ワイヤレス・コネクティビティ

SimpleLink™ Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン

高性能、長距離ワイヤレス通信、超低消費電力


SimpleLink 超低消費電力ワイヤレス・マイコン

TI は、非常に少ない電力で最大の距離を実現できます。

  • ビル全体から市街全体規模をカバーする到達範囲
  • コイン・セル・バッテリで数年以上の動作
  • SimpleLink プラットフォームで共通コア・ソフトウェアを活用

Sub-1GHz コネクティビティが容易に

新しい SimpleLink CC13xx SDK に TI の 15.4-stack が付属

  • 長距離かつ信頼性の高いスター・ネットワーク向けに設計
  • すぐに使用できるソフトウェアにより、製品開発期間を短縮
  • 周波数ホッピングを内蔵

SimpleLink Sub-1GHz でセンサからクラウドに接続

生まれ変わった長距離対応ゲートウェイ・ソリューション

  • 開発期間の短縮を可能にする実績ある技術
  • 長距離アプリケーションのクラウド接続をサポート
  • 複数のクラウド・プロバイダに対応できるフレキシブルなインターフェイス

主な製品

CC1312R チップの画像

New! CC1312R

New! CC1352R

近日発表予定! CC1352P

CC1310

CC1350

*some stack components will be embedded in ROM in production devices to increase application code space in flash

概要

新たに強化された超低消費電力センサ・コントローラにより、長距離と低消費電力を実現 最小消費電力のマルチバンド・ワイヤレス・マイコンにより、Sub-1GHz と 2.4GHz を並行サポート  統合型 +20dBm PA での Sub-1GHz と 2.4GHz の並行サポートにより長距離に対応 コイン・セル・バッテリで数年以上動作し、ビル全体を網羅 Sub-1GHz + Bluetooth Low Energy によるスマートフォン接続への対応

主な特長

SimpleLink マイコン・プラットフォームに準拠
yes
yes
yes
yes
yes
アプリケーション・マイコン Arm® Cortex®-M4F Arm® Cortex®-M4F Arm® Cortex®-M4F Arm® Cortex®-M3 Arm® Cortex®-M3
メモリ
352KB フラッシュ、256KB ROM*、80KB RAM
352KB フラッシュ、256KB ROM*、80KB RAM
352KB フラッシュ、256KB ROM*、80KB RAM
128KB フラッシュ、20KB RAM
128KB フラッシュ、20KB RAM
スタンバイ消費電流 0.8µA 0.8µA 0.8µA 0.7µA 0.7µA

Sub-1GHz 送信回路

パフォーマンス・ライン、バリュー・ライン、汎用送信回路の追加により、Sub-1GHz コネクティビティを実現します。

最長の通信範囲と最も堅牢な性能

コスト最適化されたレシーバ、トランスミッタ、送信回路プラットフォーム

業界で定評のある RF 送信回路

SimpleLink Sub-1GHz ネットワーク・ソリューション:TI 15.4 スタック

SimpleLink Sub-1GHz スタック・ソリューションは、TI の SimpleLink マイコン・プラットフォームを土台として構築されており、複数の接続プロトコルへのコード移植性をもつ単一の開発環境を提供します。この包括的なソリューションは、自宅やビル、市街地で、長距離対応の低消費電力センサを接続するのに適しています。 SimpleLink Sub-1GHz スタックは、堅牢なシステムに必要なすべてのコンポーネントを提供することで Sub-1GHz コネクティビティを容易にする、規格ベースのスター・ネットワークを実現します。このネットワーク・ソリューションの利点は次のとおりです。

  • 到達距離が長く、壁を突き抜けることができ、低消費電力であるといった RF のメリットを活かせる Sub-1GHz ISM バンド
  • スケーラブルなネットワーク機能を搭載し、将来性を考慮した実装
  • 堅牢なパフォーマンスを発揮する規格ベースのネットワーク・ソリューションを提供
  • エンド・ツー・エンドのソリューションを提供することで実装コストを低減

 

