アンプ

高精度オペアンプ – プレシジョン・ラボ

TI プレシジョン・ラボ・トレーニング・シリーズでは、理論と、実践されるラボの演習を組み合わせて、経験者の技術的専門知識を深め、迅速なキャリア開発を促進しています。このオンデマンド・カリキュラムはモジュール形式の 40 以上の実践的トレーニングとラボ・ビデオで構成されており、オンライン学習コースによりアナログ・アンプ設計の検討事項を網羅しています。

ハンズオン・ラボのモジュールで取り上げる National Instruments VirtualBench™(英語)TI Precision Labs - Op Amps Hardware Evaluation Module(英語) の詳細をご確認ください。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプのコースでのみで取り上げる推奨シミュレータ TINA-TI のダウンロードとインストール

Internet Explorer® を使用している場合は、プレシジョン・ラボを視聴するときに問題が発生する可能性があります。Chrome™、Firefox®、Safari® など、別のブラウザを使用することをお勧めします。

概要

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 概要

TI プレシジョン・ラボはアナログ・エンジニア向けの業界初の包括的なオンライン・トレーニング講座です。このオンデマンド・カリキュラムは、理論と実践的なラボ演習も行っており、技術的専門知識の深化と、迅速な能力開発を可能にします。このビデオでは、TI Precision Labs: Op Amps(英語)のカリキュラムの概要を説明します。以下の内容を取り扱っています。

  • 取り扱っている内容
  • このシリーズの想定視聴者
  • このシリーズ固有の特徴
  • 参加と完了に伴う受講者のメリット

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): National Instruments VirtualBench™ Overview(英語)

TI プレシジョン・ラボはアナログ・エンジニア向けの業界初の包括的なオンライン・トレーニング講座です。このオンデマンド・カリキュラムは、理論と実践的なラボ演習も行っており、技術的専門知識の深化と、迅速な能力開発を可能にします。この無料のカリキュラムはモジュール形式を採用し、30 以上のハンズオン・トレーニングとラボのビデオで構成されており、オンライン・コースの作業も含めアンプの設計に伴う検討事項を網羅しています。ビデオを見る

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 入力オフセット電圧と入力バイアス電流(英語)

オペアンプの DC 入力誤差に対する主要な寄与要因を把握するには、どうすればよいでしょうか。

室温における入力電圧オフセットと入力バイアス電流の仕様を理解することは、非常に簡単な作業です。ただし、温度変化が全体像に影響を及ぼすとしたら、どうでしょうか。これらのパラメータに関してデータシートのグラフに掲載されている統計的な分布を正しく解釈し、全体的な誤差解析に正しく適用するには、どうすればよいでしょうか。このセッションを完了すると、オペアンプの DC 入力誤差に対する 2 つの重要な寄与要因である入力電圧オフセット(Vos)と入力バイアス電流(Ib)の全体像を理解できます。単に仕様だけではなく、さまざまな入力段トポロジーや半導体プロセス技術が Vos と Ib に及ぼす影響を詳しく考察します。

このシリーズでは、オペアンプの入力電圧オフセットと入力バイアス電流の理論を取り上げ、その理論をもとに、TINA-TI 回路シミュレーションと、試験機器による実際の回路を使用した実験を行います。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): Vos と Ib

これは、オペアンプの入力オフセット電圧に関する制限と出力の制限について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 2 つのビデオのうち最初のものです。このトレーニングでは、オペアンプの VOS の仕様、温度変化に対する VOS のドリフト、入力バイアス電流の仕様、温度変化に対する入力バイアス電流のドリフトについて説明します。また、多様なテキサス・インスツルメンツ製オペアンプに関する VOS と IB の範囲も示します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): Vos と Ib - ラボ

これは、オペアンプの入力オフセット電圧に関する制限と出力の制限について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 2 つのビデオの 2 本目です。このトレーニングでは、詳細な計算法、SPICE シミュレーション、実際の測定を取り上げ、オペアンプの VOS と IB に関する概念の理解を深めます。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 入力と出力制限

