◆プログレッシブとインターレース

プログレッシブとインターレースは、いずれも映像の走査(スキャン)方式のこと。テレビ放送信号の伝送時や、液晶や CRT(ブラウン管)などのディスプレイ表示時などに適用される技術である。プログレッシブ方式は順次走査方式やノンインターレース方式、インターレース方式は飛び越し走査方式と呼ばれることもある。

地デジはインターレース

それでは 2 つの走査方式をテレビ放送信号の伝送時で説明しよう。インターレース方式とは、画面を構成する走査線を 1 本おきにスキャンして伝送する方式である(図 1(a))。従って、1 回の伝送で画面の半分の情報しか伝送できない。そこで、次のスキャン時には、前回は飛ばした走査線をスキャンする。こうして 2 回のスキャンで一枚の画面全体の情報を伝送する。つまり、1 つの「フレーム」を 2 枚の「フィールド」に分割して伝送するわけだ。地上デジタル放送では、1 秒間に 30 枚のフレームを伝送している(30 フレーム/秒)。従って、フィールドは 1 秒間に 60 枚を伝送していることになる(60 フィールド/秒)。

一方のプログレッシブ方式とは、画面を構成する走査線を上から順番にスキャンして伝送する方式である(図 1(b))。つまり、フィールドという概念はない。日本国内のテレビ放送では、かつて BS デジタル放送の初期段階に採用されていたことがあるが、現在では採用されていない。ただし、テレビ放送ではないが、ブルーレイ/DVD レコーダや家庭用ゲーム機の中には、映像出力においてプログレッシブ方式に対応している機種がある。その際のフレーム速度は 30 フレーム/秒である。

図 1 プログレッシブ方式とインターレース方式
(a)は、インターレース方式。走査線を 1 本おきにスキャンする。(b)はプログレッシブ方式。走査線を上から順番にスキャンする。

液晶テレビはプログレッシブ表示

それでは、ディスプレイは、どちらの方式に対応しているのだろうか。最近は、家電量販店で見かけることはほぼなくなったが、CRT を採用したテレビでは、インターレース方式を使って画面を表示していた。CRT は、電子銃を使って画面をスキャンすることで映像を表示する。もともと、画面全体の映像を同時に表示することはできない。テレビ放送もインターレース対応なので、整合性が比較的高かったわけだ。

ところが、液晶パネルはその原理上、画面全体の映像を同時に表示することができる。このため、液晶テレビの多くはプログレッシブ方式に対応している。しかし、テレビ放送はインターレース方式である。そこで液晶テレビ内部に搭載した画像処理回路で 2 枚のフィールド情報を統合して 1 枚のフレームを作り、表示することでプログレッシブ方式を実現している。こうして、ちらつきの少ない映像表示を得ている。なお、パソコン用の液晶モニタもプログレッシブ方式を採用している。

テレビ局などのデータ伝送は SDI

テレビ局などで使われる業務用映像機器では、インターレース方式とプログレッシブ方式といった走査方式のほか、さまざまな画素数に対応できるインターフェイス規格「SDI(Serial Digital Interface)」を採用している。最も高い伝送速度に対応する「3G-SDI」規格では、画素数が 1920×1080 で、フレーム速度が 60 フレーム/秒のプログレッシブ映像(1080/60p)を 1 本の同軸ケーブルで伝送できる。最大データ伝送速度は 2.97G ビット/秒である。

2014 年 4 月 30 日
(記事中の情報はすべて掲載時点のものです)
最新アナログ用語集 INDEX へ

アナログ新製品情報

サイズ低減と性能向上を実現するコンパレータ: TLV3691

超低消費電力 HDMI スイッチ: TS3DV642

低速/長距離や高速ネットワークに最適な低消費電力 RS-485 トランシーバ: SN65HVD01

無償サンプル

TI では 24,000 種類以上の製品の無償サンプルを用意しています。送料も関税も無料です。ぜひお試しください。

WEBENCH® デザイン・センター

使いやすく、迅速な回路設計を可能にする WEBENCH® Designer 設計支援ツール。対応製品と機能がますます充実しています。ご利用は無料、いますぐ設計を開始できます。

e ニュースレター

最新の製品情報や、日本語技術資料、セミナー情報など、設計に役立つ情報を毎月メールでお届けします。

myTI

『myTI』に登録すると、ニュースレターのほか、双方向の技術情報の入手、無償サンプルの入手、オンライン設計支援ツールなどのさまざまなサービスや機能の利用が可能になります。

facebook

twitter