ロジック

クロスリファレンス

テクノロジー別製品検索

技術資料

標準ロジック・標準リニアIC ステータス・レポート

I2C レベルシフタ/バス・リピータおよびバッファ

概要

I2C レベルシフタ/バス・リピータおよびバッファは、I2C/SMBus インターフェイスの電圧レベルの変換およびバスの拡張に使用します。レベルシフタは異なる電圧レベルの I2C/SMBus 間をインターフェイス可能にし、バス・リピータおよびバッファはシステム性能を低下させることなく I2C/SMBus の拡張を可能にします。新製品としてはホット・スワップに対応したバス・バッファ、TCA4311 をリリースしました。

I2C レベルシフタ/バス・リピータおよびバッファ製品群

TCA4311 PCA9517 PCA9515A PCA9306 P82B96 PCA9518

I2C バス・リピータおよびバッファ (PCA9517)

PCA9517 は、システム性能の低下なしでバス容量 400pF の I2C/SMBus の拡張を可能にします。また、混合電圧 I2C バスに不可欠な 2.5V、3.3V、5.0V バス間の電圧レベル変換をサポートします。

PCA9517

ページトップへ

I2C バス長距離用バッファ (P82B96)

P82B96 は、マスター側 I2C バス(Sx/Sy) に 400pF、スレイブ側 I2C バス(Tx/Ty)に 4000pF のバス容量を許容し、長距離 I2C 通信を可能にします。

特長

  • 動作電源電圧範囲:2V~15V
  • I2C バス信号は、単一方向入力および出力信号パスを必要とするオプト・エレクトリカルアイソレータや類似デバイスとのインターフェイスのため、フォワード (Tx/Ty) およびリバース (Rx/Ry) 信号ペアに分岐させることが可能
  • I2C バス信号の双方向データ通信をサポート

利点

  • 異なるロジックレベル (2V~15V) で動作する I2C バス間をインターフェイス可能
  • 長距離にわたって双方向データ転送が可能
  • 少なくとも 20m にわたって 400kHz ファースト I2C バス動作が可能

システム図

P82B96 P82B96

ページトップへ

I2C バスホット・スワップバッファ (TCA4311)

TCA4311 は、ホット・スワップに対応した I2C バス・バッファです。I/O カードを動作中のバックプレーンにデータライン、クロックの衝突なしに抜き差し可能になります。

特長

  • 動作電源電圧範囲:2.7V~5.5V
  • I2C バス信号の双方向データ通信をサポート
  • ファンアウト数を増加のための SDA、SCL 信号のバッファ
  • ホット・スワップ対応

システム図

TCA4311

パッケージ

ページトップへ