センサ

磁気センサ 

磁気位置センシングと磁気電流センシングに適した、低消費電力、高信頼性、コスト最適化済みのソリューション

TI の磁気センサは、電流センシング・アプリケーション向けの高い耐久性と信頼性を実現することで知られています。磁石の近接検出、回転に関する計算の実行、電流ドリフトの小さい高精度測定のどれを実施する場合でも、ホール・エフェクト・センサと磁気電流センサは高信頼性で高精度の測定データを提供し、システムの制御に貢献します。

ホール・エフェクトのラッチとスイッチ

さまざまなアプリケーションで磁石の存在を高精度検出できる、低消費電力、高帯域幅、高感度のデジタル・ホール・エフェクト・センサ

リニア・ホール・エフェクト・センサ

絶対位置測定向けに、磁束密度に比例した信号を出力する、バイポーラ、ユニポーラ、PWM 出力の各リニア・ホール・エフェクト・センサ

磁気電流センサ

保護、フィードバック制御、およびシステム監視に適した、高精度、小さい温度ドリフト、ガルバニック絶縁型の電流センサ

主な磁気センサ

DRV5013-Q1

車載 2.7V ~ 38V ホール・エフェクト・ラッチ

DRV5055

高精度 3.3V または 5V レシオメトリック・バイポーラ・ホール効果センサ・ファミリ

TMCS1100

業界最高の精度(0.5%)、ゼロドリフト、ガルバニック絶縁型の磁気電流センサ

磁気センサ関連資料

TI プレシジョン・ラボ - Amplifiers(英語)で専門知識を蓄積

リニア・ホール効果センサとホール効果ラッチとスイッチに関する包括的なカリキュラムをご確認ください。 講義には、ホール効果の位置センシングの概要、重要な仕様とパラメータ、磁気センサを使用したロータリー・エンコーディングおよび近接センシング・アプリケーション、および磁界の計算時の考慮事項が含まれています。