高精度オペアンプ サポートとトレーニング

トレーニング

アナログ・エンジニア向けのオンライン・トレーニング・プログラムをご用意しています。TI Precision Labs では 40 以上の実践的なトレーニング・プログラムとラボ・ビデオを収録しています。ぜひご利用ください。


TI E2E エンジニア・コミュニティ

TI のフォーラムにアクセスし、各種技術サポートと、高精度アンプ設計に関する最新のヒントを提供する TI のブログをご活用ください。

アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド

アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド」は、高精度シグナル・チェーン回路設計に頻繁に使用されている、さまざまな設計式を収録しています。

トレーニング

TI プレシジョン・ラボはアナログ・エンジニア向けの業界初の包括的なオンライン・トレーニング講座です。オンデマンド・カリキュラムは理論の解説と実践的な演習で構成されており、迅速な専門技術知識の習得と能力開発を可能にします。受講は無料で、カリキュラムはモジュール方式を採用しています。40 以上のオンライン・ハンズオン・トレーニング・ビデオ講座では、アナログ・アンプを使用した回路設計の際の考慮事項を取り上げており、実際のラボでの演習も用意されています。

テーマは以下のとおりです。

  • 入力電圧オフセット(Vos)と入力バイアス電流(Ib)
  • 入力と出力制限
  • 消費電力と温度
  • 帯域幅
  • スルーレート

ビデオを見る
  • ノイズ
  • 低歪みの設計
  • 安定性
  • 静電気放電(ESD)
  • 電気的オーバーストレス(EOS)(英語)
トレーニング

TI E2E エンジニア・コミュニティ

高精度オペアンプ関連の最新ブログ記事(英語)

高精度オペアンプ関連のブログ記事をすべて表示

 

設計サポート

TI E2E エンジニア・コミュニティ

エンジニア間の質疑応答、知識の共有、アイデアの提供、問題の解決をサポートしています。ぜひご活用ください。

高精度オペアンプ・サポート・フォーラム(英語)

アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド

オペアンプのエキスパートである Art Kay(アート・ケイ)と Tim Green(ティム・グリーン)が執筆した『エンジニアのためのアナログ回路設計式一覧』は、オペアンプの帯域幅と安定性から、A/D 変換と D/A 変換に至るまで、高精度シグナル・チェーン回路設計に頻繁に使用されている、さまざまな設計式を収録しています。

この e-book は、PDF、iPhone アプリ、印刷物(有料)という 3 つの方法で入手できます。そのため、どこにいるときでも、この実績あるリファレンス・ガイドをお手元にご用意いただくことが可能です。

執筆者のプロフィール

Art Kay、リニア・アプリケーション・マネージャ

Art Kay(アート・ケイ)、リニア・アプリケーション・マネージャ専門分野は、センサ・シグナル・コンディショニング・デバイスのほか、ブリッジ・センサ、RTD、熱電対などの産業用アプリケーションです。オペアンプのノイズに関するエキスパートでもあり、こうした専門分野で書籍を発行しているほか、多数の記事も執筆しています。趣味は大出力モデル・ロケットの打ち上げやピンボール・ゲームです。

Tim Green、シニア・アプリケーション・エンジニア

Tim Green(ティム・グリーン)、シニア・アプリケーション・エンジニアオペアンプの開ループ出力インピーダンス(Zo)とオペアンプの安定性に関する分析と研究で長年の経験を持つことから、エンジニアの仲間から「Wizard of Zo」(ゾーの魔法使い)というニックネームで呼ばれています。ブラシレス・モーター制御、航空機ジェット・エンジン制御、ミサイル・システム、パワー・オペアンプ、データ・アクイジション・システム、CCD カメラ、パワー車載オーディオ、アナログ / ミックスド・シグナル半導体の分野で 32 年を超える経験を持っています。

ビデオ