WEBENCH® Filter Designer

アクティブ・フィルタを迅速に設計

アクティブ・フィルタは現代の電子機器において不可欠です。すべてのデータ・アクイジション・システムにおいて、ADC 前段のアンチエイリアス・フィルタとして、または DAC 後段のアンチイメージング・フィルタとして、帯域幅を制限した信号を得る目的でアクティブ・フィルタが必要とされるからです。また、計測機器では、正確な信号測定のためにアクティブ・フィルタが使用されます。1Hz 未満から 10MHz の範囲のカットオフ周波数の場合には、部品仕様値やサイズが大きくなりすぎ、パッシブ・フィルタが使えないために、アクティブ・フィルタが使用されます。その設計や検証は面倒なうえ、時間がか
かります。

WEBENCH® Filter Designer を使用すると、包括的なマルチ・ステージ・アクティブ・フィルタ・ソリューションを短時間で設計、最適化、シミュレーションできるようになります。TI のさまざまなオペアンプや、TI のベンダ・パートナーが提供する受動部品を使用し、最適なフィルタ設計を行うため、ぜひ、WEBENCH Filter Designer をご利用ください。

選択:Lowpass(ローパス)、Highpass(ハイパス)、Bandpass(バンドパス)、Bandstop(バンドストップ)の各フィルタ・タイプから選択できます。減衰、グループ遅延、ステップ応答に対する性能制約を指定できます。チェビシェフ、バターワース、ベッセル、6dB のトランジッショナル・ガウシアン、12dB のトランジッショナル・ガウシアン、リニア位相 0.05°、リニア位相 0.005° などのさまざまなフィルタ応答から選択できます。次に、パルス応答、セトリング・タイム、最小コスト、パスバンド・リップル、ストップバンド減衰の最適化により、設計に最適なフィルタ応答を決定します。

設計:サレンキー、複数フィードバック、ベインターの各トポロジーを使用してフィルタを設計できます。ゲイン帯域幅、電流、コストなどのパラメータを評価することで、設計に最適なオペアンプを選択できます。抵抗/コンデンサの許容誤差として、理想的、0.1%、1%、2%、5% いずれかの値を指定できます。ユーザー定義のコンデンサのシード値を使用して実験を実行できます。高感度、最小コスト、最小フットプリントを重視して、フィルタ・トポロジーを最適化します。

分析:閉ループ周波数応答、ステップ応答、正弦波応答の分析オプションを使用し、 SPICE 電気特性シミュレーションを実行することで、設計を分析できます。

このツールの使用方法に関するステップバイステップの説明を確認するには、Filter Designer(英語)をご覧ください。

お客様のフィードバックを WEBENCH E2E コミュニティまでお寄せください。
他のヘルプの利用
TI の免責事項