DLP 製品

TI DLP® 近赤外線(NIR)

光学センシングと産業用の大出力画像処理アプリケーションに最適な高い性能

近赤外線(NIR)製品は、700 ~ 2500nm の波長に合わせて最適化されています。 高い信号対ノイズ比(SNR)を実現し、NIR 分光器の単一センサ設計で、プログラマブルな波長選択を実現できます。DLP チップは、機器のプリンティング、マーキング、焼結で使用されている高精度の露光エンジン向けの大出力 NIR レーザーと組み合わせることもできます。  これらのデバイスは、NIR 構造化光パターンを使用する非接触型の 3D スキャンにも使用できます。

レーザー光コントロール

  • 950 ~ 1150nm のスペクトルで 160W の照量をサポートします
  • 100 万ポイントの大出力レーザー光を制御します
  • 均一な光出力ディストリビューションを実現します

高 SNR

  • リアルタイム・システム・チューニング
  • アダプティブなスキャン・パラメータ
  • NIR 波長で最大 96% の光学透過率

モバイル・センシング

  • ポータブル / バッテリ駆動システム
  • ネットワーク・コネクティビティ・ソリューションと互換
  • 食品、農業、医療などのアプリケーション

技術資料

DLP ポートフォリオ全体について学び、お客様の設計に最適なチップセットを選択するためには、TI のセレクション・ガイドをご覧ください。

DLP テクノロジーが産業用の大出力 NIR レーザー・システムを改善する方法詳細はこちら

分光器は、物質がさまざまな波長光の吸収や放射を行う際に発生する変化を通じて、物質の認識や、特性の決定を行います。光の放射と光の吸収のいずれについても、固体、液体、気体、プラズマなどさまざまな物理的形態に適用できます。