インターフェイス

ESD 保護と TVS サージ・ダイオード &概要

ESD / サージ・イベントに対する保護ソリューションの包括的な製品ラインアップ

超低容量 ESD

以下の 10Gbps 以上のインターフェイスをサポートするディスクリート ESD 保護デバイスUSB Type-C™、USB 3.1 / 3.0、HDMI 2.0、10Gb イーサネット、Thunderbolt 2.0、MHL

低容量 ESD

以下の 6Gbps 以下のインターフェイスをサポートするディスクリート ESD 保護デバイスHDMI® 1.4 / 2.0、USB 3.0、1Gb イーサネット、PCIe、DisplayPort、SATA

汎用 ESD

以下をサポートするディスクリート ESD 保護デバイス:プッシュ・ボタン、USB 2.0、10 / 100Mb イーサネット、 RS-232 / 485、LVDS、オーディオ

フラットクランプ・サージ保護ダイオード

電源レール、 4 ~ 20mA 電流ループ、 IO-Link 、フィールド・トランスミッタ、アナログ I/O 、デジタル I/O をサポートするディスクリート・サージ保護デバイス

主な ESD 製品

ESD204

4 チャネル、低容量のサージおよび ESD 保護ダイオード

ESD321

低容量(1pF 未満)、0402 パッケージ封止、1 チャネル、30kV ESD 保護ダイオード

ESDS314

データ・ライン・サージ / ESD 保護ダイオード・アレイ

主なリソース

システム・レベルの ESD 保護ガイド

このセレクション・ガイドは、ESD ストライクによって引き起こされる重大なシステム障害のリスクを特定の ESD デバイスがどのように低減するかを簡単に説明します。

効率的なシステムの保護に最適なフラットクランプ・サージ保護テクノロジー

このペーパーでは、サージ保護規格の概略を示し、フラットクランプ・テクノロジーについて説明し、TI のフラットクランプを実装してシステムの堅牢性を向上する方法の例を示します。

インターフェイス保護を使用した設計の開始

このトレーニング・ページでは、ESD とサージ保護機能の設計上の考慮事項に関する、簡潔でわかりやすいビデオをいくつか紹介しています。章ごとに分かれているモジュールを使って、自分のペースで学習することができます。

TI の BOM(部品表)とクロスリファレンス・ツール

ご注意: このツールから入手可能な推定値と情報は、さまざまな情報源から取得したカタログ情報に基づいて自動的に生成されるものです。この情報は、「現状のまま」の状態で、お客様の利便性を図る目的でのみ、提供されるものであり、誤り、不正確、不完全な情報が存在した場合でもテキサス・インスツルメンツはその責任を負いません。(1) お客様のアプリケーションに適した TI 製品の選定、(2) お客様のアプリケーションの設計、検証、試験、(3) お客様のアプリケーションが適用される各種規格や、その他のあらゆる安全性、セキュリティ、またはその他の要件を満たしていることを確実にする責任を、お客様のみが単独で負うものとします。このツールを使用することにより、送信されるどの情報も機密情報ではないこと、及びマーケティング、サポート、並びに TI のツールや製品や割引の強化 / 拡充を目的として、制限なく、TI がその情報を使用するか、TI のためにその情報を使用しても良いことの双方につき、お客様が同意したものとします。さらに、このツールとこの Web サイトの使用に対して、使用条件、 プライバシーポリシー、および関連する他のポリシーが適用されることに、お客様が同意したものとします。