センサ製品

センシングの対象は何ですか?

今日の設計課題と将来の技術革新に向けて最適化されたセンシング・ソリューション

システム監視 / 保護のためのセンシング

リアルタイム・システム保護、フィードバック制御、高精度システム監視

位置センシング

角度、存在、近接性、距離、流量、液面、速度などの絶対位置 / 相対位置センシング・ソリューション

光 / イメージ・センシング

さまざまな波長のキャプチャに最適なセンサ / センシング AFE

アプリケーション別に TI のセンシング・ソリューションを検索

システム監視と保護のためのセンシング

回路基板のホット・スポット監視から電流フロー測定に至るまで、高精度、リアルタイム保護機能、低消費電力、小ソリューション・サイズを実現します。

温度

広範な IC 温度センサはシステム性能と信頼性を向上し、サーミスタを使用する設計に比べて多くの利点を提供します。TI の広範なラインアップは高精度ローカル温度センサからマルチチャネル・リモート・センサ、ユニークなデイジーチェーン・アーキテクチャまでを網羅しています。

温度センサの概要

温度センサ・ラーニング・センター

湿度

TI の湿度センサはクラス最高の消費電力で優れた性能を実現します。 TI の最新の湿度センサ HDC2010 はシステム・レベルでバッテリ駆動時間を最適化する先進デジタル機能を搭載しており、IoT システムなどの広範なアプリケーションをサポートします。

湿度センサの概要 

センシング・マイコン

超低消費電力の MSP430™ マイコンは TI のデータ・ロギング、通信、静電容量性タッチ・センシング / ディスプレイ向け環境センサに最適なコンパニオン製品です。この製品ラインアップは 10 ビット / 12 ビット SAR(逐次比較型)ADC、24 ビット・デルタ・シグマ ADC、統合型 LCD コントローラ、最大 512KB の不揮発性メモリなどを搭載しています。

MSP430TM マイコンの概要 

非絶縁型電流 / 電力

過電流からのシステム保護、閉ループ・フィードバック制御、高精度システム監視向けのリアルタイム電流 / 電力測定機能を提供します。

電流センス・アンプの概要 

絶縁型電流 / 電圧

ハイサイド / ローサイド電流シャントと電圧測定機能間の基本絶縁と強化絶縁機能を提供します。

絶縁型アンプの概要

絶縁型 ADC の概要 

絶縁型磁気電流

AC / DC 電流測定向けの閉ループ / 開ループ・ソリューションで、広い温度範囲にわたって高い精度を提供します。

フラックスゲート磁気センサ製品 

位置センシング

特定の距離内の物体検出からタンク内の液体や固体のレベル検出まで、さらに、物体のリニア変位検出からモーター内の回転子の角度位置検出まで、TI の位置センシング製品ラインアップは、精度とコストの面で最適な選択肢を幅広く提供し、広範な設計ニーズに対応します。 

角度センシング

角度位置センサは広範なアプリケーションのシステム制御向けに、機械的な角度位置を電気信号に変換します。TI の角度位置センサ製品ラインアップは、回転の測定や(x、y)相対位置測定などのためのソリューションを提供します。 回転測定アプリケーションにはモーターのほか、ペダル、ハンドル、スロットル、シャーシ、バルブなどの車載システムがあります。(x、y)相対位置はADAS などのさまざまな車載システムや境界セキュリティなどの産業用アプリケーションで使用可能です。  

ホール効果センサ

磁気ホール効果ラッチ(またはリニア・センサ)はブラシレス DC モーターの角度センシングで一般的に使用されています。適切な磁気構成で組み合わせたホール効果ラッチにより、ロータリー・エンコーディング機能を完成させることもできます。

ホール効果センサの概要

誘導性センシング

誘導性角度センシング技術は機能安全が重要な位置センシングの設計に最適です。 150℃ 超の温度範囲と 1 度という角度の厳しい精度要件への対応が可能です。

誘導性センシングの概要

レゾルバ・センサのシグナル・コンディショナ

角度レゾルバ技術は最大 60K RPM(60,000 回転/分)超の回転速度と<1° の精度に対応します。HEV / EV インバータなどの車載用アプリケーションのほか、モーター制御、サーボ・ドライブ、AC インバータ、ロボットなどの産業用アプリケーションで使用できます。

レゾルバ / エンコーダ製品

リニア可変差動トランス(LVDT)

角度 LVDT(または回転(Revolution)の意味で RVDT とも呼びます)技術は角度と回転をナノメートル精度で測定します。航空機、油圧 / 水圧システム、ボーリング掘削、油井掘削などの過酷な環境で使用できます。

LVDT 製品

ミリ波センサ

レーダー・システムは視野角内で反射された信号の角度を推定できます。 角度の推定は物体の距離における小変化が高速フーリエ変換(FFT)または ドップラー FFT のピークで位相の変化をもたらすという観測結果に基づいています。 TI のミリ波ソリューションは 1° の角度精度と 12° の回転精度を実現できます。

