環境情報

環境と製品に対する責任を遂行するための TI の包括的なアプローチは、TI の事業のあらゆる側面を含んだものです。有害物質に関して、TI は単にルールや規制による要求を満たすだけではなく、それを上回る対策も実施しています。

製品に対する責任

TI は IEC QC 080000 の要件に従って、Restricted Chemicals and Materials(RCM、制限化学物質と原材料)プログラムを制定しました。これらに該当するのは、Tier 1 サプライヤ(直接の下請け企業)の管理、仕上げ済み製品の一部となる原材料を取り扱う社内の製造プロセス、データ収集、適切な試験と報告、経営監査、最新の法的要件とお客様からの要望に対応するための適宜更新です。

以下に、TI の事業に関する情報と、TI 製品に含有されている物質に関するデータへのリンクを示します。また、懸念のある原材料と、TI 製品がそれらの原材料を含有しているかどうかに関する情報もご確認になれます。

多くのお客様は、特定の物質や、EU RoHS や EU REACH のような法規制に関連する疑問もお持ちです。これらのトピックに関する TI の立場を示す声明は、以下に掲載されています。

環境情報グラフィック

立場に関する声明

関連リソース