クリッピングや他の非線形動作など、オペアンプの予期しない信号出力を経験したことはありますか。

入力同相電圧の制限か、出力電圧スイング制限のどちらかが、これらの動作の原因になっている可能性があります。実際の回路の状況に即してデータシートの仕様を理解すると、このような問題の発生を防止できます。プロセス技術によって異なるオペアンプの入出力段の詳細について考察すると、さらに理解が深まります。

このシリーズでは、オペアンプの入出力の振幅制限に関する理論を取り上げ、その理論をもとに、TINA-TI 回路シミュレーションと、試験機器による実際の回路を使用した実験を行います。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 入力と出力制限

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズ(英語)トレーニング・ビデオでは、オペアンプの入力制限と出力制限について考察します。このビデオでは、オペアンプの同相入力電圧、および入力と出力の電圧スイング制限について説明し、これらの制約によって生じる回路誤差のソースを判定する方法を示します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 入力と出力制限 - ラボ

これは、オペアンプの入力と出力の制限について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 2 番目のビデオです。このビデオでは、詳細な計算法、SPICE シミュレーション、実際の測定を取り上げ、オペアンプの入力と出力の制限に関する概念の理解を深めます。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 入力と出力制限 2

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズ(パート 2)(英語)トレーニング・ビデオでは、オペアンプの入力制限と出力制限について解説します。このビデオでは、アンプが引き起こす同相電圧範囲または入力電圧範囲、さまざまなオペアンプの入力トポロジーの長所および短所について説明します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 入力と出力制限 3

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズ(パート 3)(英語)トレーニング・ビデオでは、オペアンプの入力制限と出力制限について解説します。このビデオでは、バイポーラと CMOS の各出力段の違いなどの出力スイングの制限と、出力負荷や温度が及ぼす影響について説明します。最後に、短絡時の出力保護という概念を紹介します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 消費電力と温度

過熱とはどの程度のことを言うのでしょうか。自身の回路にヒートシンクは必要でしょうか。

このシリーズでは、オペアンプにおける電力損失と温度の関係について説明し、温度モデルを使用してさまざまな動作条件下でのアンプの接合部温度を計算する方法を示します。絶対最大定格と内部の過熱保護方式についても説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 消費電力と温度

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズ(英語)トレーニング・ビデオでは、オペアンプにおける電力と温度の関係について考察します。このビデオでは、DC と AC におけるアンプの電力損失について説明し、アンプの温度モデルを示した後、そのモデルを使用してアンプの接合部温度を計算し、アンプの絶対最大温度定格とその内部にある過熱保護方式についても説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 帯域幅

オペアンプの帯域幅を計算するときは常に非反転ゲインを使用する必要があることをご存じでしょうか。帯域幅が Iq に影響を及ぼす理由をご存じでしょうか。

上記の質問のほか、オペアンプの帯域幅について、ほぼすべての疑問に答えます。

  • 全周波数帯域におけるアンプ性能の予測のためにボード線図で Aol、ループ・ゲイン、1/β を使用する方法
  • 抵抗、コンデンサ、アンプの周波数の制限を使用し、ポールとゼロの位置を表す式を導く
  • ボード線図でポールとゼロをプロットするための実践的な技法と、クローズド・ループ帯域幅を求めるグラフィカル手法と数学的計算に関する説明
  • ボード線図とスコープの結果を使用し、時間ドメインがどのように周波数ドメインに関連しているかについて
  • アンプの内部回路を表す簡略化モデルを使用し、帯域幅と Iq の関係について理解

このビデオ・シリーズでは、オペアンプの帯域幅に関する理論を網羅し、次に TINA-TI の回路シミュレーション機能を含むハンズオン・ラボにその理論を適用し、テスト装置を接続した実際の回路を使用して実験を行います。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 帯域幅 1

