FPGA とプロセッサ向けパワー・マネージメント 

重要なメッセージ

2020 年 1 月 31 日をもって、TI.com や TIJ.co.jp はフラッシュ・ベースのツールのサポートを取りやめ、サポート終了 (EOL) の扱いとし、言い換えるとこれらのツールを HTML ベースのバージョンに置き換えます。2020 年 1 月 31 日より前に、必要なプロジェクトをこれらのツールからダウンロードしてください。代替ツールを検索し、影響を受けるツールの全リストを確認するには、TI E2E ™サポート・フォーラムの こちらの投稿をご覧ください。   

 

TI は、堅牢で多様な LDO、パワーモジュール、DC/DC スイッチ、PMIC を用いるとともに、使いやすいソリューションをシステム関連の専門知識と融合させることで、御社のプロセッサまたは FPGA 用の完璧な電源設定を見いだすために貢献します。

テキサス・インスツルメンツ

このサイトは、TI(テキサス・インスツルメンツ)の以下のファミリに対して推奨される電源を掲載しています。Sitara™、MSP430™、OMAP、C6000 など。

Xilinx

以下の Xilinx® FPGAs に対して推奨される電源:Kintex® UltraScale™、Virtex® UltraScale™、Virtex®-7、Kintex®-7、Artix®-7、Spartan®-6、Zynq® Ultrascale+™ MPSoC、Zynq®-7000 Extensible Processing Platform(EPP)など。

Altera(Intel)

以下の Altera® および Intel FPGA に対して推奨される電源:Stratix®、Cyclone®、Arria®、MAX®。

NXP

以下の NXP® プロセッサ・ファミリに対して推奨される電源:i.MX6S、i.MX6DL、i.MX53、Kinetis、QorlQ®。

Intel CPU

以下の Intel® CPU ファミリに対して推奨される電源:Broadwell、Denverton、SkyLake、IceLake、CoffeeLake、Avoton、Rangeley、Braswell、Baytrail。

その他のプロセッサ

以下のプロセッサ・ベンダに対して推奨される電源:Broadcom®、Cavium™、Barefoot、Innovium™。

主なプロセッサと FPGA 電源関連トレーニング

FPGA の DC 電圧精度および AC 負荷 過渡仕様に適合させる方法をご確認ください

FPGA 電源を設計するための DDR メモリ、PMBus 通信インターフェイス、主な設計上の考慮事項の詳細をご確認ください。

PMIC とディスクリート・アプローチの違い、および、SOC 電源装置の設計時に注意すべき仕様をご確認ください。

コンパニオン製品ラインアップ

システム状態を監視し、DDR コア電圧と終端出力電圧のレギュレーションを実行し、デジタル制御またはアナログ制御するアプローチによるパワーアップ / パワーダウン・シーケンシングを制御する幅広いデバイスを提供します。 

電圧スーパーバイザとリセット IC でシステムを保護します。

必要な電源レール数が 2 つしかない場合も、あるいは多数のレールが必要な場合でも、TI は多様なニーズに対応した電源シーケンス IC を提供しています。

実際のシステム要件に対応するため、リニア・レギュレータとスイッチング・レギュレータをベースとした DDR ターミネータを提供しています。