DLP 製品

DLP 製品 – はじめに

マイクロミラーの動作、高性能画像処理向けチップの選択法について解説しています。また、リファレンス・デザイン、サード・パーティーのソリューションや E2E エンジニアリング・サポートにより、設計期間の短縮が可能になります。

DLP 技術の仕組み

DLP チップセットは反射率の高いアルミニウム製マイクロミラー・アレイのデジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)などの主要部品で構成されています。DMD は、電気入力/光出力の Micro-Electrical-Mechanical Systems(MEMS)技術で、高速、高効率、高信頼性の空間光変調を実現します。TI の定評ある半導体製造能力を活用し、各 DMD は関連 CMOS メモリ・セル上部に組み込まれた最大 800 万個の個別制御マイクロミラーを使用しています。

動作中に、DMD コントローラは基盤となる各メモリ・セルに 1 または 0 をロードします。次に、ミラー・リセット・パルスを印加します。このパルスにより、各マイクロミラーはヒンジ部を中心にプラスマイナス数度という角度の状態に静電的に偏向されます。ばねの先端 2 箇所で物理的に止めるため、この 2 つの有効な状態の偏向角度は極めて高い再現性を持っています。

  • プロジェクション・システムでは、プラス数度の状態は「オン」ピクセルに対応し、マイナス数度の状態は「オフ」ピクセルに対応します。各ミラーのオン/オフ・デューティ・サイクルのプログラミングにより、グレイスケール・パターンを生成できます。また、フル RGB カラー・イメージ生成のため、複数の光源は多重化が可能です。
  • その他のアプリケーションでは、プラスマイナス数度の状態によって、あるパターンとその逆のパターンという 2 個の汎用出力ポートを提供します。

TI の DLP 製品ラインアップは、±12° の状態と、±17° の状態を実現します。最新の TRP マイクロミラー・アーキテクチャは、±17° の状態も採用しています。この最新アーキテクチャは、良好な輝度と電力効率を必要とするポータブル機器に最適な、より小型の DMD を実現できることから、魅力的な選択肢を提供します。

DLP マイクロミラー
Pico ディスプレイ向け DMD とデジタル・シネマ向け DMD
-17 度の状態にある DLP TRP マイクロミラー
-17 度の状態にある DLP TRP マイクロミラー
+17 度の状態にある DLP TRP マイクロミラー
+17 度の状態にある DLP TRP マイクロミラー

DLP テクノロジーを選択する理由

  • 開発努力とお客様との連携により、数千種類の製品の商業化に成功
    • 鮮明で明確な画質を従来型ディスプレイ新規のディスプレイ・アプリケーションの両方で実現
    • さまざまな産業用および車載製品に取り組むイノベーターから高い信頼を獲得
    • 採用されている DLP テクノロジーの基盤となった DLP Cinema® テクノロジーは、Academy Award®(アカデミー賞)を獲得しています。* さらに、プロジェクションの分野で非常に高い評価を受けており、すでに世界のデジタル・ムービー上映館の 10 館中 8 館で採用されています。
  • 強力でフレキシブルなチップセットは、最大 60Gbps のピクセル・データ・レートで、数百万個のミラーを高速、高精度制御
  • オンラインのリファレンス・デザイン、評価モジュール、ソフトウェア、E2E コミュニティ・サポート、デザイン・ネットワークによるソリューションなど、設計プロセスを容易にする豊富なサポート・リソース

* DLP Cinema プロジェクションに使用されるデジタル・マイクロミラー(DMD)テクノロジーの発明に対して、ラリー・ホーンベック博士に 2014 Academy Award® of Merit(2014 年アカデミー賞)が授与され、Oscar® 像が贈呈されました。

        

 

 

DLP 制御
数百万個のミラーの高精度、高速制御を実現

DLP チップセットの構成部品

DLP チップセットは、関連 DMD の最大パターン・レート取得機能や、外部センサ、カメラ、モーターなどのデバイスとパターン・ディスプレイを同期する機能を備えています。さらに、マイクロミラーを、さまざまな動作条件に応じて信頼性の高い方法で駆動するための TI のノウハウをご利用できます。

DLP チップセットの簡略化されたブロック図
DLP チップセットの簡略化されたブロック図

DLP チップセットの構成部品

  • DMD – デジタル・マイクロミラー・デバイス
  • DMD コントローラ – マイクロミラーを高速に制御するための便利なインターフェイスを提供
  • DMD マイクロミラー・ドライバ – アナログ・クロックとリセット信号を供給
  • 構成 PROM – 選択した DMD コントローラを構成(プログラム済み IC として販売中、またはダウンロード可能なファームウェアとして提供)

設計に最適な DMD を検索

TI は、さまざまな解像度、アレイ・サイズ、マイクロミラー・サイズ、マイクロミラー傾斜角、波長に対応する幅広い DLP チップセット製品ラインアップを提供しています。以下の表で、実際のディスプレイに最適な DMD や、高度な光制御ソリューションに最適な DMD の選択が可能です。

すべて展開するすべて折り畳む

ディスプレイの解像度

WVGA 720p XGA WXGA 1080p WQXGA 4K UHD
DLP2010 DLP3010 DLP5500 DLP4500 DLP4710 DLP9000 DLP660TE
DLP3000   DLP7000 DLP4501 DLP6500    
DLP2010NIR   DLP7000UV DLP4500NIR DLP9500    
        DLP9500UV    
        DLP3310    

最大パターン・レート、8 ビット

60Hz 120Hz 240Hz 240 ~ 500Hz 1700 ~ 1900Hz
DLP4710 DLP3000 DLP2010 DLP9000 DLP9500
  DLP4500 DLP2010NIR DLP6500 DLP9500UV
  DLP4500NIR DLP3310 DLP5500 DLP7000
  DLP3010 DLP660TE   DLP7000UV
  DLP4501      

波長

紫外線 可視線 近赤外線
363 ~ 420nm 400 ~ 700nm 420 ~ 700nm 700 ~ 2500nm
DLP7000UV DLP6500 DLP2010 DLP2010NIR
DLP9500UV DLP7000 DLP3010 DLP4500NIR
  DLP9000 DLP4501  
  DLP9500 DLP4710  
    DLP3000  
    DLP4500  
    DLP5500  
    DLP3310  
    DLP660TE  

アレイ対角

0.2” 0.3” 0.4” 0.5” 0.6” 0.7” 0.9”
DLP2010 DLP3000 DLP4500 DLP5500 DLP6500 DLP7000 DLP9000
DLP2010NIR DLP3010 DLP4501   DLP660TE DLP7000UV DLP9500
  DLP3310 DLP4710       DLP9500UV
    DLP4500NIR        

マイクロミラーのピッチと傾斜角

5.4µm、±17° 7.6µm、±12° 10.8µm、±12° 13.6µm、±12°
DLP2010 DLP3000 DLP5500 DLP7000
DLP3010 DLP4500 DLP9500 DLP7000UV
DLP4710 DLP4501 DLP9500UV  
DLP2010NIR DLP4500NIR    
DLP3310 DLP6500    
DLP660TE DLP9000    

使用する DMD に最適なチップの検索