プロセッサ

Sitara プロセッサ – ネットワーク接続型の産業用ドライブ

接続、制御、通信用のシングルチップ・ドライブ

  • PRU ICSS を通じてマルチプロトコル・フィードバックを統合。
  • 改善されたベクトル浮動小数点ユニットを活用する、可変周波数ドライブのモーター制御に適したフィールド・オリエンテッド・コントロール。
  • 認定取得済みのマルチプロトコル産業用イーサネットを統合し、PRU ICSS を通じて、リアルタイムの確定的通信を実現。

産業用ドライブにとっての Sitara プロセッサの利点

  • モーター制御と通信を実行するためのシングルチップ
  • マルチプロトコル産業用イーサネットを統合
  • エンコーダ・フィードバックをサポート
  • 可変速度ドライブ用のフィールド・オリエンテッド・コントロール

デジタル・ドライブ向けの TI の ARM ベース・ソリューション(英語)

デバイス・ファミリ 性能範囲 コア 評価ツール ソフトウェアおよびツール
Sitara AM437x 750 – 2500 DMIPS ARM Cortex-A9, PRU AM437x Industrial Development Kit

SYS/BIOS

Code Composer Studio integrated development environment (IDE)

Application stacks for industrial communication protocols

Sample industrial applications

マルチプロトコルのデジタル・エンコーダ・インターフェイス

プロトコル EnDAT 2.2 Hiperface DSL BiSS C
Sponsor Heidenhain SICK Stegman iC Haus
Phy Interface RS-485 RS-485 RS-422/485
Speed 100kbit - 8/16 Mbit 9.375 Mbit 1/2/5/10 Mbit
Reach 100 meter, 300m at lower speed 100 meter 100 meter
Cable 4 wire 2 wire, motor integrated 4 wire
Max frame length ~ 31+116 bit Continuous frame 117 bit 64 bit / frame
Delay compensation Yes Yes Yes
Oversampling Yes Yes Yes
Overhead channels Two additional 8 V frames 1 bit per frame
Synchronization Start pulse – bit time Async Pulse Start pulse – bit time

産業用通信エンジンのための TI Designs リファレンス・デザイン