これは、オペアンプの帯域幅について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 5 つのビデオの最初のものです。このトレーニングでは、ゲインと、ゲインをリニアに表現する方法についてデシベル単位で説明します。ポール、ゼロ、ボード線図、カットオフ周波数、帯域幅の定義についても説明します。最後に、TINA-TI を使用して、帯域幅のシミュレーション結果と理論的な計算を関連づけます。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 帯域幅 2

これは、オペアンプの帯域幅について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 5 つのビデオの 2 番目です。このトレーニングでは、開ループ・ゲイン、閉ループ・ゲイン、ゲイン帯域幅モデル、静止時電流と帯域幅の関係について説明します。また、回路の帯域幅に関するシミュレーションを実行し、計算した結果と関連づけます。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 帯域幅 3

これは、オペアンプの帯域幅について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 5 つのビデオの 3 番目です。このトレーニングでは、帯域幅と、帯域幅に関する 2 次効果(つまり、高周波数の極位置)を計算するときに、常に非反転ゲインを使用する理由について説明します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 帯域幅 4

これは、オペアンプの帯域幅について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 5 つのビデオの 4 番目です。帯域幅に関連する 5 つのテーマについて説明します。

  1. Aol 曲線がゲインの帯域幅にどのような影響を及ぼすか
  2. オペアンプの入力容量による帯域幅制限の方法
  3. アンプ回路の周波数に対する実際的なゲインを計算する方法
  4. 帰還コンデンサを使用して、回路の帯域幅を意図的に制限する方法
  5. 全周波数帯域の応答に対するスルーレートの影響

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): ラボ

これは、オペアンプの帯域幅について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 5 つのビデオの 5 番目です。このトレーニング・ラボでは、詳細な計算、SPICE を使用したシミュレーション、実際の測定という一式の作業を実施し、オペアンプの帯域幅に関する一連のビデオで確立した概念を補強します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): Slew Rate(英語)

次の文は正しいですか、それとも間違いですか。オペアンプの出力の大幅で急速な電圧変化は常に、そのデバイスのスルーレートによって制限されます。

答えが「正しい」とお考えの場合や、説明のつかない出力スルーの動作をこれまでに目にしたことがある場合は、このセッションをぜひご覧ください。大信号と小信号に関する解析、スルー・ブースト、全温度範囲でのスルーレート、スルーレート対フルパワー帯域幅、Vos とスルーレートの関係について説明します。さらに、スルーレート制限を引き起こすオペアンプの内部構造も示します。

このシリーズは、オペアンプのスルーレート理論を取り上げ、その理論をもとに、TINA-TI 回路シミュレーションと、試験機器による実際の回路を使用した実験を行います。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): スルーレート 1

これは、オペアンプのスルーレートについて考察する TI プレシジョン・ラボ – オペアンプ(英語)を構成する 4 つのビデオのうち最初のものです。このトレーニングでは、スルーレートの背後にある理論について説明し、TI 製のさまざまなアンプでスルーレートと電流消費について比較します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): スルーレート 2

これは、オペアンプのスルーレートについて考察する TI プレシジョン・ラボ – オペアンプ(英語)を構成する 4 つのビデオの 2 番目です。このトレーニングでは、ボディ効果がスルーレートに及ぼす影響について説明し、セトリング・タイムに注目した後、アンプの小信号ステップ応答と大信号ステップ応答の違いについて説明してから、小信号ステップ応答を安定性に関連づけます。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): スルーレート 3

これは、オペアンプのスルーレートについて考察する TI プレシジョン・ラボ – オペアンプ(英語)を構成する 4 つのビデオの 3 番目です。このトレーニングでは、小信号出力応答から大信号出力応答への変換について詳細に観察します。また、ゲインが小信号出力応答と大信号出力応答に及ぼす影響についても取り上げます。最後に、オペアンプの過負荷復帰という概念について紹介します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): スルーレート - ラボ

これは、オペアンプのスルーレートについて考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 4 つのビデオの 4 番目です。このトレーニングでは、詳細な計算、SPICE を使用したシミュレーション、実際の測定という一式の作業を実施し、オペアンプのスルーレートに関する一連のビデオで確立した概念を補強します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): Common Mode and Power Supply Rejection(英語)

