アイソレーション

絶縁ソリューション

堅牢で信頼性の高いシステム動作を実現するための高電圧絶縁

デジタル・アイソレータと、デジタル・アイソレータ + 電源

絶縁バリアにまたがって最大 100Mbps のビット・ストリームを送信することを目的とした、電源内蔵型を含む、強化絶縁型と基本絶縁型のアイソレータ

Search products:

絶縁型インターフェイス

通信バスからマイコンへのデジタル・インターフェイスを絶縁するために使用

Search products:

絶縁型ゲート・ドライバ

MOSFET、IGBT、SiCFET の各ゲートの高効率充電を可能にする強化絶縁型と基本絶縁型のゲート・ドライバです。

Search products:

絶縁型 ADC とアンプ

制御 / 計測アプリケーションの高電圧ノードで V / I パラメータを絶縁および監視するための絶縁型 DS 変調器と絶縁型アンプです。

Search products:
<Section CTA Link - not authored>
<Horizontal Rule is not displayed>

絶縁とは:

絶縁とは、高電圧回路と低電圧回路の間でデータと電力を伝送すると同時に、これら 2 つの回路間で有害な DC 電流や制御されていない過渡電流が流れる現象を防止するための手段です。&TI は、基本型と強化絶縁型のいずれの絶縁機能も提供しています。

  • 基本絶縁型:デジタル・アイソレータまたはオプトカプラを使用した、規格準拠の最小強度の絶縁バリアです。安全規格によると、故障が発生した場合でもあらゆるヒューマン・マシン・インターフェイスを保護するため、基本的な絶縁回路に対して、別の基本的な同等回路、または補助的なパッシブ・バリアを追加する必要があります。
  • 強化絶縁型:1 つのバリア内で同等の絶縁機能を二重に組み合わせていることから、高電圧システムで広く採用されています。強化絶縁機能を採用した絶縁型センシング・システムは、高精度で消費電力を最適化したフロント・エンドを内蔵しており、消費電力の低減と効率の向上が可能です。
isolation-series-cap
when-to-isolate

絶縁が必要なケース:

以下のケースで、絶縁が必要になります。

  • 機器の損傷や人体にとって有害な影響をもたらす可能性のある高電圧のサージからの保護や、そのようなサージに耐えることが求められる場合
  • 複数のグランド間で電位の大幅な違いを許容できるようにする場合、また大きなエネルギーを使用する回路間や長距離にわたって隔てられている回路間で分離型のグランド・ループを許容できるようにする場合
  • 高電圧モーター / インバータ・ドライブ・システム、スイッチ、計測の各アプリケーションで、高電圧側コンポーネントとの通信を信頼性の高い方法で実施しようとする場合

関連製品

2.25V ~ 5V DC で動作するロー・プロファイルのセンター・タップ付きトランスを駆動するための低ノイズのプッシュプル・トランス・ドライバです。

小型で低コストの絶縁型 DC/DC コントローラとコンバータは、10 ~ 300W を出力する、より小型でより効率の良い高電圧電源システムを実現できます。

シグナル・チェーン、産業用制御、データ・アクイジションなどで、ノイズ耐性やグランド・ループ防止のために絶縁を必要とする場合、 1W / 2W の絶縁型 DC/DC モジュールを利用できます。

<Section Title - not authored>

技術資料

エンジニア間の質疑応答、知識の共有、アイデアの提供、問題の解決をサポートしています。ぜひご活用ください。

システムの迅速な評価とカスタム化を可能にするボード / システム・レベルの包括的なリファレンス・デザイン

アイソレータのシステム設計に関するさまざまなトピックをカバーした TI のブログです。