プロセッサ

Sitara™ ARM® Cortex®-A15 プロセッサ

高性能の Cortex-A15 をベースとするデバイスで、マルチメディアまたはネットワークのアクセラレーション機能が付属

さまざまな市場で広く普及している ARM Cortex-A15 プロセッサは、高性能処理能力と低消費電力を実現しており、ネットワーク・インフラでの採用も増加しています。Cortex-A15 プロセッサは、Cortex-A9 プロセッサに比べておよそ 2 倍の性能を実現しており、3.5 DMIPS/MHz の処理能力を提供します。

ARM Cortex-A15 の性能

ARM ソリューション向けの幅広い性能範囲

  • シングル、デュアル、クワッド・コア
  • 3.5 DMIPS/MHz
  • NEON と VFP の浮動小数点エンジン
ARM Cortex-A15 アプリケーション

消費電力とコスト重視のアプリケーション向けに設計済み

  • ファクトリ・オートメーション
  • HMI
  • グリッド・インフラストラクチャ

差別化されたペリフェラルを実現する、堅牢性の高いハードウェア

  • ギガビット・イーサネット・スイッチ
  • 2D/3D グラフィックス
  • HD ビデオ
  • SATA
  • 10Gb イーサネット
  • PCIe Gen2
  • マルチメディア・エンコーダ/デコーダ
  • 産業用通信サブシステム
  • 汎用アプリケーション向け M4

ARM Cortex-A15 デバイス

AM5K2Ex

66AK2G02

66AK2Hx

66AK2L06

AM57x

コア当たり MHz 1.25GHz ~ 1.4GHz
600MHz
1.0GHz ~ 1.4GHz
(ARM)
1.0 ~ 1.2GHz(DSP)
1.2GHz
500MHz ~ 1.5GHz(ARM)
500MHz ~ 750MHz(DSP)
ARM Cortex-A15 コアの数 2 ~ 4 1 4 2 1 ~ 2
最大 DMIPS(ARM Cortex-A15 コア) 9,800 ~ 19,600
(1.4GHz 時)
2,100
(600MHz 時)
19,600
(1.4GHz 時)
8,400
(1.2GHz 時)
10,500
(1.5GHz 時)
C66x DSP コア 誤り 1 8 4 1 ~ 2
最大 GMACS(C66x DSP から) 誤り 19.2
(600MHz 時)
307.2
(1.2GHz 時)
153.6
(1.2GHz 時)
48
(750MHz 時)
マルチメディア 誤り 誤り 誤り 2x SGX544 3D
GC320 2D
4k(15fps 時)
ビデオ・アクセラレータ
イーサネット 8x 1GbE
2x 10GbE
1x 1GbE 4x 1GbE
2x 10GbE
4x 1GbE
2x 10GbE
2x 1GbE
その他のアクセラレータ 誤り PRU-ICSS
McASP
誤り JESD204B クワッド・コア PRU
2x デュアル・コア ARM Cortex-M4