除去は望ましい特性になることがあり、特に同相電圧誤差または電源電圧誤差に起因する場合です。

このビデオ・シリーズでは、オペアンプの同相電圧または電源電圧に変化を加えると、AC と DC 共にどのように誤差が引き起こされるか、オペアンプの内蔵同相除去と電源除去を使用して、これらの誤差がどのように軽減されたかを説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 同相除去

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズのトレーニング・ビデオ(英語)では、オペアンプに印加される同相電圧に変化を加えると、AC と DC の両方にどのように同相除去誤差が引き起こされるかを説明します。追加のトピックでは、入力電圧を変化させると、開ループ・ゲイン誤差がどのように引き起こされるか、また同相ゲイン誤差と開ループ・ゲイン誤差を分離する方法を取り上げます。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 電源除去

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズのトレーニング・ビデオ(英語)では、オペアンプに印加される電源電圧に変化を加えると、AC と DC の両方にどのように電源除去誤差が引き起こされるかを説明します。また、電源電圧に変化させると、どのように同相電圧誤差が引き起こされるかについても説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): ノイズ

デスク上にある標準的な抵抗部品が、 "何も" していなくても、実はノイズを発生していることをご存じでしたか?

実際の回路で発生する雑音について理解することは、システム全体での雑音性能の目標を達成するうえで重要ですが、雑音の計算は複雑であり、多くの場合は長い手計算を行う必要があります。このシリーズを視聴して、関連する演習を完了した後は、オペアンプの雑音に関するエキスパートになれるでしょう。雑音計算の複雑さを大幅に緩和する 5 つの "基本原則" を通じて、回路の雑音を短時間で計算できるようになります。また、手計算の結果を検証するために、回路のシミュレーションを実行する方法も示します。オペアンプに関する雑音モデルがない場合はどうしますか。心配ありません。独自モデルを簡単に作成する方法を説明します。最後に、ノイズの試験方法を示し、実際のノイズ測定を行います。

このビデオ・シリーズでは、オペアンプのノイズ理論を取り上げ、その理論をもとに、TINA-TI 回路シミュレーションと、実際の回路を使用して試験機器による実験を行います。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): ノイズ 1

これは、オペアンプの雑音について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 9 つのビデオのうち最初のものです。この雑音ビデオ・シリーズでは、計算とシミュレーションによってオペアンプの雑音を予測する方法、および雑音を正確に測定する方法を示します。このトレーニングでは、固有の雑音について定義し、さまざまな種類の雑音について紹介するほか、雑音スペクトル密度について説明します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): ノイズ 2

これは、オペアンプの雑音について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を形成する 9 つのビデオの 2 番目です。このトレーニングでは、雑音に関する説明を続け、オペアンプの複数の雑音領域についての詳細な説明と、スペクトル雑音密度を RMS 雑音に変換する方法の説明をします。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): ノイズ 3

これは、オペアンプの雑音について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 9 つのビデオの 3 番目です。このトレーニングでは、簡易なアンプ回路を対象にして全温度の雑音に関する計算を行う方法で、雑音に関する説明を続けます。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): ノイズ 4

これは、オペアンプの雑音について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 9 つのビデオの 4 番目です。直前のトレーニングでは、非常に簡易なオペアンプ回路を対象にして、わかりやすい雑音に関する手計算を行いました。実際の回路では、このような手計算は長く複雑になる可能性があります。このトレーニングでは、雑音計算を簡略化するために使用できるいくつかの方法を示しますが、その方法は支配的な雑音源を識別し、寄与の大きくない雑音源を無視しています。支配的な雑音源を識別すると、システムの雑音性能を迅速かつ効果的に改善する方法に関する詳しい情報を得ることができます。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): ノイズ 5

