プロセッサ

Sitara™ プロセッサ

ARM® Cortex®-A コアにフレキシブルなペリフェラルを統合したスケーラブルな製品ラインアップ

<Section CTA Link - not authored>

フレキシブルなペリフェラルとコネクティビティ

  • センサからサーバーに至るまでの広範なアプリケーションに対応し、豊富なペリフェラル向けに最適化されたシステム。
  • 豊富なペリフェラルを使用して、システム上に搭載されている多様なデバイスとセンサに接続および制御
  • シンプルなディスプレイから、3D グラフィックと HD ビデオを搭載した高性能 HMI に至るまでの広範なマルチメディア・オプション.
  • セキュア・ブートと暗号化機能で IP(知的財産)と投資を保護します。
  • WiLink™ 8 により Wi-Fi コネクティビティを購入直後からサポートしています

スケーラブル

  • 超低消費電力から超高性能まで、幅広いプロセッサ製品ラインアップ。
  • シングル・コア Cortex™-A8 からマルチコア Cortex™-A15 に至るまでのさまざまなオプション。
  • メインライン LTS Linux カーネルと TI-RTOS 対応プロセッサ SDK はスケーラブルなソフトウェア操作と、プロセッサ間の移行を簡素化。
  • プロセッサ・ファミリの各製品はピン互換で、ハードウェアのシームレスなアップグレードが可能。

統一性の高いソフトウェア操作感覚

  • フル・スケーラブルなソフトウェア・プラットフォームにより開発が簡素化。また、TI の最新 Sitara™ ファミリとデジタル・シグナル・プロセッサ(DSP)製品ファミリ間の移行が容易に。
  • 直感的な開発環境が用意されていることに加え、異なるデバイスでも共通のグラフィカル・ナビゲーション、ツール、ユーティリティが使用できることから、Linux ベースと TI-RTOS ベースの開発が容易に。
  • メインライン LTS(Long Term Support)Linux カーネルは、品質と安定性の向上を実現するとともに、製品間の移行を容易に。
  • OpenCL や OpenCV などの標準プログラミング・インターフェイスにより、専用プロセッシング・リソースの使用が容易に。
最大 1.0GHz の ARM Cortex-A
Sitara ARM プロセッサは産業用通信に対応

産業用および長期使用を想定した構築

  • 製品ライフサイクルが通常 10 年以上のアプリケーションをサポート。
  • プログラマブル・リアルタイム・ユニット(PRU)により、5ns の高速リアルタイム応答、専用データ処理操作、カスタム・ペリフェラル・インターフェイスを実現する高いフレキシビリティ。
  •  Industrial Communication Subsystem(産業用通信サブシステム:ICSS) は、複数の産業用リアルタイム通信プロトコルの統合を可能にし、外部 ASIC や FPGA を不要に。
  • 10 万時間(11.4 年)にわたる電源オン時間、最大 125℃ の温度、低い FIT 率(Failure in Time:故障率)などの産業機器要件に対応。

サポート

  • 低コスト開発ボード、無料のソフトウェアへの簡単なアクセス、無料の設計ツール、beagleboard.org からの大規模なオープン・ソース・コミュニティ・サポートにより、開発に対する障壁を軽減します。&&
  • TI サイトで常時利用可能な E2E サポート・コミュニティとトレーニング。
  • 包括的なハードウェアとソフトウェア・パートナーのエコシステム。
  • 10 年を超える長期製品ライフサイクル。
Sitara ARM のサポート
<Image Component - not authored>