WEBENCH® Amplifier Designer

アンプ回路を迅速に設計

現在のエレクトロニクスにとって、アンプ回路は不可欠です。あらゆるシグナル・コンディショニング・システムは、アナログ回路全体で、ゲイン、フィルタリング、レベル・シフト、減算と加算のような機能を実装する際に、アンプ回路を必要とします。これらの回路の設計や検証は面倒なうえ、時間がかかります。

WEBENCH® Amplifier Designer を使用すると、アンプ回路ソリューションを短時間で設計、最適化、およびシミュレーションできるようになります。TI のさまざまなオペアンプや、TI のベンダ・パートナーが提供する受動部品を使用し、最適なアンプ回路設計を行うため、ぜひ、WEBENCH Amplifier Designer をご利用ください。

選択:非反転型、反転型、トランスインピーダンスなどの多様なトポロジーのいずれかを選択します。入力電圧と出力電圧、帯域幅、負荷条件のような性能の制約を指定します。

設計:最適なオペアンプを選択して、アンプ回路を設計します。提案されているオペアンプ・リストの中で、精度、ノイズ、温度ドリフト、電源電流、またはコストを調整する方法で、この作業を実行できます。抵抗/コンデンサの許容誤差として、理想的、0.1%、1%、2%、5% いずれかの値を指定できます。高感度、最小コスト、最小フットプリントを重視して、アンプ・トポロジーを最適化します。

分析:閉ループ周波数応答、ステップ応答、正弦波応答、ノイズ、ループ・ゲイン/位相遅延とグループ遅延の分析オプションを使用して SPICE 電気特性シミュレーションを実行することで、設計を分析できます。

このツールの使用開始に関するステップバイステップの説明を確認するには、Amplifier Designer(英語)をご覧ください。  

お客様のフィードバックを WEBENCH E2E コミュニティまでお寄せください。
他のヘルプの利用
TI の免責事項