ワイヤレス・コネクティビティ

SimpleLink™ ソフトウェア開発キット

SimpleLink SDK に関する詳細

SimpleLink SDK は、業界標準の API、TI ドライバ、TI RTOS を使用して開発を単一の環境で行えるよう簡素化する目的で設計されており、アプリケーションを開発するための堅牢な土台を提供します。

  • SimpleLink マイコン製品ラインアップ全体で 100% のアプリケーション・コード互換性   
  • TI ドライバは、統合されたペリフェラル向けに、一連の高機能 API セットを提供   
  • 統合型 TI-RTOS:包括的な開発をすぐに開始するための堅牢でインテリジェントなカーネル   
  • POSIX 互換の API は、OS/カーネルをフレキシブルにサポート   
  • 暗号化に対応したセキュリティ機能   
  • IoT 向けのスタックとプラグインが、設計に機能を追加
SimpleLink SDK に関するホワイト・ペーパー

100% のアプリケーション・コード移植性

コード移植性とは?

SimpleLink プラットフォームは、製品を拡張するために必要なフレキシビリティをデベロッパーに提供するためにゼロから設計されました。これにより、デベロッパーは、既存の製品に新しい機能を追加したり、ソフトウェアへの投資を活かしながら補完的なソリューションを作成したりできます。他のプラットフォーム・デバイスへの 100% のコード移植性のおかげで、開発チームはコードを一から書き直したり、コード・ベースに大幅な修正を施したりする必要はありません。さらに、チーム・メンバーが、新機能用のわずかなアプリケーション・コードを実装するために新しいツールを習得する必要もありません。

SimpleLink SDK の動作方法

下のブロック図をクリックして、詳細をご確認ください。

Your Application Code

TI's ongoing commitment to the platform guarantees compatible APIs. In addition, the common components of the SDK are available under industry-standard, open-source licensing models that enable customer use directly in applications.

SDK Plugins
Voice Recognition
CapTivate
Sensor & Actuator
Cloud/IoT
Plus More
Examples

These plug-ins are built on top of TI Drivers and are available from both TI and third parties. SimpleLink SDK Plugins are now available for a variety of categories, including drivers for sensors/actuators, connectivity stacks, IoT cloud services & more, enabling developers to build complex systems quickly with this modular software approach.

Middleware and Stacks
Bluetooth
Multi-standard
Sub-1GHz TI15.4-Stack
Zigbee
2.4 GHz Proprietary TI 15.4-Stack
Wi-Fi
Thread
Graphics
Sub-1GHz TIEasyLink
Ethernet
Examples

TI has completed all testing and integration of the middleware for SimpleLink devices, making it fast and easy to integrate new technologies, including:

  • Connectivity Stacks, including Ethernet, Wi-Fi, Bluetooth, Sub-1GHz, ZigBee, Thread & more
  • Graphics Library
  • USB Library
  • And more!
Common SimpleLink Components
TI Drivers
(GPIO, I2C, UART, SPI, ADC, PWM, …)
Examples
POSIX
(IEEE Standard enabling code portability between OSes)
Examples
Driver Lib
Examples
OS Kernel (optional)
TI-RTOS
FreeRTOS
Examples

TI Drivers: TI Drivers offer portable, feature-rich access to peripherals. The TI Drivers API exposes the functionality of the hardware-specific drivers in the same way across all TI SimpleLink devices, giving developers portable, feature-rich access to a variety of peripherals. TI drivers are open source [Berkeley Software Distribution license (BSD)] and built on the hardware abstraction layer, offering full access to the device's complete capability. This device-agnostic approach provides easy portability of the application code across SimpleLink devices now and into the future.

DriverLib: DriverLib hardware abstraction layer (HAL) consists of C functions that abstract writes to hardware registers. The TI Drivers and OS kernel support use the HAL to access hardware features. The HAL, built on top of device-specific header files, follows the ARM CMSIS standard, simplifying access to device modules beyond the register level. With the DriverLib HAL access, developers can peel back the layers of the TI drivers for greater control of their applications or to enhance the software for peripheral and device-specific optimization.

POSIX: POSIX-compliant API offers support of additional third party kernels such as FreeRTOS. The POSIX layer abstracts the RTOS kernel functionality used by applications. POSIX is an IEEE industry standard for compatibility between operating systems. Requiring less than 2 KB of code in typical applications, the POSIX layer allows examples and user applications to be easily re-used and ported to a different kernel. POSIX-compatibility also allows TI third-party companies to interface with SimpleLink SDK devices to add support for their kernel. This provides complete freedom to design with any OS, including FreeRTOS.

RTOS [TI RTOS, FreeRTOS, noRTOS]: The integrated TI-RTOS kernel provides real-time, multitasking services such as timing and scheduling of tasks. TI-RTOS is a robust solution you can trust, already deployed in thousands of applications across various TI embedded solutions. The kernel is open source (BSD license) and was developed in lock-step with TI's silicon portfolio to enable very low latency in an efficient code footprint. Developers can optimize applications for power consumption, performance and code size to meet their needs. SimpleLink SDKs also support alternative RTOS kernels, such as FreeRTOS.

Examples: The SDK provides a wide range of free examples. Using these examples, customers can quickly and easily start writing applications straight out of the box. Each example comes with its own documentation and project files, giving you everything you need to get started. Examples are provided using the supported RTOS kernels. For certain SDKs, examples that do not use an RTOS are also provided.

SDK のダウンロード&プラグイン

SDK の選択

SimpleLink SDK は、重要なソフトウェア・コンポーネントと使いやすいサンプルを単一の包括的なパッケージ内に統合する方法で、整理統合された一貫性のある操作環境を提供します。ドライバや通信スタックから OS カーネルまで、顧客が TI の ARM® Cortex®-M ベースのマイコンを使用して新しいアプリケーションを迅速かつ効率的に開発するために必要とされるすべての要素が SDK を構成しています。また、SDK は開発環境と良好に統合されているので、先進的なデバッグ機能にも容易にアクセスできます。テクノロジーを選択し、詳細をご確認ください。

 

SimpleLink SDK プラグイン

品質と信頼性

四半期ごとのリリース間隔

  • 組込みデベロッパーへの製品化時間を巡る圧力は高まり続けています。半導体ベンダの SDK に依存する場合、プロジェクトを予定通りに遂行するためには、リリース・スケジュールの予測可能性が重要です。
  • SimpleLink SDK を四半期ごとに更新することで、新機能にタイムリーに、予測可能な間隔でアクセスすることができます。 

強固さを確保するテスト

  • 各リリースには、継続した高品質を確保する目的で、システムおよび互換性に対する一連の強固なテストが実施されます。
  • テストには、静的解析、多数の工業標準テスト・スイート、関連システムおよび相互運用性テストが含まれています。
  • &
  • TI サイトのリリース・ノートには、ソフトウェア・ダウンロード・ページ上のリンクを通じてアクセスできます。最新情報に加え、互換性やアップグレードに関する検討事項を記載しています。 

クリアでオープンなライセンス

  • 各 SDK リリース向けのオンライン・マニフェストには、付属の全ソフトウェア・コンポーネントに関連するライセンスについて詳細が記述されています。
  • 共通の SimpleLink SDK コンポーネントは、オープンソース・ライセンスに基づいてリリースされます。 
  • 各 SDK リリース向けのオンライン・マニフェストには、付属の全ソフトウェア・コンポーネントに関連するライセンスについて詳細が記述されています。
  • 共通の SimpleLink SDK コンポーネントは、オープンソース・ライセンスに基づいてリリースされます。