WEBENCH® Interface Designer

高速インターフェイス回路のシグナル・インテグリティを迅速に最適化

WEBENCH® Interface Designer では、テキサス・インスツルメンツの最新インターフェイス製品を使用して、システム要件に最適化されたインターフェイス・ソリューションを作成できます。Interface Designer は、高速シリアル・インターフェイス・システムの新規作成にも、既存システムのシグナル・インテグリティ向上にも使用できます。

WEBENCH Interface Designer の主な機能:

  • 高速シリアル・インターフェイスの新規システムを簡単に作成
  • 既存設計のシグナル・インテグリティを分析し、向上
  • 要件に合った適切なインターフェイス・デバイスを選択

Interface Designer の信号フロー・ダイヤグラム・ページは、高速インターフェイス・システムの動作を示す信号フロー・ダイヤグラムを構成する際に役立ちます。信号フロー・ダイヤグラムを構成すると、システムの基準に基づいて  Visualizer 上で TI インターフェイス製品を選択できるようになります。選択の基準は、工業標準仕様またはカスタム仕様に合わせて調整できます。

採用したいインターフェイス製品を選択すると、先進的なシグナル・インテグリティ分析ツールである Analyzer によって、選択したソリューションの性能検証が行われます。Analyzer を使用すると、システ
ムのチャネル動作を再現し、そのシステムで最善のシグナル・インテグリティを達成するために有効な製品を選択したかどうかを検証することができます。また、Analyzer では、システムのシグナル・インテグリティを向上するための最適な設定内容を特定することも可能です。

Interface Designer の使用をすぐに開始するには、設計の手順を参照してください。
詳細を確認するには、Interface Designer の主な機能を参照してください。


どうぞ、今すぐ信号フロー・ダイヤグラムを構成してインターフェイスの設計をお始めください。

設計の手順:

1.信号フロー・ダイヤグラムを構成します
信号フロー・ダイヤグラムを構成し、システムの最大データ・レートを指定してください。その後で「インターフェイスの設計を開始」をクリックすると、「入力選択」画面に進みます

WEBENCH Interface Designer

2.部品選択の基準を入力します


注:ヘルプを表示する場合、「?」マークをクリックしてください。

WEBENCH Interface Designer

3.トランスミッタを選択します(必要な場合)

WEBENCH Interface Designer

4.シグナル・コンディショナを選択します(必要な場合)

WEBENCH Interface Designer

5.レシーバを選択します(必要な場合)

WEBENCH Interface Designer

6.「シミュレーションに進む」ボタンをクリックし、シグナル・インテグリティ分析を実行します

WEBENCH Interface Designer

7.シグナル・インテグリティ分析のトランスミッタとシュミレータの設定を構成します

WEBENCH Interface Designer

8.トランスミッタの設定を変更します

WEBENCH Interface Designer

ヒントには、パラメータ設定作業の指針が表示されます

9.アップストリーム・チャネルを設定します

WEBENCH Interface Designer

10.チャネルに変更を加えます

左側でカスタム・チャネルをアップロードまたは取得します 長さまたは損失に基づき、右側でチャネルを選択します

WEBENCH Interface Designer

11.その他の部分を設定します

WEBENCH Interface Designer

12.「シミュレーションを実行」をクリックし、シミュレーションを開始します

WEBENCH Interface Designer

13.シミュレーションが進行するに従って、ストリーミング・アイ・ダイヤグラムが随時更新されます

WEBENCH Interface Designer

14.いずれかの基準アイ・マスクを使用するか、または…

WEBENCH Interface Designer

…カスタム・アイ・マスクを作成します三角形のマスクを作成したい場合は、2 つの辺に同じポイントを割り当てることもできます

WEBENCH Interface Designer

以上を実行することで、実際に動作するソリューションができあがります

WEBENCH Interface Designer

主な機能:

1.スコア:すべての部品には、イコライゼーションの相対的な強弱に基づくスコアが設定されています。よりイコライゼーションの強い部品、弱い部品をシステムのニーズに応じて選択し直す作業が簡単にできます

WEBENCH Interface Designer

2.BER の外挿:BERの外挿によって BER 時の性能を推定でき、シミュレーションの所要時間を短縮できます。100 万ビット(3 分)のシミュレーションを実行し、BER 外挿を使用して @BER-12 の性能を見積もると、1012 ビット(2 時間)のシミレーションを代替することができます

WEBENCH Interface Designer

3.高解像度アイ・ダイアグラム:アイ・ダイアグラム表示には HD 表示と SD 表示が可能です。

WEBENCH Interface Designer

4.チャネル・ビューア:特定チャネルの詳細な特性を表示できます。

WEBENCH Interface Designer

5.「History」タブ:過去に実行したシミュレーションの設定内容や結果を参照できます。また、シミュレーションの PDF レポートを作成できます

WEBENCH Interface Designer

お客様のフィードバックを WEBENCH E2E コミュニティまでお寄せください。
他のヘルプの利用
TI の免責事項