主なネットワーク機能

スケーラブル

  • サポートされている帯域:915MHz、868MHz、433MHz
  • サポートされているデータ・レート:50kbps、200kbps と長距離 5kbps
  • FCC/ETSI 認定可能
  • 200 ノード以上の大規模ネットワークのサポート

堅牢

  • MAC 層の確認応答を使用して確実な転送を保証
  • CSMA/CA などの Listen-Before-Talk チャネル・アクセス・メカニズムでパケットの衝突を最小化
  • 周波数ホッピングにより干渉に対する耐性を向上

エンド・ツー・エンドのソリューション

  • センサからクラウドへの接続ソリューションを使用して Sub-1GHz ノードとクラウド間でメッセージを送受信
  • Sub-1GHz + BLE のマルチバンド対応のスマートフォン接続
  • ネットワークのフォーメーション、ディスカバリ、ジョイン、リーブ
  • 一時停止/再開機能付きのワイヤレス(over-the-air、OTA)ソフトウェア更新

SimpleLink Sub-1GHz ネットワーク・ソリューションで開発を始めましょう。

1. LaunchPad の購入

2. SDK のダウンロード

3. SimpleLink Academy を活用して開発を開始

 

SimpleLink Sub-1GHz:センサからクラウドに接続

低消費電力ワイド・エリア・ネットワーク(LPWAN)向けのエンド・ツー・エンドのソリューションです。クラウド接続機能により、長距離対応の Sub-1GHz スター・ネットワークを通じてセンサのデータの送受信ができます。

センサからクラウドに接続

センサ・ノード

センサ・ノードのサンプル・アプリケーションは、SimpleLink CC13x0/CC13x2 SDK に付属する TI 15.4-Stack ソフトウェアに含まれています。TI 15.4-Stack は、主な機能としてネットワーク管理、セキュリティ、周波数ホッピング手法などを実現する包括的な Sub-1GHz ネットワーク・ソリューションです。 

TI 15.4-Stack センサ・ノードのサンプル・アプリケーションは、以下の SimpleLink Sub-1GHz 開発ツールと組み合わせて活用することができます。

ゲートウェイ

センサからクラウドに接続する SimpleLink Sub-1GHz ゲートウェイはスター・ネットワークの中央ノードとして、センサ・ノードとクラウドの間の双方向リンクに求められる高度なセキュリティ機能を統合しています。

TI は、以下のアーキテクチャを使用するフレキシブルなゲートウェイ・ソリューションを提供します。

クラウド・パートナー

IoT クラウド向けのアプリケーションがゲートウェイと通信し、クラウド・ベースのユーザー・インターフェイス経由でセンサ・データを送受信できます。

このソリューションは AWS や IBM Watson IoT などのクラウド・ベンダと連携することで実現できます。また、ユーザーは IoT クラウド・アプリケーションのフレキシブルなインターフェイスを使用して最適なクラウド・パートナーに接続できます。

センサからクラウドへの接続ソリューションを選択する

TI-RTOS ベースのワイヤレス・マイコンによるゲートウェイ

  • 統合型の低消費電力ワイヤレス・ゲートウェイ
  • SimpleLink マイコン・プラットフォームによるスケーラビリティ
  • コスト最適化されたソリューション

サポートされている OS:TI-RTOS

SimpleLink Wi-Fi CC3220:

  • ARM® Cortex®-M4
  • 専用のネットワーク・プロセッサとアプリケーション・マイコン
  • チップ・レベルの Wi-Fi Alliance 認定

Linux ベースのプロセッサによるゲートウェイ

  • ユーザー・インターフェイスの向上
  • アプリケーションの同時実行が可能
  • 複数のワイヤレス・テクノロジーに対応するスケーラブルな MPU プラットフォーム

サポートされている OS:Linux

Sitara AM335x:

 


  • スケーラブルな ARM Cortex-A8、300MHz ~ 1GHz
  • ユーザー・インターフェイスを強化する 3D グラフィックス
  • デュアル・コア PRU-ICSS 

サポートとトレーニング

SimpleLink デバイス製品ラインアップに関する包括的で対話型の学習を体験できます。

TI の設計エキスパートから設計に関する質問の回答が得られます!

Sub-1GHz に関するビデオ