プロセッサ

デジタル信号プロセッサ

容易にプログラム可能なデバイスで構成される、スケーラブルで幅広い DSP 製品ラインアップにより、世界をリード。

<Section CTA Link - not authored>

DSP は、組込みソリューションで中心的な役割を果たしています

リアルタイム・ディタミニスティック・プロセッシング機能を構築

DSP は、タイムクリティカルなアプリケーションに最適な汎用プロセッサ

  • 算術演算とデータ移動で高性能を実現するアーキテクチャ。
  • リアルタイム OS のサポートにより、最短 10ns のイベント応答時間を実現。単一サイクルで複雑な処理を行うための特化命令。
  • ディタミニスティック・プロセッシングが可能であり、オプションでキャッシュの使用やデータ移動をスケジューリングする DMA が利用可能。
高精度なディタミニスティック・アーキテクチャ
高精度なディタミニスティック・アーキテクチャ
DSP の性能比較
性能比較

高性能

業界最高性能の浮動小数点 DSP

  • TI の C66x DSP コアは、1GHz 動作時に各コアで 32GMACs と 16GFLOPS を達成。
  • TI の C66x DSP コアは、業界最高の浮動小数点 BDTImark2000™ スコアを達成。BDTI ベンチマークの詳細。
  • C6678 1.25GHz 動作時に 160GFLOPS と 320GMACs
  • 66AK2H12 1.4GHz 動作時に 200GFLOPS と 400GMACs
  • 最適化された処理ライブラリ、最適化 C コンパイラ、OpenMP/OpenCL のサポートにより、高い性能と容易なアクセスを両立。

高い電力効率

TI の DSP は、高い性能電力比を実現

  • 業界最小のアクティブ消費電力を実現するソリューション: < 0.20mW/MHz
  • TI の SoC は、アプリケーション・レベルで > 12GFLOPs/W の性能を実現。
  • ARM やペリフェラルの集積により、消費電力、コスト、基板面積を節減。
高電力効率コア
フルレンジの高電力効率コア

スケーラブル

DSP プロセッサは、センサからサーバーまで多様なアプリケーションに対応

  • C6678 DSP 1.25GHz 動作時に 160GFLOPS と 320GMACs。
  • 低消費電力から高性能まで、スケーラブルな DSP 製品ラインアップ。
  • プロセッサ・ファミリ内でピン互換性のある複数のデバイスが利用可能。
  • シングルコア・ソリューションでは、センサやウェアラブルからポータブル無線まで多様なアプリケーションをサポート。
  • マルチコア・ソリューションは、サーバーまでの広範なアプリケーションで優れた性能を実現。高速インターフェイスと効率的な内部ファブリックの採用により、多くのデバイスの効率的な連動が可能。

プログラミングが容易

プログラミング・ツールとデバッグ・ツールで構成される TI の包括的なツール・ラインアップにより、差異化した製品の迅速な開発が可能

  • ライブラリとコーデックが付属した、無料のソフトウェア開発キット(SDK)。
  • 単一の SDK で多くの DSP をサポートし、開発と移行が容易。
  • C のコードを使用して高い性能を実現できる高度に最適化されたコンパイラ。
  • 複数の OS オプションが利用でき、OpenCL と OpenMP をサポート。
DSP プログラミングが容易