WEBENCH® Power Architect

多層、マルチレールの迅速な電源回路設計を実現

WEBENCH® Power Architect を使用すると、任意の数の電力供給源や出力に対応できる、包括的な電源システムの設計とシミュレーションを迅速に実行できます。電源システム全体の最適化により、基板面積の低減、効率の向上、コストの低減も可能にします。Power Architect に関するステップバイステップの説明をご覧ください。

Power Architect の派生版

  • FPGA Power Architect
  • Processor Power Architect
  • System Power Architect

Power Architect の製品サポート:

  • コントローラとレギュレータ
  • DDR レギュレータ
  • PMU Power Architect
  • }シーケンサとロード・スイッチ

Power Architect の使いこなしに関するヒント

特定用途向け:

FPGA Power Architect

Power Architect は、FPGA 向けの電源回路の迅速なモデル作成と最適化を可能にします。500 種類以上の FPGA に関する詳細な電源要件と、複数の負荷とシーケンシングに関する固有の要件に対応しており、高精度の電圧変換を可能にします。  

Processor Power Architect

このツールは、ARM® と DSP プロセッサ、マイコンの電源要件に対応しています。また、リップル、ノイズ・フィルタリング、リップル感度、シーケンシング、同期、電源電圧の分離に関するデータも収録しています。

System Power Architect

複数出力で高性能の DC/DC 電源およびホット・スワップ機能に対応した絶縁型電源の製作、最適化、実装を迅速に行います。WEBENCH System Power Architect は、信頼性が極めて高く、カードのエッジの電源入力部分から最小の POL に至るまでをカバーする包括的な電源システムの構築と最適化を可能にします。  

製品サポート:

コントローラとレギュレータ

Power Architect は、電源システムの各電圧レールの電圧変換に対し、Power Designer の持つ様々な強力な機能も提供します。Power Architect は数百種類のレギュレータ、コントローラ、モジュール、LDO に対応した迅速な電源回路設計を可能にし、効率、コスト、サイズの面で極めて厳しい要件を満たします。降圧、昇圧、SEPIC、昇降圧、反転、フライバック、Fly-Buck™ などの様々な電源トポロジの選択も可能です。最適化、BOM(部品表)の変更、電気特性シミュレーション、熱特性シミュレーション、エキスポートなど、 Power Designer が持つすべての機能をシステム電源の各電圧レールで利用できます。

DDR レギュレータ

WEBENCH Power Architect は DDR もサポートしており、DDR のタイプに応じて適切な標準電圧の印加を可能にします。これにより、実際の負荷駆動に必要な電流供給を実現できます。Power Architect は、DDR のすべての要件を満たすカスタム・ソリューションも提供することから、設計の際のデータシートを使った複雑な作業は過去のものとなります。

インストラクションについては、こちらをクリック

PMU Power Architect

PMU を使用する電源回路設計を最適化します。複雑な電源の使用を容易にし、複数の負荷に対応した様々なオプションの迅速な比較を可能にすることから、プロセッサと FPGA のための電源回路設計をシンプルにすることができます。  

シーケンサとロード・スイッチ

Power Architect がシーケンサとロード・スイッチにも対応するようになったことから、実際のニーズを満たす、複雑なスタートアップ・シーケンシングによる電源ツリー構造の構築が可能になりました。シーケンサやロード・スイッチに対応した Power Architect は、FPGA とマイクロプロセッサのホストに対するプリ・ロード・タイミング・ダイアグラムを通じて、適切なスタートアップと初期化を可能にします。これにより、入出力の電気的特性について、一々データシートを調べる必要がなくなり、設計時間の短縮が可能になりました。  

お客様のフィードバックを WEBENCH E2E コミュニティまでお寄せください。
他のヘルプの利用
TI の免責事項