ワイヤレス・コネクティビティ

Bluetooth® Low Energy - 設計と開発

主な SimpleLinkTM 開発キット 

CC26x2R LaunchPad™ 開発キット

  • Bluetooth 5 ワイヤレス・マイコン
  • ARM Cortex-M4F
  • 352KB フラッシュ、256KB ROM、80KB RAM

CC2640R2F LaunchPad 開発キット

  • Bluetooth 5 ワイヤレス・マイコン
  • ARM Cortex-M3
  • 128KB フラッシュ、144KB ROM、20KB RAM

CC1352R LaunchPad 開発キット

  • Sub-1GHz + 2.4GHz ワイヤレス・マイコン
  • Arm Cortex-M4F
  • 352KB フラッシュ、256KB ROM、80KB RAM

CC1352P LaunchPad 開発キット

  • Sub-1GHz + 2.4GHz ワイヤレス・マイコン、+20dBm の PA (パワー・アンプ) 内蔵
  • ARM Cortex-M4F
  • 352KB フラッシュ、256KB ROM、80KB RAM

CC2652RB LaunchPad 開発キット

  • Crystal-less BAW Bluetooth 5 ワイヤレス・マイコン
  • ARM Cortex-M4F
  • 352KB フラッシュ、256KB ROM、80KB RAM

CC1352R マルチバンド LaunchPad SensorTag キット

  • Sub-1GHz + 2.4GHz ワイヤレス・マイコン
  • オンボードの環境センサとモーション・センサ&
  • 2 × AAA (単四電池) バッテリ動作

SimpleLink ソフトウェア

SimpleLink CC13x2 および CC26x2 SDK

SimpleLink CC13x2 および CC26x2 ソフトウェア開発キット(SDK)は、SimpleLink CC13x2 および CC26x2 ワイヤレス・マイコンで Bluetooth® Low Energy、ZigBee®、Thread、802.15.4 ベース、独自仕様、およびマルチプロトコルのソリューションをサポートする、Sub-1GHz および 2.4GHz アプリケーション開発用の包括的なソフトウェア・パッケージを提供します。

SimpleLink CC2640R2F SDK

SimpleLink™ CC2640R2 ソフトウェア開発キット (SDK) は、Arm® Cortex®-M3 ベースの (http://www.tij.co.jp/product/jp/CC2640R2F) CC2640R2F ワイヤレス・マイコンで開発するための、TI のロイヤリティ・フリーの Bluetooth® Low Energy (BLE) ソフトウェア・スタックが含まれています。 

開発ツール

SmartRF Studio

RF システムの設計にこの Windows アプリケーションを使用した場合、設計プロセスの初期段階で RF IC を簡単に評価できます。

Sensor Controller Studio

Sensor Controller Studio は、CC26xx/CC13xx センサ・コントローラ用のコードの作成、テスト、デバッグに使用され、超低消費電力アプリケーション設計を実現します。

Resource Explorer

この環境を使用して、選択したプラットフォームに対応する最新のサンプル、ライブラリ、デモ・アプリケーション、データシートなどを探すことができます。

TI のマイコンと組込みプロセッサ・ポートフォリオをサポートする統合開発環境(IDE)です。

高度に最適化された C/C++ コンパイラを組み込んだプロジェクト・マネージメント・ツールおよびエディタを搭載し、ユーザーに配慮した IDE です。

TI マイコン上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara プロセッサのオンボード・フラッシュ・メモリをプログラムする (書き込む) 目的で使用する、スタンドアロンのツールです。

多数の SimpleLink™ ワイヤレス・デバイス用のフラッシュ・メモリのプログラミングや、関連する評価ボードやデバッガでファームウェアやブートローダのアップグレードに使用できます。

ワイヤレス・ネットワーキング・ソリューション用の小型のプログラマ/デバッガです。

SmartRF Packet Sniffer 2 は、ワイヤレス・パケットのキャプチャと表示を実施するソフトウェアとファームウェアで構成されています。

任意の Bluetooth Low Energy デバイスのサービス、特性、属性を表示する Windows アプリケーションです。SensorTag と BLE 用ファームウェアのワイヤレス・ダウンロードにも使用できます。

Bluetooth Special Interest Group (SIG) と FCC は、Bluetooth 製品を認定するための規範となる要件を定義しています。

その他のキットとソフトウェア

CC2640 ワイヤレス・マイコン向け SimpleLink Bluetooth Low Energy SensorTag IoT デモ・キットは、3 分でセンサ・データをクラウドに接続できます。

CC2640、CC2620、CC2650 ワイヤレス・マイコンをそれぞれ使用した、音声ベースの Bluetooth® Low Energy、ZigBee® RF4CE™、マルチスタンダード・リモート・コントロールの開発用のオールインワン・ソリューションです。

CC2540/CC2541 ワイヤレス・マイコンの評価に最適です。このキットには、CC2541 Keyfob ボードと CC2540 USB ドングルが付属しており、両方の Bluetooth Low Energy ワイヤレス・マイコンを評価できます。

SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy CC2650 モジュール・ブースタパック・プラグイン・モジュールを使用すると、LaunchPad™ 開発キットに Bluetooth Low Energy を迅速かつ簡単に追加できます。

SimpleLink HomeKit プラグインには、SimpleLink CC13x2/CC26x2 および CC32xx デバイスを利用している MFi ライセンス取得済みのお客様向けの、堅牢な開発ソリューションが用意されています。

BLE 開発を迅速に開始するために必要なすべてのソフトウェア、サンプル・アプリケーション、資料を含むフル機能の Bluetooth 4.2 認証済みスタックを提供します。

より高いスループットや、Bluetooth Low Energy 向けの MultiRole などの高度な専門サンプル・コードについては、SimpleLink GitHub ページ(英語)を参照し、開発を開始してください。

このデモ・キットを使用すると、シンプルな Android または iOS のインターフェイス経由でクラウド接続型のセンサ・アプリケーションを実現できます。