センサ

磁気センサ – サポートとトレーニング

ホール・エフェクト・センサとは

ホール・エフェクトのラッチとスイッチ

ホール・エフェクトのスイッチとラッチで磁場の存在有無を表示

  • デジタル出力
  • 広い電圧範囲と温度範囲
  • 超低消費電力オプション

リニア・ホール・エフェクト・センサ

リニア・ホール・エフェクト・センサが磁場の大きさを測定します。

  • アナログおよび PWM 出力オプション
  • ユニポーラ・オプションで電圧スイングが 2 倍
  • 柔軟な各種オプション(Vcc、オプション、感度)

ラッチ機能

ユニポーラ・スイッチ機能

ホール・エフェクト・ラッチには切り替えのため北磁極と南磁極を交代させる必要があります。このラッチは BLDC モーターセンサ用またはインクリメンタル・エンコーディング用のロータリー・アプリケーションで使用します。

ホール・エフェクト・スイッチは事前定義された磁気のスレッショルドに基づいて、磁石が近くにあるかどうかを示します。TI は、オムニポーラおよびユニポーラ・ホール・エフェクト・スイッチの両方を提供しています。

リニア・アナログ出力

リニア PWM 出力

リニア・ホール・エフェクト・センサは磁束密度に比例した信号を出力し、正確な位置測定を可能にします。

技術記事

ブログ/フォーラム


アプリケーション・ノート

ホール・エフェクト・センサの使用事例をご覧ください。各アプリケーション・ノートには、問題分析、実装オプション、関連製品が掲載されています。

アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノートのダウンロード
デバイス
Using Linear Hall Effect Sensors to Measure Angle(英語) PDF

DRV5055

Incremental Rotary Encoder Design Considerations(英語) PDF

DRV5012

DRV5013

磁気センサ付きの電力ゲーティング・システム PDF

DRV5012

DRV5032