-0090 は、TI のシングルチップのミリ波(mmWave)テクノロジを使用して、交通監視や他のアプリケーションで、堅牢な長距離センシングを実現する方法を示します。このリファレンス・デザインでは、IWR1642BOOST 評価モジュール(EVM)を使用し、完全なレーダ処理チェーンを IWR1642 デバイスに実装します。この処理チェーンには、アナログ・レーダ構成、アナログ/デジタル・コンバータ(ADC)キャプチャ、低レベル FFT 処理、高レベルのクラスタ化および追跡アルゴリズムが含まれます。このリファレンス・デザインは、TI の mmWave ソフトウェ開発キット(SDK)を土台として構築を行うことを意図しており、評価、開発、データの視覚化に適した API、ライブラリ、ツールを通じて、統一性の高いソフトウェア環境を実現できます。

主な特長

  • TI のシングルチップ・ミリ波センサ IWR1642 を使用して、環境の変化に対する堅牢性の高い物体検出、クラスタ化、追跡の方法を提示
  • IWR1642 ミリ波センサは、5m ~ 70m、また最大 135m の距離で、90 度~ 100 度の視野角にある物体の位置を正確に示します。
  • 76GHz ~ 77GHz の測定帯域幅
  • デジタル信号プロセッサ(DSP)を内蔵した IWR1642 は、複数の物体をクラスタ化し、ある程度の期間にわたってそれらの距離と速度を追跡
  • 実績ある EVM ハードウェア設計をベースとしており、すぐに使用できるソフトウェアの活用により、開発期間の短縮が可能

一致した製品

  • センサ製品

Updated: 04 DEC 2017

概要

The PMP20978 reference design is a high efficiency, high power density and light weight resonant converter reference design. It converts a 390V input to a 48V/1kW output. The PMP20637 power stage has over 140W/in^3 power density. The whole board weight is less than 230g. With fixed 950kHz switching (...)

主な特長

  • 390V - 48V/1kW high frequency resonant converter
  • 950kHz resonant frequency with less than 210g weight
  • Utilizes TI's high voltage GaN FETs as input switches
  • Optimized LLC SR conduction with UCD7138/UCD3138A
  • Power stage dimension: 2" x 2.1" x 1.7"
  • Achieves peak 97.6% efficiency

一致した製品

  • センサ製品

Design Parameters

 
 
Vin (V) (Min)
Vin (V) (Min)
Vin (V) (Max)
Vin (V) (Max)
Vout (V) (Nom)
Vout (V) (Nom)
Iout (A) (Max)
Iout (A) (Max)
Output Power (W)
Output Power (W)
絶縁/非絶縁
絶縁/非絶縁
入力タイプ
入力タイプ
トポロジー
トポロジー
Designed for
Designed for
PMP20978.1
(Output
Voltage1)
380 4000 48 21 1008 Isolated DC Half Bridge- Resonant

概要

TIDA-01069 は、誤トリガを防止し、機械学習を可能にする、2 個の PIR センサをベースとする先進的なモーション検出器向けのアナログ・フロント・エンドのリファレンス・デザインです。この TI Design リファレンス・デザインは、標準的なブースタパック・ピン配置を採用しており、TI の低消費電力 IC を搭載し、1 本の単四アルカリ電池で動作します。

主な特長

  • 分離した領域を検出する 2 個の PIR センサ
  • 最大 30 フィート(9m)を上回る感度
  • 標準的なブースタパック・ピン配置
  • 誤検出の防止
  • バッテリ・ベースの低消費電力設計
  • 複数のマイコンと DSP で動作
  • 機械学習に対応

一致した製品

  • センサ製品

使用許可、知的財産権、免責事項に関する TI デザインのご注意を表示