<Portal title - not authored>

革新の歴史:TI の DLP® 製品

DLP テクノロジーの歴史
ラリー・ホーンベック博士

TI は、以前には想像できなかった精度と速度で光の操作を可能にするオール・デジタル光学デバイスに関するラリー・ホーンベック博士のビジョンを現実のものにするため、1993 年に DLP 製品事業部を開設しました。 

エレクトロニクス・メーカー、科学者、エンジニアが、デジタル・シネマやホーム・エンターテインメントから、光ネットワークや DNA 合成まで光操作アプリケーションの革新を推進できるように、TI の DLP® 製品事業部は、各種ディスプレイ製品とセンシング製品を製作しています。

技術革新の歴史

1987 年:ラリー・ホーンベック博士は、DLP チップとして知られるデジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)を考案

1996 年:最初の商用 DLP プロジェクタ・システムを出荷。ポータブル性能が非常に高い、重さ 6 ポンド(2.7kg)プロジェクタを実現

1998 年:「Award for Outstanding Achievement in Engineering Development」(エンジニアリング開発に関する傑出した業績に対する賞)として、DLP 製品事業部に対して最初の Emmy®(エミー賞)を受賞(DLP Cinema® が対象)

2004 年:DLP 製品事業部が世界全体で No.1 の MEMS サプライヤに躍進

2009 年:コンシューマ・デバイスが、DLP® Pico™ テクノロジーを搭載して世界各地への出荷を開始 2012 年:新しい DLP 開発キットが出荷され、デベロッパーは従来とは異なる市場に DLP チップを組み込むことが可能に

2013 年: DLP 製品事業部は、デジタル・コンソールおよびヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)に関する構想で自動車用のディスプレイを推進

2014 年:世界中の 118,000 以上のシアター・スクリーンは、DLP Cinema 製品を採用 2015 年:ヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)アプリケーション用途で最初の車載認定済み DLP チップセット

2015 年:DLP Cinema® プロジェクションに使用されるデジタル・マイクロミラー(DMD)テクノロジーの発明に対して、ラリー・ホーンベック博士に 2014 Scientific and Technical Academy Award® of Merit(2014 年アカデミー科学技術賞)が授与され、Oscar® 像が贈呈

技術革新により市場 No.1 の地位を確保してきた歴史

  • 最初のデジタル・シネマ
  • 最初のデジタル・メインストリーム・プロジェクタ
  • 最初のポータブル・プロジェクタ
  • 最初の1st 720p および 1080 の TV とプロジェクタ
  • 最初のフィルタ・フリー・プロジェクタ
  • 最初の 3D デジタル・シネマ、デジタル TV、デジタル・プロジェクタ
  • 最初の多原色採用プロジェクタ
  • 最初の ピコ・プロジェクタ
  • 最初の 40,000 ルーメン超過プロジェクタ・テクノロジー
  • 最初のインタラクティブ・プロジェクタ
  • 最初の携帯電話 / スマートフォン統合型プロジェクタ
  • 最初のシネマ用高フレーム・レート