ミリ波センサの概要

存在検知

存在検知は関心のある対象物がセンサの近くにある際の検知を可能にします。衝突回避、ジェスチャ認識、開閉センシング、ウェークアップ機能などの例がを挙げられます。

ミリ波センサ

AWR / IWR ミリ波センサ・ファミリは数 cm から 150m 超までのさまざまな範囲で高精度の存在検知を実現します。 この技術は雨、霧、ほこり、暗闇などの技術的課題のある環境条件に対応します。

ミリ波センサの概要

ホール効果センサ

ホール効果センサは一般的に、移動している磁石の平均磁束密度を測定するために使用されています。磁気センサは非常に信頼性が高く、摩耗、環境汚染物質、無線周波数(RF)ノイズへの耐性を備えています。機械的な実装に比べ、非常に望ましい選択肢となります。

ホール効果センサの概要

超音波センシング

PGA460 ファミリは 5cm から 11m の距離での存在検知を可能にするとともに、バッテリ駆動機器の消費電力を低減します。この製品ファミリは超音波パーキング・アシスト、ハンズフリー・ドア、ドローンの着陸アシストなどのアプリケーションに最適です。

超音波センシングの概要

3D タイム・オブ・フライト(ToF)

TI の 3D タイム・オブ・フライト(ToF)製品ラインアップは人数計測、ジェスチャ制御、位置、測定に関して計算した深度データから 3D 画像を生成可能な高集積の可変分解能デバイスを提供しています。測定値は材質の色や反射率に依存しません。これらの製品は屋内外に設置でき、距離、消費電力、フレーム・レート、視界に関するさまざまな要件に応じて最適化可能です。

 

3D タイム・オブ・フライトの概要

誘導性センシング

誘導性センシング技術は mm から nm(ナノメートル)の距離に対応する低消費電力の存在検知ソリューションを実現します。チャネル数は 1、2、4 で、さまざまな測定アプリケーションにおける改ざん検出に使用できます。

誘導性センシングの概要

静電容量性センシング

CapTIvate™ 技術を使用した MSP430™ マイコンは数 mm から最大 15cm の距離での存在検知 / ジェスチャ検出ソリューションを提供し、タッチ・キーパッドや他の制御インターフェイスなどのユーザー・インターフェイスのアクティブ化を含め、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)システム向けの近接ウェーク・アップ機能を可能にします。

CapTIvateTM タッチ・マイコンの概要 

 

FDC 静電容量性センシング技術はノイズや電磁干渉(EMI)への耐性が高く、車載認証済みで低消費電力の高分解能ソリューションを提供します。液面検出やジェスチャ認識などの用途に最適です。

キャパシタンス / デジタル・コンバータの概要

距離センシング

このセンシング・デバイス製品ラインアップは nm(ナノメートル)から 100m 超の範囲で物体までの距離を測定します。 

超音波センシング

PGA460 ファミリは 5cm から 11m の距離での存在検知を可能にするとともに、バッテリ駆動機器の消費電力を低減します。この技術は超音波パーキング・アシスト、ハンズフリー・ドア、ドローンの着陸アシストなどのアプリケーションに最適です。

超音波センシングの概要

ミリ波センサ

AWR / IWR ミリ波センサ・ファミリは最短 4cm から最長 250m までの距離を、4cm の最大分解能と誤差 1mm 未満の精度で測定できます。

ミリ波センサの概要

ホール効果センサ

リニア・ホール効果センサは磁束密度を測定し、それに比例する電圧を出力します。これにより、移動している磁界との距離の高精度測定が可能です。

ホール効果センサの概要

リニア可変差動トランス(LVDT)

LVDT 技術は位置と距離をナノメートル・レベルの精度で測定します。航空機、油圧 / 水圧システム、ボーリング掘削、油井掘削などの過酷な環境で使用できます。

LVDT の概要

誘導性センシング

誘導性センシング技術は μm(マイクロメートル)から nm(ナノメートル)の精度で、誘導性コイルを使用して mm 単位の距離を検出します。ファクトリ・オートメーションや変位センサ・トランスミッタなどに最適です。

誘導性センシングの概要

静電容量性センシング

CapTIvate™ 技術を使用した MSP430™ マイコンは数 mm から最大 30cm の距離での距離検出ソリューションを提供し、タッチ・キーパッドや他の制御インターフェイスなどのユーザー・インターフェイスのアクティブ化を含め、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)システム向けの近接ウェーク・アップ機能を可能にします。

CapTIvateTM タッチ・マイコンの概要

流量センシング

流量を測定し、気体や液体の流量を制御します。水道やガスのメーター・アプリケーションに最適です。

ホール効果センサ

ホール効果センサは一般的にリング型磁石と組み合わせて使用され、流量メーターの筐体内に配置されます。これにより、全電子部品を筐体外に配置することが可能になります。気体または液体が流れるとリング型磁石が回転します。ホール効果センサはその動作を追跡し、計測可能な信号を供給します。

