センサ

mmWave AWR – ツールとソフトウェア

開発ツール

AWR1243 評価モジュール

標準 20 ピン・ヘッダーは、mmave-devpack に接続して生データをキャプチャすることで、RF 性能を評価できます。

AWR1443 評価モジュール

TI のマイコン LaunchPad™ エコシステムとの直接のコネクティビティを確立できる、TI の AWR1443 車載レーダー・デバイス向けの使いやすい評価ボードです。この評価ボードには、低消費電力の ARM®-R4F コントローラで開発を開始するために必要なものがすべて含まれています。  

  • このボードには、プログラミングおよびデバッグ用のオンボード・エミュレーション機能と、ボタンや LED が搭載されているので、シンプルなユーザー・インターフェイスを迅速に統合できます。

AWR1642 評価モジュール

AWR1642 車載レーダー・センサ用の使いやすい評価ボードで、マイコン(MCU)LaunchPad™ 開発キットとの直接のコネクティビティを確立できます。

リアルタイム・データ・キャプチャ・アダプタ

DCA1000 では、未加工のセンサ・データをリアルタイムでキャプチャし、TI のミリ波センサ評価モジュールからイーサネットを介してストリーミングすることができます。 

mmWave devpack

デバッグ用アドオン・ボードで、ミリ波 EVM とともに使用すると、上位レベルのデバイスを使用した高性能フロント・エンドを実現できます。この評価プラットフォームを使用すると、フロント・エンドから未加工の ADC データをキャプチャし、RF 性能の評価とデバッグを実施することができます。

Code Composer Studio™ IDE

Code Composer Studio(CCS)は、テキサス・インスツルメンツの組込みプロセッサの製品ラインアップをすべてサポートする包括的な Eclipse ベースの統合開発環境(IDE)であり、一貫した開発環境を提供します。

サード・パーティーのツール

CB Cline 社のレーダー・センサ・モジュール

CB Cline 社のレーダー・センサ・モジュールを使用して、車載レーダー・アプリケーションを開発できます。各モジュールは TI の AWR ミリ波センサ技術をベースにしており、TDA3x プロセッサ・ボード搭載高性能レーダー・フロント・エンドからスタンドアロン・レーダー・センサに至るまで広範なアプリケーションに対応しています。

By CB Cline 社

DesignCore 車載用ミリ波レーダー・スタータ・キット

スタータ・キットは、レーダー・ベースの車両制御機能と安全機能の迅速な開発を可能にします。ベースボードに搭載された低消費電力 D3 レーダー・モジュールが含まれています。ベースボードには、テストと評価のため PC または組込みプラットフォームに簡単に接続できるインターフェイスが搭載されています。

By D3 Engineering

  • 一般的な車載レーダー・アプリケーション向けのアプリケーション・ソフトウェアとデモ・プログラムが含まれています。

Azcom - 車内用 TI ミリ波センシング・ソリューション

テキサス・インスツルメンツの AWR1x ミリ波センサ製品ラインアップに基づいた車両占有検出用のソフトウェアおよびアルゴリズム・ソリューション。このソフトウェアにより、走行する車両に乗客が存在するかどうか確実に検出できるようになります。

By Azcom Technology

ソフトウェア

mmWave SDK

この SDK は、デバイス・ドライバ、OS アブストラクション・レイヤ、ライブラリ、ファームウェア、API、ユーティリティ、デモ・サンプルで構成されたソフトウェア・パッケージです。サンプルでは、クラウド・ベースの視覚化ツールを使用して制御とデータ処理について解説しています。 

デバイス・ファームウェア・パッケージ

TI ミリ波センサ AWR1243 向けのデバイス・ファームウェア・パッケージは、RF/アナログとデジタル・フロント・エンド・サブシステム用のシームレスな制御、構成、キャリブレーション、監視機能を提供します。これにより、ミリ波フロント・エンドが温度などの動的な条件に適応することができます。

mmWave Studio

mmWave Studio は TI の AWR1xxx プラットフォームの制御と構成を行う視覚化ツールです。mmWave Studio は、AWR1xxx プラットフォームの特性評価と RF 性能評価を行います。

  • また、AWR1xxx プラットフォームからの生データのキャプチャを容易にし、そのデータを Matlab を使用して処理した後、処理データをグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(GUI)を使用して表示します。