センサ

アナログ温度センサ 

温度範囲全体にわたって、高い精度、直線性、信頼性を実現できます

アナログ温度センサは、温度に比例する、線形性の高い出力電圧または出力電流を供給します。また、低消費電力で、自己発熱が最小なので、最高 ±0.13℃ の精度を実現できます。アナログ温度センサは非常に使いやすく、補償回路、参照テーブル、キャリブレーションのいずれも不要です。

アナログ温度センシングの精度

精度

開発中の設計で、温度センサの精度要件を満たすデバイスを検索できます

アナログ温度センサのゲイン

センサのゲイン

ゲイン (mV/℃) がさまざまに異なる各種センサをサポートする、フレキシビリティの高い設計

アナログ温度センサのパッケージ・タイプ

パッケージ・オプション

さまざまなパッケージから選択し、基板上と基板外それぞれの温度に関する最高の性能を実現することが可能

アナログ温度に関する車載の定格

定格

TI の認定済みデバイス・オプションを活用して、設計の厳格な要件への対応が可能

主なアナログ温度センサ

TMP61

正の温度係数(PTC)のシリコンベース・リニア・サーミスタ

TMP235

高精度アナログ出力温度センサ、2.3V ~ 5.5V の電源電圧範囲および ±1℃ の精度

LMT87

2.7V 対応、10μA アナログ出力温度センサ、SC70 および TO-92 パッケージ