ソフトウェアと開発ツール

マイコン、プロセッサ、ワイヤレス・コネクティビティ・プラットフォーム向け最適化 C / C++ コンパイラ

TI は自社のプログラマブル組込みプロセッサ向けに、一連の最適化 C / C++ コンパイラを提供しています。これらのコンパイラは、性能とコード・サイズの両方を高度に調整したコードを生成し、デバイスの能力を最大限に引き出します。TI のコンパイラは Code Composer Studio 統合開発環境(IDE)の一部として提供されていますが、個別にダウンロードすることも可能です。

CCS 経由で各種コンパイラにアクセスするには、Code Composer Studio ツール・フォルダにアクセスしてください

C/C++ compiler chip

ビジュアル・ツールによるアドバイスと支援

TI のコンパイラはビジュアル・ツールにより、性能、コード・サイズ、消費電力を最適化するためのサポートを提供します。これらのツールは、特定のデバイスの機能をより良く活用するためのコード改善方法に関するアドバイスを提供します。具体的な機能:

  • メモリの使用状況をグラフィカル表示
  • コード・サイズに影響を及ぼす設定に関するデータを提供
  • TI の組込みデバイス・アーキテクチャ向けにカスタマイズ済み
  • Code Composer Studio™ の一部として提供

セーフティ・クリティカルなアプリケーションに最適

TI のコンパイラは非常に高性能かつ入念なテスト済みで、ISO26262 などのセーフティ・クリティカルなアプリケーションでの使用に最適です。

OpenCL と OpenMP は TI の DSP に対応

TI は KeyStone II や Sitara AM57x などの SoC やマルチコア KeyStone C66x デバイス上で、OpenCL と OpenMP をサポートしています。これらの標準的なプログラミング・モデルにより計算処理の分散が容易になることから、こうした強力なデバイスのフル機能活用が可能になります。