電源 IC

電源シーケンス IC

TI の電源シーケンス制御ソリューション

必要な電源レール数が 2 つしかない場合も、あるいは多数のレールが必要な場合でも、TI は多様なニーズに対応した電源シーケンス IC を提供しています。電源シーケンスは、あらゆる電源回路設計、特に多数の電源レールを使用する複雑なシステムの電源回路設計に不可欠です。FPGA、ASIC、PLD、DSP、ADC、マイコンなど今日の高性能データ・プロセッシング用デバイスは、コア、メモリ、I/O などの内部部品に対して複数の電圧レールを必要とします。こうしたアプリケーションでは、動作の信頼性や効率の向上、システム全体の良好な状態維持のため、各電圧レールごとに特定のパワーアップ / パワーダウン・シーケンシングを必要とします。

アナログ電源シーケンス IC

簡単にパワーアップ/パワーダウンを実行できるシンプルな電源シーケンス。

デジタル電源シーケンス IC

フレキシブルなシーケンシング設定、制御、監視。TI のデジタル電源シーケンス IC は、PMBus とデジタル電源の双方の利点を生かすことが可能で、その際に既存のパワー・ツリーの変更の必要性がありません。

アナログ

TI は、複数電源のパワーアップ/パワーダウン・シーケンス制御用に最も容易な方法を提供します。抵抗とコンデンサを組み合わせて使用するディスクリート型ソリューションでも、パワーアップ・シーケンシングが可能ですが、それだけではパワーダウン中に逆シーケンスを行うことができません。シンプルな LM3880/LM3881 電源シーケンス ICの特長:

  • パワーアップ / パワーダウン・シーケンス制御
  • シンプルな実装
  • 超小型サイズ(LM3880 - 2.9 x 1.6mm、LM3881 - 3.0 x 3.0mm)
  • 2 個のシーケンサのカスケード接続により、最大 6 個のレールのシーケンス制御が可能
  • 外部コンデンサによるシーケンス・タイミング調整が可能(LM3881
  •    

リセット IC による電源シーケンス

TI はタイミング調整可能なリセット IC を使用しパワーアップ・シーケンシングを実現するシンプルなオプションも提供しています。TPS3860xx スーパーバイザ・ファミリの特長:

  • 最大 4 個の個別レールの監視/シーケンス制御機能
  • 4 個の外部コンデンサによるタイミングの個別調整が可能
  • 4 x 4mm の小型サイズ
  • 最小の消費電力(11μA)

デジタル

UCD90x デジタル電源シーケンス IC ファミリは、システム・ヘルス・モニタとも呼ばれ、複雑な電源システム向けに包括的なデジタル・ソリューションを提供します。

  • タイミングや依存関係(レールやピンに依存)に基づき、最大 24 個の電源レールに対してパワーアップ/パワーダウン・シーケンス制御が可能
  • PMBus/I2C インターフェイス、電圧、電流、温度監視
  • 複数レベルの故障検出と回復(シャットダウン/再起動/再シーケンス制御)
  • 使いやすい Fusion Digital Power™ 集積回路 GUI により、ファームウェアの開発を必要とせずに、各種設定と包括的なカスタム化が可能
  • オープン/クローズ・ループ電圧マージニング、NV(不揮発性)メモリの故障ログ記録、包括的なカスタム化が可能なシーケンシングの依存関係、カスタム化したブール・ロジックによる GPIO、ファン制御、システム・ウォッチドッグ・タイマ、システム・リセットなどの追加機能
  • 大規模なシステムでは複数のデバイスのカスケード接続が可能

TI のデジタル電源シーケンス IC は、PMBus とデジタル電源の双方の利点を活かすことが可能で、その際に既存のパワー・ツリーを変更する必要がありません。

ucd90240 ブロック図

トレーニングとサポート

ヒントやコツ、役に立つブログ、アプリケーション・ノート、ビデオなどを検索してください。シーケンス IC の扱い方、特有の設計上の考慮事項、ソフトウェアのサポートなどのテーマを取り上げています。