これは、オペアンプの雑音について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 9 つのビデオの 5 番目です。直前のトレーニングでは、雑音計算を簡略化するのに役立ついくつかの方法を学びました。このビデオでは、無料の SPICE シミュレーション・プログラムである Tina-TI を使用して雑音シミュレーションを実行する方法を示します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): ノイズ 6

これは、オペアンプの雑音について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 9 つのビデオの 6 番目です。直前のトレーニングでは、SPICE を使用した雑音解析の基本について扱いました。そのビデオでは、雑音モデルの精度を確認することの重要さについて説明し、また、正味のリストに注目して雑音がモデル内に含まれているかどうか確認することを推奨しました。このビデオでは、雑音モデルが正確であることを検証するためのより総合的な方法を紹介します。さらに、高精度のモデルがまだ存在していない場合に、独自モデルを作成する方法を示します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): ノイズ 7

これは、オペアンプの雑音について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 9 つのビデオの 7 番目です。雑音を扱ったトレーニング・ビデオ・シリーズのこの時点までに、計算とシミュレーションによってアンプの雑音出力を予測する方法を学びました。このトレーニングでは、雑音を測定する手法を扱います。雑音を測定するために使用する一般的なテスト装置には 2 種類あり、オシロスコープとスペクトラム・アナライザです。このビデオでは、これらの機器の動作原理と、性能を最適化するためのいくつかのヒントとコツについて説明します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): ノイズ 8

これは、オペアンプの雑音について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 9 つのビデオの 8 番目です。ここまでのトレーニング・ビデオでは、雑音の計算、シミュレーション、測定に関する方法を紹介しました。このビデオでは、1/f 雑音、つまりフリッカー雑音について詳細に検討します。特に、ほとんどのオペアンプ・データシートに含まれている 0.1Hz ~ 10Hz のノイズ・プロットについて説明します。これらのプロットがどのような方法で生成されているかを取り上げ、それらの重要性について説明した後、ゼロドリフト・アンプに比較して、標準的なアンプで長期間にわたって雑音測定した場合の違いについても説明します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): ノイズ - ラボ

これは、オペアンプの雑音について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 9 つのビデオの 9 番目です。このトレーニングでは、詳細な計算、SPICE を使用したシミュレーション、実際の測定という一式の作業を実施し、雑音に関する一連のビデオで確立した概念を非常に補足しています。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): Low Distortion Design(英語)

歪み - リニア回路の厄介な問題の 1 つです。何が原因で発生し、どのような方法で低減することができるでしょうか。

この一連のビデオでは、アンプ内部と外部コンポーネント由来の両方を含め、アンプ回路の歪みの生成源を紹介します。歪みを最小限に抑える設計の慣習についても説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 低歪み設計 1

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズ(英語)トレーニング・ビデオでは、歪みに関する一連のビデオの概要を示すほか、オペアンプの歪みに関連する重要なトピックの紹介と定義を行います。このシリーズの目的は、オペアンプ回路内に存在する歪みの原因について理解し、歪みを最小化する方法を学ぶことです。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 低歪みの設計 2

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズ(英語)トレーニング・ビデオでは、オペアンプの内部にある入力段に起因する歪みの生成源について説明し、差動入力信号の振幅がもたらす効果や、同相の制限、また同相電圧の関数として表現される入力インピーダンスに注目します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 低歪みの設計 3

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズ(英語)トレーニング・ビデオでは、内部の差動トポロジーがもたらす効果や、出力負荷とクリッピングも含め、オペアンプの内部にある出力段に起因する歪みの生成源について説明します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 低歪みの設計 4

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズ(英語)トレーニング・ビデオでは、抵抗、コンデンサ、電源インピーダンスなど、外部にある歪みの生成源について説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 安定性

設計した回路が高精度の DC 出力を生成し、最終的に発振回路として動作してしまったことがあるでしょうか。

このシリーズを視聴した後は、そのような動作が再発することを防止するためのあらゆるツールと情報を入手できます。このセッションでは、基本的な安定性に関する理論を扱い、SPICE を使用したシミュレーションにその理論を適用し、実際の回路を使用して実験を行います。オペアンプの安定性に関する一般的な問題の発生原因と、安定性を向上させるための一般的な補償技法とそれに関連するトレードオフについても学びます。