ホール効果センサの概要

超音波センシング

MSP430FR604x 超低消費電力マイコン
は、流量測定アプリケーション向けに高精度の超音波センシング・アナログ・フロント・エンド(AFE)を統合しており、比類ないゼロ・ドリフト性能、 < 3μA の消費電流、包括的なエコシステムにより、高精度とフレキシビリティをシングル・チップで実現します。 

超音波流量計マイコン 

TDC1000 と TDC7200 は流量測定ソリューション向けのアナログ・フロント・エンド(AFE)チップセットです。いかなるプロセッサとの組み合わせも可能で、基板面積、BOM コスト、開発期間の節減に貢献します。

超音波センシングの概要

 

 

誘導性センシング

誘導性技術は導電性物質の存在に起因するインダクタンスの変化を検出することにより、液体の流れる速度の容易な測定を可能にします。家電製品の液体流量モニタなどに使用されています。

誘導性センシングの概要

液面検出

液面検出機能は液体の量を測定します。設計に使用する際には測定精度、検出範囲、ソリューション・コスト、ソリューション・サイズなどの考慮が必要です。 

ミリ波センサ 

ミリ波センシング技術は線形性が高く非常に広いチャープを使用し、液面や固体の水平面を超高精度で測定します。 ミリ波センシングは堅牢性が高く、煙霧、霧、ほこりの粒子などが存在する過酷な環境も、センサ精度に影響を与えません。

ミリ波センサの概要 

超音波センシング

超音波センシングは液体の表面と基部の間のタイム・オブ・フライト(飛行時間)を決定することにより、液面を計算します。

超音波センシングの概要

3D タイム・オブ・フライト

3D タイム・オブ・フライト製品ラインアップは
非接触ベースの液面推定に使用できます。センサから計算によって得られた深さ情報を使用し、粉体測定やタンク容量測定などの広範な用途での液面測定を可能にします。測定値は材質の色や組織に依存しないほか、近距離と遠距離に使用できます。

3D タイム・オブ・フライトの概要 

静電容量性センシング

FDC 静電容量性センシング・デバイスは
非導電性容器での直接的、非接触型で高感度の液面検出を可能にします。28 ビット分解能の ADC と高い励磁率により、石けん水、インク、その他の導電性液体を測定できます。静電容量性センシングはある液体を別の液体と区別するために使用することも可能です。

キャパシタンス / デジタル・コンバータの概要 

速度センシング

TI の速度製品ラインアップは電磁波信号を物体に送信し、反射された信号をキャプチャすることにより、高精度測定を行います。 

ミリ波センサ

ミリ波レーダーは波長がミリメートル単位の信号を送信します。 信号の波形が短いという特性により、精度の向上やアンテナなどのシステム・コンポーネントの小型化が可能になります。76 ~ 81GHz で動作するミリ波システム(対応波長は約 4mm)は最大 300km/h の速度を検出できます。

ミリ波センサの概要 

ミリ波センサの基礎

タッチ・センシング

TI のタッチ・センシング製品ラインアップは従来の機械式ボタンを、機械的カットアウト不要の非接触型タッチ技術により代替します。この技術はより堅牢で摩耗が少なく防水処理が容易な製品とともに、よりシンプルな製造プロセスを実現します。TI のタッチ・センシング技術はシンプルなオン / オフ・ボタン検出から高精度押下力検出ボタン、スライダに至るまでの多様なニーズに対応します。

誘導性センシング

LDC 製品ラインアップはタッチ強度を検出する高精度の非接触型技術を使用しており、さまざまな操作に対応するさまざまな強度のタッチを検出することができます。こうしたボタンは水中や堆積物の多い環境でも、手袋を着用したままの操作に対しても、高い信頼性を提供します。

誘導性センシングの概要

 

静電容量性センシング

FDC 製品ラインアップは低ノイズでダイナミック・レンジが広く、広帯域 EMI への耐性を持つ非接触型技術を提供します。チャネル数は 1、2、4 で、より高いレベルのノイズ除去を実現する革新的な狭帯域アーキテクチャを使用しています。

キャパシタンス / デジタル・コンバータの概要

光 / イメージ・センシング

健康モニタから材料組成分析まで、これらのセンシング技術は必要とされる高精度、低消費電力ソリューションを小サイズで実現します。

網膜に匹敵する品質レベルで光の測定を行います。最小フットプリントから車載グレードに至るまでのさまざまなパッケージ・オプションを用意しています。光センシング製品ラインアップは超低消費電力の IoT / バッテリ駆動システム向けデバイスと、広い波長範囲を測定するデバイスで構成されています。

光センシングの概要

バイオメディカル

アナログ・フロント・エンド(AFE)は分光器、医療用診断機器から心拍センシングに至るまでの広範なアプリケーション向けに、高い集積度を実現するとともに小パッケージ・サイズで高性能を提供します。

バイオメディカルの概要

DLP® 製品:近赤外線(NIR)

近赤外線製品は化学分析や物質分析など、高い信号対ノイズ比(SNR)を必要とする光学センシング・アプリケーションの 700 ~ 2500nm の波長に最適です。DLP 技術は NIR 分光器の単一センサ設計向けにプログラマブルな波長選択を可能にします。

近赤外線製品の概要