センサ

ミリ波 IWR - レベル・トランスミッタ

概要

TI のミリ波センサを活用して、レベル・トランスミッタ・アプリケーションで液体と固体の高性能体積測定を実現する方法をご確認ください。 

ホワイト・ペーパー(無償)でレベル・トランスミッタ・アプリケーション向けミリ波センサの基礎を解説しています。ダウンロードしてご活用ください。

ミリ波レベル・トランスミッタ

IWR1443 ミリ波センサ

代表的なデバイス性能
アプリケーションの利点
出力 ADC の未加工データ、範囲、角度 既存システムに接続するフレキシブルなインターフェイス
チューニング範囲 76 ~ 81GHz クラッタを回避できる狭いビーム、小型化したアンテナとレンズ
距離の精度 <1mm* 高精度の距離測定できめ細かいタンク液量コントロールを実現
チャープ帯域幅(BW) 4GHz(5GHz**) タンク底面と上面のさらに近くで計測
電力出力 最大 12dBm 同じプラットフォームを使用して大小のタンクで検出
消費電力 <25mJ/測定*** 4 ~ 20mA の 2 線式インターフェイス対応
MIMO 4RX x
3 TX + カスケード接続
固体レベル・センシングでの正確な表面マッピング

* High-accuracy range measurements require high-accuracy algorithm and accurate mounting
** 5GHz chirp bandwidth requires bandwidth stitching of 4GHz and 1GHz chirps
*** low power measurement require turning the device off between measurements, see TI Design for more information

評価

評価基板の購入、TI のラボや消費電力を最適化した TI Designs リファレンス・デザインの活用により、TI のミリ波センサを評価できます。

IWR1443 評価基板

ポイント・クラウド生成用にマイコンとハードウェア・アクセラレータを搭載した、シングルチップ・センサの評価プラットフォーム。

レベル・トランスミッタ・ラボ

ご自分の手で実験してミリ波センサの性能をご確認になり、レベル・トランスミッタ・ラボの説明に従ってデモを再現することができます。

レベル・トランスミッタのリファレンス・デザイン

4 ~ 20mA の 2 線式インターフェイスを使用したレベル・トランスミッタ・アプリケーション。

ミリ波関連の TI Design リファレンス・デザインの内容:

  • 電力最適化ソフトウェア
  • 回路図とレイアウト
  • チャープ構成

設計

準備ができたら、設計プロセスでこれらのリソースをご活用ください。

IWR1443

マイコンとハードウェア・アクセラレータを搭載したシングルチップの 76 ~ 81GHz ミリ波センサ

設計プロセスに関する疑問をお持ちでしたら、TI のミリ波関連トレーニング・シリーズをぜひご活用ください。

TI のミリ波センサに関するフォーラム(英語)でエキスパートに質問を行ったり、各種の設計アイデアを調べることができます。