テクノロジー

 機能安全 システム認証手続きを迅速化

TI のアナログおよび組込みの製品とリソースを利用して車載用および産業用機能安全アプリケーションの開発期間を短縮しましょう


機能安全設計向けの製品の課題

機能安全への準拠を実現するために、機能安全システムを設計するために必要なアナログ製品および組込み型プロセッサ製品を 40,000 デバイスを超える TI の幅広い製品ラインアップから検索しましょう。

alt text

経験と創意工夫が設計期間を短縮

安全性の確保が重要な車載用システムと産業用システム向けに各種デバイスを供給してきた TI の経験を活用することで、将来に対応する安全性システムを構築し、設計期間を短縮できます。


設計サイクルのすべてのステップに対応するコンテンツ

システム・ブロック図と技術資料を含むリソースの堅牢なライブラリを利用して、設計期間とシステムの安全認証手続きを短縮します。

TI の機能安全コミットメント

TI の安全認証デバイスは、ISO 26262 / IEC 61508 認定済みのハードウェア開発プロセスを使用して設計および開発されており、決定論的原因による障害やランダムなハードウェア障害に起因する危険な故障を検知して防止するセーフティー・メカニズムを採用しています。さらに、設計に関連する非常に複雑な課題の解決に役立つ各種設計リソースによる裏付けもあります。

決定論的原因による障害の管理と軽減

独立して評価/認定される ISO-26262 および IEC-61508 に準拠したプロセスを使用して開発された TI の SafeTITM コンポーネントを使用して、ASIL D/SIL 3 に準拠したシステムまで設計・構築します。

ランダムなハードウェア障害の検知と防止

TI の調整可能な FMEDA、機能安全マニュアルに記載されている機能安全性 FIT 率とセーフティー・メカニズムを利用して、ランダムなハードウェア障害を部品レベルで防止します。

システムの安全認証手続きを簡素化

SafeTI 診断ライブラリ、コンパイラ認証キット、およびサード・パーティーのツールなどの。リソースを活用して、システムの安全認証を合理化し、開発を迅速化してください。

主な機能安全設計リソース

第 4 次産業革命は、リアルタイムの製品情報と最大の効率を備えた、よりスマートでより安全な工場を実現します。TI のホワイトペーパーでは、Industry 4.0 の安全な実装方法について説明します。

ADAS システム向けのマイコンの各レールを監視する高精度の電圧検出器を使用して、機能安全の目標を達成することができます。

産業用マイクロエレクトロニクスはますます複雑になっています。TI のブログは、ミックスド・シグナル・センシングを搭載したマイコンを含む、マイコンに対する機能安全標準のアプリケーションについて説明します。

機能安全に対応した製品

機能安全に対応したアプリケーション

車載用

先進的な電子機器部品は、車両の排出量を削減し、コネクティビティを改善し、自律的な運転のレベルを実現できます。機能安全は、多くのことが関わっているホイールに隠されたガードレールを提供します。TI のデバイス、ツール、設計リソースを利用すると、ISO 26262 要件と ASIL D までのオートモーティブ・セーフティー・インテグリティ・レベル(ASIL)を満たす設計が可能です。

産業用

Industry 4.0 からロボットやモーター駆動まで、産業用システムはよりスマートで安全になり、効率も向上してきました。より安全な産業用システムを設計し、製造の停止時間を削減し、機器の寿命を最大化する需要の高まりによって、IEC 61508、ISO 13849、IEC 61800、IEC 60730 のような規格を満たす水準まで機能安全デザイン要件を引き上げています。産業用システム・レベルの極めて困難な技術的課題に対応する必要がある製品とリソースを紹介しています。 

産業用ロボット・アームのアイコン