オペアンプの安定性の理論を取り上げ、その理論をもとに、TINA-TI 回路シミュレーションと、試験機器による実際の回路を使用した実験を行います。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 安定性 1

これは、オペアンプの安定性について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 7 つのビデオのうち最初のものです。オペアンプの安定性に関する一般的な問題の発生原因と、ラボで一般的に使用される機器を使って安定性に関する問題を特定する方法について説明します。

以降のビデオでは、ボード線図、安定性に関する基本理論、SPICE によるオペアンプの安定性のシミュレーション方法を取り上げ、特定の補償技法とソリューションの詳細分析について紹介します。

オペアンプの安定性に関するシリーズで先に進む前に、オペアンプの帯域幅に関する講義と問題のうち 1 ~ 3 を完了してください。帯域幅のシリーズでは、安定性の理論で使用するいくつかの重要な概念について詳細に説明している一方、安定性に関するビデオ・シリーズでは、これらの概念について簡潔に確認するのみです。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 安定性 2

これは、オペアンプの安定性について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 7 つのビデオの 2 番目です。直前のトレーニングでは、実稼働システムで発生する可能性のある、オペアンプの安定性に関する数種類の問題と、ラボでそれらの問題を識別する方法について説明しました。

このビデオでは、ボード線図について簡単に復習し、位相マージンと停止速度に関する分析を使用して、基本的な安定性に関する理論も確認します。このビデオ・シリーズで先に進む前に、これらの概念について徹底的に理解しておくことが重要です。先に進む前に、オペアンプの帯域幅に関する講義と問題のうち 1 ~ 3 を完了したことを確認してください。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 安定性 3

これは、オペアンプの安定性について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 7 つのビデオの 3 番目です。直前のトレーニングでは、実稼働システムで発生する可能性のある、オペアンプの安定性に関する数種類の問題と、ラボでそれらの問題を識別する方法について説明し、ボード線図と安定性に関する理論について確認しました。

このビデオでは、オープン・ループの SPICE シミュレーションを実行する方法を説明して、オペアンプ回路の停止速度と位相マージンを取得します。先に進む前に、オペアンプの帯域幅に関する講義と問題のうち 1 ~ 3 を完了したことを確認してください。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 安定性 4

これは、オペアンプの安定性について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 7 つのビデオの 4 番目です。これまでのビデオで、回路の位相マージンと rate of closure について説明し、SPICE を使用してそれらを測定する方法について解説しました。

このビデオでは、SPICE で間接的な位相マージン測定を行う方法について説明します。さらに、ベンチ(実際の回路)で時間ドメインと AC 周波数ドメインを測定することにより、間接的に位相マージンを割り出す行う方法について解説します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 安定性 5

これは、オペアンプの安定性について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 7 つのビデオの 5 番目です。直前のトレーニングでは、基本的な安定性に関する理論に関係する概念と、SPICE およびベンチで安定性に関する問題をテストしてシミュレートする方法について説明しました。このビデオでは、容量性負荷で安定性に関する問題が発生する理由について説明し、絶縁抵抗を使用して容量性負荷を補正する最初の手法を示します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 安定性 6

これは、オペアンプの安定性について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 7 つのビデオの 6 番目です。このトレーニングでは、デュアル・フィードバックによる安定性補正理論で使用する Riso について説明します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 安定性 - ラボ

これは、オペアンプの安定性について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 7 つのビデオの 7 番目です。このトレーニングでは、詳細な計算、SPICE を使用したシミュレーション、実際の測定という一式の作業を実施し、オペアンプの安定性に関する一連のビデオで確立した概念を補強します。

TI プレシジョン・ラボ - Electrostatic Discharge (ESD)(英語)

