プロセッサ

次世代の JacintoTM 車載プロセッサ・プラットフォーム

新登場の TDA4VM と DRA829V は、先進的な ADAS とゲートウェイ・システム向けであり、TI の新しい Jacinto™ 7 車載プロセッサ・プラットフォームに属する、最初に登場した 2 種類の SoC です。今後数年間にわたってその他の SoC が導入される予定です。

お客様にとって望ましい成果を構築します

次世代車両向けの先進運転支援システム(ADAS)およびゲートウェイ・ソリューションを開発します。統合の向上を通じて設計を簡素化できます。スケーラブルな SoC と共通のソフトウェア開発キット(SDK)により、到達範囲が広がります。TI の新しいプロセッサを使用すると、エントリ・レベルから高級車に至るまで、すべての車両に次世代の自律型機能をお客様にとって望ましい最適なコストで提供できます。

TI の新しい SoC は、組込み型の低消費電力設計でサーバー・クラスの性能を提供します。

  • ディープ・ラーニング (深層学習) 用途で 効率を実現
  • わずか 5~20W の電力で高性能 ADAS 動作を実行
  • ハイエンド CPU と高速 I/O を搭載した高度なゲートウェイ・システムを構築
  • ミッション・クリティカルな機能と利便性が高い機能が分離されているため、単一 SoC で重要度が異なる機能の安全性を実現

TI の設計に影響を及ぼす主要な自動車の動向の詳細

360 度サラウンドビューと自動駐車システム

現在および将来の道路上の車の駐車ソリューションを設計する方法の詳細をご覧ください。

Jacinto 7 プロセッサの機能安全性能を車載設計に活用

機能安全は従来のMCUに限定されなくなりましたが、アプリケーションプロセッサでもサポートされる必要があります。

次世代自動車向けに進化する車載ゲートウェイ (Rev. A 翻訳版)

自動運転、電動化、接続性のトレンドは、エンジニアが自動車用ゲートウェイを設計する方法を変えています。

自動車の周囲に関する意識を強化

TI の新しい TDA4VM ADAS SoC を使用すると、より優れたカメラおよびセンサのフュージョン・システムを構築できます。組込みディープ・ラーニング・アクセラレータと内部メモリを使用すると、認識を 効率に高めてシステム・コストを削減してキャプチャできます。

  • ディープ・ラーニング (深層学習) 用途で効率を実現
  • 8MP (メガピクセル) のフロント・カメラ・サポート
  • シングル SoC で、最大 6 台の 3MP サラウンド・ビュー・カメラの同時動作をサポート 

周囲 360 度に注意を払う自動パーキング機能を具体化できます

サラウンド・ビュー監視システムは、ドライバーに視覚的な情報を提供しするため、狭い場所での車両の安全な操作を可能にします。視覚的な画像に分析と人工知能を適用することで、次世代システムはドライバーのパーキングを支援するだけでなく、低速パーキング・タスクに完全に移行することになります。TI の新しい TDA4VM SoC は、車両の認識と駐車場の検出を強化しており、優れたパーキング支援と自動パーキング・ソリューションを構築できます。

  • 8 つの優れたディープ・ラーニング性能によりより高精度の分析が可能
  • 車のモデルやオーバーレイ対する 3D グラフィックス・アクセラレーションを使用してマルチスクリーンで表示
  • 最大 6 つの 3MP カメラで、サラウンド・ビューなどを単一の SoC で実現

360 度サラウンドビューと自動駐車システム

現在および将来の外出先での自動車用パーキング・ソリューションの設計方法の詳細をご確認ください。

車載ゲートウェイの進化を推進

TI の新しい DRA829V SoC を使用すると、将来のゲートウェイおよび車載コンピューティング・システムを作成できます。アプリケーション・プロセッサはマイコンの代わりに使用されるため、車両全体やクラウドに分散するデータ量が増加し続けています。高速 I/O により、CPU を介さず安全にデータを迅速に移動でき、待ち時間の短縮と性能の向上を実現できます。さらに、統合型のセーフティ・マイコンを使用すると、ミッション・クリティカルな機能と利便性が高い機能を分離して、システム全体の機能的な安全性を強化することができます。

  • Arm® Cortex®-A72 and -R5F の各コア
  • 組込み PCIe スイッチおよび Gb イーサネット・スイッチ、TSN(Time-Sensitive Networking)搭載
  • SoC ASIL-B ケーブル
  • セーフティ・マイコン ASIL-D 対応

ソフトウェア定義自動車の内部に配置するデータ・パスを高速化しましょう

車両全体の多数のECUで実行されるソフトウェアによって自動車がますます定義されるにつれて、制御の効率化、システム設計の最適化、およびシステムレベルのコスト削減のために、車両コンピューティングプラットフォームと呼ばれる新しいアーキテクチャが必要になります。新しいJacinto 7 DRA829Vプロセッサには、これらの高度なゲートウェイプラットフォームの処理および通信要件が含まれています。

車両コンピューティングプラットフォームアーキテクチャ

ソフトウェア定義車は、サービス指向アーキテクチャーによって有効になります。車両機能は複数の車両コンピューティングプラットフォームで定義され、サービスはセンス/作動I / Oを備えたドメインまたはゾーンプロセッサによって実装されます。

Jacinto 7 DRA829Vプロセッサは、これらの要件に特化したものです。

ゲートウェイアーキテクチャが変化する理由と、Jacinto 7 DRA829VMプロセッサがこれらのアーキテクチャ向けにどのように設計されているかについては、技術記事「車両計算ゲートウェイプラットフォームによるソフトウェア定義車の有効化」をご覧ください。

車載コンピューティング

車載コンピューティング

サポートとトレーニングを活用して詳細を確認する