マイコン(MCU)

SimpleLink MSP432P4 低消費電力マイコン

最大 2MB のフラッシュを搭載した最小消費電力の Arm® ベース・マイコン


超低消費電力

48MHz 動作の Arm® Cortex®-M4F CPU を搭載した超低消費電力マイコンを採用して、システム消費電力を最小に抑えると同時に、性能を向上させましょう


高精度

高精度 16 ビット逐次比較型 A/Dコンバータを使用した信号のキャプチャと、32 ビット浮動小数点 CPU と DSP 拡張機能を活用した先進的なアルゴリズムのアクセラレーション


100% のコード再利用

SimpleLink の単一開発環境をベースとする共通のコード・ベースを活用して、複数のスマート・センサ・ノードを製作できます

128kB ~ 2MB メモリのスケーラブルなピン互換プラットフォーム

超低消費電力

  • アクティブ・モードで最小 80μA/MHz の消費電力
  • 最小 660nA の LPM3 消費電力(RTC 有効)
  • スタンバイ・モードからのウェークアップは <10μs
  • 拡張された低消費電力ペリフェラル

ADC

  • 24 チャネル、1MSPS、16 ビット高精度(13.2 ENOB、実効ビット数)の逐次比較型 ADC
  • ソフトウェア・オーバーサンプリングにより最大 16 ENOB
  • 450 μA のフル・スピード消費電力
  • 差動モードのサポート

SimpleLink マイコン・プラットフォーム

  • SimpleLink マイコン製品ラインアップ全体で 100% のコード互換性
  • 統合型の TI-RTOS は、包括的で迅速な開発を可能にする、堅牢性の高いインテリジェントなカーネル
  • POSIX 互換の API は、freeRTOS などの OS/カーネルをフレキシブルにサポート

16 ビット高精度 ADC を使用した、より高精度の測定

MSP432P4 マイコンに統合されている 16 ビットの高精度逐次比較型(SAR)ADC は、最大 1MSPS でサンプリングを実施する場合、最大 16 ENOB(実行ビット数)の高性能 A/D 変換をサポートします。このモジュールは、差動型とシングルエンド型の入力、DMA を使用した直接データ転送機能、サンプル選択制御機能、リファレンス・ジェネレータ、2 個のウインドウ・コンパレータ、ソフトウェア・オーバーサンプリングをサポートし、14 ビットの逐次比較型コアを土台として構築されています。

高精度 ADC は、どの統合型 ADC でも最大の実効ビット数(ENOB)を実現し、1MSPS 時に 13.2 ENOB に、またソフトウェア・オーバーサンプリングを使用する場合に最大 16 ENOB に達すると同時に、非常に優れた電力効率も達成しています。 16 ビットの高精度、サンプリング時の超低消費電流、統合型の 8 チャネル DMA の組み合わせにより、MSP432P4 は高性能アプリケーションと低消費電力アプリケーションの両方にとって最適なソリューションになります。  

高精度 ADC によるモーター状態の監視

MSP432 と高精度 ADC は、非侵襲的かつ非破壊的な方法でモーター状態の監視と評価を実行できます。また、アナログ・フロント・エンド(AFE)と組み込みアプリケーションの両方に対応しています。全体として、このソリューションは、優れた高精度処理と超低消費電力を提供し、今後のモーター異常障害を予測できるようにします。

BLOG

主なブログ記事