あっ!製作中の回路は、指先から発生する可能性のある数千ボルトの電圧からの保護を実装済みですか。

このシリーズでは、静電気放電つまり ESD が半導体部品にどのような方法で損傷を及ぼすか、またこれらのデバイス内にどのような種類の内部保護回路が搭載されているかを説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 静電気放電 ESD

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・シリーズ(英語)トレーニング・ビデオでは、静電気放電(ESD)を考察します。このビデオでは、ESD がどのような方法で半導体部品に損傷を及ぼす可能性があるかを説明します。また、半導体デバイスに内蔵されている内部 ESD 保護回路の詳細も示します。最後に、ESD 性能の特性を明らかにし、デバイスの堅牢性を理解するよう説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): Electrical Overstress (EOS)(英語)

おや、何か臭いがするようです。発煙しないことを目的とした"「スモーク・テスト」"が失敗したのはなぜでしょうか。

このシリーズでは、電気的オーバーストレスの原因と、電気的オーバーストレスに対する回路の堅牢性を向上させ、またテストする目的で使用できるいくつかの方法を取り上げます。このシリーズのすべての例ではオペアンプを使用した回路を示しますが、これらの方法は他の部品を使用した回路にも適用できます。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 電気的オーバーストレス(EOS)1

これは、オペアンプの電気的オーバーストレス(EOS)について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 4 つのビデオのうち最初のものです。このトレーニングでは、電気的オーバーストレスの原因と、電気的オーバーストレスに対する回路の堅牢性を向上させ、またテストする目的で使用できるいくつかの方法について説明します。このビデオのすべての例ではオペアンプを使用した回路を示しますが、これらの方法は他のデバイスを使用した回路にも適用できます。この後に続くビデオでは、部品の値を選択する方法の付加的な詳細や、電気的オーバーストレスに対する堅牢性を確認するために使用するテスト方法を示します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 電気的オーバーストレス(EOS)2

これは、オペアンプの電気的オーバーストレス(EOS)について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 4 つのビデオの 2 番目です。このトレーニングでは、双方向 TVS ダイオード、フェライト・ビーズ、RC フィルタなど、EOS 保護の目的で使用される複数のデバイスについて説明します。また、EOS 現象が発生したときに、オペアンプの内部入力保護と ESD 構造がどのように動作するかを説明します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 電気的オーバーストレス(EOS)3

これは、オペアンプの電気的オーバーストレス(EOS)について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 4 つのビデオの 3 番目です。このトレーニングでは、EOS 保護用の部品を選択する方法を示します。オペアンプのデータシートに掲載されている絶対最大値の仕様とアプリケーション回路の動作条件を使用して、適切な TVS ダイオードと電流制限抵抗を選択します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 電気的オーバーストレス(EOS)4

これは、オペアンプの電気的オーバーストレス(EOS)について考察する TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語)を構成する 4 つのビデオの 4 番目です。このトレーニングでは、ほとんどの一般的な種類の有害な電気的過渡現象によってデバイスがどのように損傷するか、またこのような過渡現象に対する製品の堅牢性を判定するために使用される標準的な試験について説明します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): Basics of Multiplexers(英語)

マルチプレクサのオン抵抗の平坦度が歪みに影響を及ぼす可能性があることはご存じでしたか。マルチプレクサのオン静電容量が入力信号の設定にどのように影響を及ぼすかをご存じでしょうか。

これらの質問に答えるほか、マルチプレクサの AC / DC 特性のように、需要が高いと思われるさまざまな情報を紹介します。

  • アンプ回路と組み合わせた場合、マルチプレクサのオン抵抗がゲインと非線形性にどのような影響を及ぼすかをご確認ください。
  • シミュレーションを使用して、マルチプレクサのオン静電容量が、マルチプレクサのセトリング動作にどのように影響を及ぼすか示します。
  • リーケージ電流がオフセット誤差にどのような影響を及ぼし、ソース・インピーダンスがこの問題にどのように影響するかを説明します。
  • チャージ・インジェクションがどのように誤差を引き起こす可能性があるか、また負荷静電容量の大きさによってこの問題がどのような影響を受けるかも示します。

