ソフトウェアと開発ツール

業界をリードする Code Composer Studio™ IDE

クラウド版とデスクトップ版のどちらを使用する場合も、Code Composer Studio™ IDE により、高度に最適化された組込みアプリケーションの編集、ビルド、デバッグを実行できます。 

CCS Cloud (クラウド版)と CCS Desktop(デスクトップ版)のどちらを使用すればよいでしょうか?

CCS Cloud は、LaunchPad で開発を開始するための迅速で効率的な方法です。ただし、プログラムが動作しないときに、その原因を突き止めるために高度なデバッグ機能が必要になる場合は従来の Code Composer Studio デスクトップ・ツールを使用してください。CCS Cloud プロジェクトは CCS デスクトップ・プロジェクトとの互換性があり、いつでも Cloud ツールで開発を開始できます。また、プロフェッショナルなデスクトップ・ツールへの移行も簡単です。 

Feature CCS Desktop CCS Cloud
Code Editing/Building
Support for CCS Projects
Support for Energia (Wiring) framework
Run program on local LaunchPad
Stepping, Breakpoints & Expressions
View Registers and Memory
Advanced Debug and trace
 
Support for high performance debug probes

Code Composer Studio Desktop IDE 

組込みアプリケーションの開発、コンパイル、デバッグ、および分析に必要な一連のツールで構成されている、業界をリードする統合開発環境(IDE)です。

  • Eclipse オープン・ソース開発環境をベースとしており、多くのツールと統合できます。
  • 最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。
  • アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが搭載されています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。
  • ノード・ロック型(PC に関連付け)とフローティング型(ネットワーク)の各種無償ライセンスが利用可能です。
  • プラットフォームの特長や、ユーザー向けの信頼できるリソースなど、包括的な情報。 

Code Composer Studio IDE を使用した開発の開始

Code Composer Studio Cloud IDE 

CCS Cloud は、Web ベースの IDE で、CCS と Energia の各プロジェクトを作成、編集、ビルドすることができます。プロジェクトのビルドに成功した後、接続先の LaunchPad にプロジェクトをダウンロード(転送)し、実行することができます。ブレークポイントの設定や、変数の値の表示など、基本的なデバッグ機能が CCS Cloud でサポートされるようになりました。

  • CCS Cloud により編集、評価、初期設計を開始し、ダウンロードとインストールの所要時間を短縮できます。LaunchPad または SensorTag を接続し、CCS Cloud を起動してログイン
  • CCS Cloud は、Energia IDE から供給されている Wiring API、TI-RTOS、および C / C++ を使用した開発をサポートしています