電源 IC

フル・カスタマイズ可能な統合型電源

PMIC をわずか数秒でカスタマイズ

TI の PMIC は使いやすく、電源設計のサイズ縮小を実現します。あらゆるプロセッサやアプリケーション向けにご利用いただけます。 TI の「DIY」 PMICを使用すれば、出力電圧、シーケンシング、電圧監視スレッショルド、GPIO 制御などをお客様の手で変更できます。""これらのパワー・マネージメント設定は、ハードウェアで構成 / ソフトウェアで設定が可能な TI の新しいユーザー・プログラマブル・ソリューションを使用して、製造、開発、または実装時に変更できます。 

自分でできる

TI の新しい「DYI」PMIC を使用すれば、ご利用のシステムに適した統合型電源ソリューションをお客様の手で自由にカスタマイズできます。"" 統合型電源の状況がいかに変化しているか詳細をご確認ください。 

ユーザー・プログラマブル PMIC

次世代型の構成可能な統合型電源ソリューションがご利用いただけるようになりました。ソケット付き PMIC プログラミング BoosterPack™ プラグイン・モジュールを SimpleLink™ LaunchPad™ 開発キットに接続することで、これらの高度な PMIC 内部メモリーを再プログラムして、アプリケーションに合わせてカスタマイズできるようになりました。

プログラミング BoosterPack モジュールのソケットに PMIC をそのまま挿入するだけで、TI のグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(GUI)を読み込み、設定を更新して、その新しい設定を PMIC に保存できます。TI が制作した詳細なトレーニング・ビデオで、そのプロセスをご覧ください。

特定のシステムに必要な設定を選択することで、TI の販売特約店パートナーを通じて量産プログラミングがご利用いただけます。お客様の設定は、デバイスの寿命にわたって、または設定が再プログラムされるまで保存されます。

 

量産プログラミング・サービスをお探しですか?Arrow プログラミング・サービスをご覧ください。 

ユーザー・プログラマブル PMIC

フレキシブルな設定が利用可能

  • 出力電圧
  • 電圧監視スレッショルド 
  • シーケンシング
  • GPIO 制御

主なユーザー・プログラマブル PMIC

TPS650861

構成可能、マルチレール PMIC、MPSoC および FPGA 向け。

TPS65218D0

統合型パワー・マネージメント(PMIC)、ARM® Cortex™-A8/A9 SOC および FPGA 向け。

TPS652170

3 個の DC/DC、4 個の LDO、バッテリ・チャージャ、LED ドライバ搭載のユーザー・プログラマブル・パワー・マネージメント IC(PMIC)

主なユーザー・プログラマブル・ハードウェア

TPS650861 プログラミング BoosterPack

TPS650861 プログラミング BoosterPack では、MSP430F5529 Launchpad を使用して、TPS65086100 パワー・マネージメント IC の不揮発性メモリをお客様の手でプログラミングできます。 

TPS65218D0 プログラミング BoosterPack

TPS65218 カスタマー・プログラミング BoosterPack では、MSP430F5529 Launchpad を使用して、TPS65218D0 パワー・マネージメント IC の不揮発性メモリをお客様の手でプログラミングできます。

BOOSTXL-TPS652170 カスタマー・プログラミング BoosterPack

TPS652170 カスタマー・プログラミング BoosterPack では、MSP430F5529 Launchpad を使用して、TPS652170 パワー・マネージメント IC の不揮発性メモリをお客様の手でプログラミングできます。 

ハードウェアで構成可能な PMIC

構成できるのは、ユーザー・プログラマブルな新しい PMIC だけではありません。TI は、PCB の設計に最適化された、ハードウェアで構成可能な電圧およびシーケンシングを特徴とするデバイスの幅広い製品ラインアップもご用意しています。 電圧を更新するために、出力電圧と GND の間に抵抗デバイダを使用できます。 また、TI は各レギュレータに個別イネーブルを使用することで、シーケンシングを簡素化しています。これにより、システム全体のサイズを縮小しながらフレキシブルなディスクリート・ソリューションを実現できます。

ハードウェアで構成可能な PMIC

ソフトウェアで設定可能な PMIC

ユーザー・プログラマブルで、ハードウェアで構成可能な TI の PMIC がお客様のシステム・レベル上のニーズを満たさない場合でも、TI は特定のアプリケーションやシステムに合わせてデバイスをカスタマイズできるランタイム・ソリューションを備えた幅広い PMIC をご用意しています。I2C または SPI インターフェイスにより、実装時でも、マイコンやプロセッサを使用して TI の統合型電源デバイスの多くを構成できます。

ユーザー・プログラマブル PMIC