インターフェイス

USB Type-C と USB power delivery(PD) – はじめに

USB Type-C とは

USB Type-C は、最新の規格です。この規格は、小型フォーム・ファクタのコネクタを活用し、上下反転可能なプラグと向きを反転できるケーブルを実現します。電力供給側が 0.5A ~ 3.0A の範囲で電流を動的に管理できるようになったことから、電力供給能力が 15W に拡大されました。データ速度は 10Gbps に高速化されました。また、USB パワー・デリバリがサポートされ、ネゴシエーション可能な電力が最大 100W に達しました。USB Type-C は Alternate Mode(代替モード)、DisplayPortTM、従来のバージョンとの下位互換性などの機能を提供し、新たな次元の性能を実現しています。 

詳細については、以下のリソースを参照してください。

タイトル
概要
種類
Getting Started with USB Type-C(英語) この 3 分半のビデオでは、USB Type-C 規格の概要を説明し、ピン配置の対称性を理解する方法を実例とともに紹介するだけでなく、低/高電力アプリケーション用の要件も解説しています。 ビデオ
How to Select the Right USB Type-C Signal Switches(英語) シグナル・スイッチにはUSB と USB + ビデオの 2 種類があります。両者の詳細、およびお使いのアプリケーションに最適なデバイスを選択する方法をご確認ください。 ブログ
Improving Energy Efficiency By Converting from Type A to Type-C(英語) Type-C の採用が進む中、システムの定義担当者がポートの変更についてその長所と短所を評価しています。このブログでは、USB 2.0 と USB 3.1 データ・システム(5V のみ)の例を紹介しながら、検討すべきポイントを説明しています。  ブログ
Circuit Protection for USB Type-C(英語) 新しい USB 規格の設計者は、Type-C の利点のほか、システム・レベルのリスクも目のあたりにしています。このホワイト・ペーパーでは、保護デバイスを使用したフィールド故障の可能性の低減方法について説明しています。  ホワイト・ペーパー

USB パワー・デリバリ

USB パワー・デリバリは、新しい USB-C 規格と新しいケーブルを活用する単一ケーブル・プロトコルです。USB Type-C ポートは、ソース(給電側)、シンク(受電側)、またはそれら両方の役割を果たすことができます。PD ネゴシエーションにより、デバイスはアプリケーションごとに最適なレベルの電力を供給することができます。このプロトコルにより、USB の電力供給能力は最大 100W(20V、5A)に拡張されました。また、PD プロトコルを使用してデータと動画の容量および送信方向のネゴシエーションを行うことにより、高速データ伝送能力が実現しています。USB-C ポートは、USB デバイス(ペリフェラル)として送信を行う UFP(Upstream Facing Ports、上流側ポート)、USB ホストとして送信を行う DFP(Downstream Facing Ports、下流側ポート)、または UFP と DFP の両方を兼ねる DRD(Dual Role Data Port、デュアル・ロール・ポート)いずれかの役割を果たすことができます。代替モードにより、DisplayPortTM などのゲスト・プロトコルも可能です。

詳細については、以下のリソースを参照してください。

タイトル
概要
種類
USB Type-C およびパワー・デリバリの概要 このビデオの導入部分は Type-C について知らない、またはあまり知らない方に最適である一方、USB PD の新しい電力要件についても詳しく説明されています。  ビデオ
A primer on USB Type-C and Power Delivery Applications and Requirements(英語) このホワイト・ペーパーでは、USB データの進化のほか、複数のアプリケーションのさまざまな電力/データ機能要件について説明しています。  ホワイト・ペーパー
Alternate Mode: Going Beyond USB(英語)  10G リニア・リドライバ・スイッチを使用した代替モードおよび高品質のデータとビデオを実現する方法を説明しています。  ホワイト・ペーパー
Fully Integrating your USB Type-C Power Path(英語) この短い CES デモ・ビデオでは、TI の Type-C ソース/シンク・アプリケーションのソリューションをいくつか紹介するほか、「高速な役割交代」機能についても簡潔に説明しています。 ビデオ
How to Properly Evaluate Type-C and PD Products with TI’s Current Generation EVM(英語) TPS6598x ベースの評価モジュール・シリーズは、市場において他にはない統合型
PD コントローラ用評価モジュールです。目的のアプリケーションの開発を開始するための
デフォルト構成、構成オプションなどの使用方法について
詳細をご確認ください。
アプリケーション・ノート

最新のビデオ

Type-C のエキスパートによる最新のトレーニング・ビデオおよびデモ・ビデオをご覧ください。 

最新のブログ

TI の Type-C チームやパワー・デリバリ・チームのエンジニアから Type-C の動向と技術的な課題について詳細を学ぶことができます。 

BLOG

USB Type-C に関するブログ


E2E フォーラム

技術的な疑問をお持ちの方はE2E フォーラムに投稿することで、製品に詳しい相手から迅速な回答が得られます。 

e2e

USB Type-C の設計サポート

エンジニア間の質疑応答、知識の共有、アイデアの提供、問題の解決をサポートしています。ぜひご活用ください。