このビデオ・シリーズでは、マルチプレクサの AC/DC 特性について説明し、詳細な問題と TINA-TI を使用した回路シミュレーションにより、理論を補強します。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): マルチプレクサ 1 - オン抵抗の平坦度とオン静電容量

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・トレーニング・ビデオ(英語)では、マルチプレクサのオン抵抗およびオン静電容量というパラメータの概要を説明します。オン抵抗がどのようにゲイン誤差と非直線性を引き起こす可能性があるか、またオン静電容量がマルチプレクサのセトリング動作にどのように影響を及ぼす可能性があるかを説明します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): マルチプレクサ 2 - リーケージ電流とチャージ・インジェクション

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・トレーニング・ビデオ(英語)では、リーケージ電流とチャージ・インジェクションの概要を説明します。高入力インピーダンスのデータ・アクイジション・システムにリーケージ電流がどのようにオフセット誤差を引き起こす可能性があるか、またマルチプレクサ・スイッチのオン/オフを切り替えるときにチャージ・インジェクションがどのように出力電圧誤差を引き起こすかを説明します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): マルチプレクサ 3 - 帯域幅、チャンネル相互間のクロストーク、オフ・アイソレーション、THD とノイズ

この TI プレシジョン・ラボ - Op Amps トレーニング・ビデオ(英語)は、マルチプレクサの帯域幅、チャンネル相互間のクロストーク、オフ・アイソレーション、THD とノイズの仕様に関する概要を示します。最初に、これらのパラメータがどのように定義および測定されているか説明し、次に、デバイスに関連する要因が、これらのパラメータにどのような影響を及ぼすか、またマルチプレクサの性能にどのような制限を加えるかを説明します。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): マルチプレクサ 4 - 電気的オーバーストレス

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・トレーニング・ビデオ(英語)では、マルチプレクサの電気的オーバーストレス条件の概要を説明します。このシリーズの目標は、電気的オーバーストレスによる損傷を引き起こす原因がどのようなものか、また外部部品を使用して損傷を防止する方法について理解することです。このビデオ・シリーズで注目しているマルチプレクサは、 MUX36S08 です。

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 電流帰還型アンプ

電流帰還型アンプとは何で、それが最善の選択肢になるのは システム設計がどのような状況のときですか?

この 2 部構成のシリーズでは、以下のような電流帰還型アンプの主な利点を学ぶことができます。

  • 閉ループ・ゲインに依存しない帯域幅、および
  • 非常に高いスルーレート

電流帰還アンプを対象にして、安定性分析とも呼ぶループ・ゲイン分析を実行する方法を学び、電圧帰還アンプのループ・ゲイン分析手法と比較します。最後に、これら 2 種類のアンプに関する包括的な要約を確認し、最終アプリケーションに適した最善のアンプを選択できるようになります。   

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 電流帰還アンプ - 概要と補償技法

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・トレーニング・ビデオ(英語)は、電流帰還アンプのアーキテクチャや、より一般的な電圧帰還アンプとの違いを説明します。  電流帰還型アンプを対象にして、安定性分析とも呼ぶループ・ゲイン分析を実行する方法を学び、電圧帰還型アンプのループ・ゲイン分析手法と比較します。このトレーニングは、電流帰還型アンプの独立したゲイン帯域幅についても検討します。この特性は、 電圧帰還型アンプに対する電流帰還型アンプの 2 つの主な利点の一方です。

 

TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ(英語): 電流帰還アンプ - スルーレート

この TI プレシジョン・ラボ - オペアンプ・トレーニング・ビデオ(英語)は、電流帰還アンプの内部トランジスタ構造を詳細に分析し、電流帰還アンプが非常に高いスルーレートを実現できる理由を説明します。  ノイズと電流帰還アンプの入力バイアス電流についても確認し、 最後に電流帰還型アンプと電圧帰還型アンプを比較し、それぞれの利点と欠点や、 システム設計にとってどちらが最適か判断する方法を説明します。