プロセッサ

Sitara Arm® Cortex®-A8 プロセッサ

性能と電力効率を重視して最適化された Arm Cortex-A8 ベースのデバイス

Arm Cortex-A8 コアは Arm によって性能と電力効率が高度に最適化されています。300MHz から 1.35GHz の速度に対応できるため、AM335x Cortex-A8 プロセッサは 1W 未満の消費電力が求められる、電力最適化が必要なシステムの仕様要件を満たします。Cortex-A8 コアはデュアル発行のスーパースカラ・アーキテクチャであり、MHz あたり 2 Dhrystone MIPS(2DMIPS/MHz)を実現しています。

Arm Corte®-A8 の性能

Arm ソリューション向けの幅広い性能範囲

  • 300MHz ~ 1.35GHz の範囲でスケーラブル
  • 2DMIPS/MHz
  • デュアル発行のスーパースカラ、クロックごとの命令実行数が 2 倍

差別化されたペリフェラルを実現する、堅牢性の高いハードウェア

  • 3D グラフィックス
  • PRU-ICSS
  • ギガビット・イーサネット
  • ディスプレイ・コネクティビティ
  • USB 2.0
  • フレキシブルな通信インターフェイス

高度な機能の包括的な統合

  • 高度な 3D グラフィックス・アクセラレーション
  • フレキシブルな通信インターフェイス
  • 信頼性の高いディスプレイ・オプション

Arm Cortex-A8 デバイス

AM335x Cortex-A8

AM35x Cortex-A8

AM37x Cortex-A8

速度(MHz) 300/600/800/1000 600 800/1000
DMIPS 最大 2000 最大 1200 最大 2000
グラフィックス SGX530 SGX530 SGX530
メモリ LPDDR1/DDR2/DDR3(L) LPDDR1/DDR2 6LPDDR1
オペレーティング・システム Linux/Android/Microsoft Windows CE/RTOS Linux/Android/Microsoft Windows CE/RTOS Linux/Android/Microsoft Windows CE/RTOS
主な特長 LCD コントローラ、CAN、ギガビット EMAC スイッチ、PHY 付きの 2 x USB、タッチスクリーン・コントロール、産業用プロトコルを統合 ディスプレイ・サブシステム、ビデオ入力/出力、10/100 EMAC、CAN、PHY 付き USB 最小消費電力、ディスプレイ・サブシステム、ビデオ入出力、PoP パッケージ、USB
ペリフェラル 3D グラフィックス、暗号化、ADC、ギガビット EMAC I2C、SPI、UART、MMC/SDIO I2C、SPI、UART、MMC/SDIO
コプロセッサ デュアル・コア PRU-ICSS
no
no