センサ

mmWave IWR – ツールとソフトウェア

開発ツール

IWR6843 スタータ・バンドル


ミリ波キャリア・プラットフォームでは、さまざまなアンテナ構成の IWR デバイスを柔軟に開発することができます。 mmWave SDK およびツールから直接フル・デバッグ、エミュレーション、またプロトタイピングを行うことができます。 スタータ・バンドルには、120° x 30° の視野を持つ標準のアンテナが含まれています。


AoP

アンテナ統合型パッケージ・プラグイン・モジュールにより、内蔵アンテナを使用して IWR6843 で迅速なプロトタイピングができます。 このモジュールは、ミリ波キャリア・プラットフォーム、mmWave SDK、またすべてのツールと互換性があります。  

リアルタイム・データ・キャプチャ・アダプタ

DCA1000 では、未加工のセンサ・データをリアルタイムでキャプチャし、TI のミリ波センサ評価モジュールからイーサネットを介してストリーミングすることができます。

IWR1443 評価モジュール

IWR1443 シングルチップ・ミリ波センサ向けの評価ボードで、TI 製マイコン(MCU)LaunchPad™ エコシステムとの直接のコネクティビティを確立できます。この評価ボードには、低消費電力の ARM®-R4F コントローラの開発を開始するために必要な機能がすべて含まれています。 

DesignCore™ 産業用ミリ波センサ・スタータ・キット

スタータ・キットは、レーダー・ベースの産業用ナビゲーション、センシング、オートメーション・アプリケーションの迅速な開発を可能にします。ベースボードに搭載された、アンテナ統合、低消費電力の D3 ミリ波センサ・モジュールが含まれています。

  • ベースボードには、テストと評価のため PC または組込みプラットフォームに簡単に接続できるインターフェイスが搭載されています。キットには一般的な産業用レーダー・アプリケーション向けアプリケーション・ソフトウェアとデモ・プログラムが含まれています。

ソフトウェア

mmWave SDK

使いやすい mmWave SDK(ソフトウェア開発キット)を使用して、カスタム化したアプリケーションを EVM 上で直接、迅速にプロトタイプ製作することができます。mmWave SDK は、TI RTOS と、包括的なペリフェラル・ドライバ、センサを構成するための API、FFT HW(ハードウェア)アクセラレータと DSP 向けのライブラリで構成された、信頼性の高いプラットフォームです。

mmWave Studio

mmWave Studio は、ミリ波センサの評価を強化するための一連の Web ベース・ツールで構成されています。これらの使いやすいツールにより、チャープ設計の評価とプロトタイプ製作を行い、すぐに使用できるデモを活用して実験を進めることができます。

産業用ミリ波ツールボックス

産業用ミリ波ツールボックスはリファレンス・ソフトウェアのラボ、実験データ、チャープ設計を集めたもので、迅速な開発とプロトタイプ開発を実現します。 各パッケージにはソース・コード、テスト手法、操作手順が搭載されており、結果を再現できます。

ミリ波センシング推定ツール

ミリ波センシング推定ツールは、ミリ波センサ・ベース・システム設計の第 1 歩です。このツールは、最大/最小範囲、フレーム・レート、最高/最低速度など、シンプルなシステム・パラメータに基づいて RF フロント・エンドのチャープ構成を計算します。