ソフトウェアと開発ツール

TI クラウド・ツール

クラウド・ベースの容易な開発

ダウンロードとインストールに必要な時間を短縮: dev.ti.com で開発をすぐに開始できます。Resource Explorer インターフェイスにより、必要なすべてのファイルを迅速に検索できます。次に、業界をリードする Code Composer Studio™ Cloud IDE と PinMux を使用し、組込みアプリケーションの編集、ビルド、デバッグをクラウド上で実行できます。 

Resource Explorer:ここから開発を開始

  • Resource Explorer により、選択したプラットフォームに対応する最新のサンプル、ライブラリ、デモ・アプリケーション、データシートなどの検索が可能になります。
  • デバイスや TI LaunchPad™ キットでフィルタリングし、必要なリソースのみを選択できます。

Resource Explorer は TI のクラウド・ツールと完全に統合されており、ファイルを設計に直接インポートすれば、わずか数クリックで開発を始めることができます。同様の直感的ナビゲーションを採用したデスクトップ・バージョンの Resource Explorer が、Code Composer Studio Desktop IDE に付属しています。

Code Composer Studio™ Cloud IDE 

  • CCS Cloud を使用して、簡単に編集、評価、初期設計を開始できます。開始するには、LaunchPad または SensorTag を接続し、CCS Cloud を起動するだけです。
  • CCS Cloud は Energia、TI-RTOS、C / C++ により Wiring API をサポートしています。

Desktop IDE はいつでも利用できます。追加機能にアクセスする際には、クラウド・バージョンからデスクトップ・バージョンの Code Composer Studio IDE にコードをインポートすることにより、プロジェクトをシームレスに移行できます。

UniFlash

UniFlash for Cloud は、(クロス開発の)ターゲット・プログラムを広範な TI デバイスの内蔵フラッシュにロードする(書き込む)簡略的な方法を実現します。インターネット・アクセスが利用できない場合や、GUI が不要な場合、UniFlash のデスクトップ・バージョンとコマンドライン・バージョンの両方を利用することもできます。

PinMux

PinMux がクラウドで利用できるようになりました。ダウンロード可能な TI のデスクトップ PinMux ツールと同じ機能を、同じ効率で利用できます。

デバイスのペリフェラルを選択し、ピン・マルチプレックスの自動解決オプションを使用して必要なピン・マルチプレックス・ソリューションを生成する作業を、CCS Cloud での開発中にも実行できます。

BoosterPack Checker

 

PinMux がクラウドで利用できるようになりました。ダウンロード可能な TI のデスクトップ PinMux ツールと同じ機能を、同じ効率で利用できます。

デバイスのペリフェラルを選択し、ピン・マルチプレックスの自動解決オプションを使用して必要なピン・マルチプレックス・ソリューションを生成する作業を、CCS Cloud での開発中にも実行できます。

GUI Composer

GUI Composer を使用してカスタムの HTML GUI を簡単に作成し、対象のデバイスで実行中のプログラムとやりとりを行うことができます。

(クロス開発の)ターゲット・デバイスの制御と、ターゲット・デバイスから送信されたデータの表示を可能にするさまざまな Web コンポーネントが提供されています。ユーザー・インターフェイス、デモ・アプリケーション、テスト環境のシミュレーションなど、GUI Composer で多様なソリューションを作成することができます。